携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA山根治blog

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog
2007-05-29

冤罪の構図 -1

. ブログのコメント欄に、冤罪と闘っている方からの意見が寄せられました(コメントNO.1326、山下進弁護士を救う会、代表廣瀬直樹氏)。  冤罪(えんざい)。『無実...
2007-06-05

冤罪の構図 -2

. 『人は私を悪徳弁護士と呼ぶ』という標題をつけて、刑事被告人である一人の弁護士が、ある週刊誌に独占手記を公表しました(週刊現代、2007.5.25号、200...
2007-06-12

冤罪の構図 -3

. 今から13年ほど前、私が冤罪で逮捕される2年前のことでした。ある名門の一族が暴力団にからまれ、警察が呼ばれる騒ぎになったのですが、民事不介入ということで表...
2007-06-19

冤罪の構図 -4

. 検察当局はかねてから田中森一弁護士にネライをつけ、何かあれば摘発しようと手ぐすねひいていた節があります。違法に押収した私の報告書に対して、中島行博検事が単...
2007-06-26

冤罪の構図 -5

. ヤメ検の田中森一弁護士は、悪びれる風(ふう)もなく、自らが検事時代に行った『汚れた仕事』を堂々と公言しました。私を含めた冤罪事件の被害者が、声を大にして検...
2007-07-03

冤罪の構図 -6

. ここまで書いてきて私の脳裏によぎるのは、9年前に自ら命を絶った一人の秀れた政治家の姿です。  新井将敬(あらいしょうけい)。昭和23年1月12日、在日韓...
2007-07-10

冤罪の構図 -7

. 当時、新井将敬氏は、ホームページを作り、自らの政治信条を述べると同時に、身に降りかかってきた利益供与疑惑について、具体的な証拠を開示して無実を訴えていまし...
2007-07-17

冤罪の構図 -8

. 東京地検特捜部が描いたシナリオは、次のようなものでした。“日興証券は新井氏自身の要求に基づいて1995年10月から1997年4月までの一年半の間に四千万円を...
2007-07-24

冤罪の構図 -9

. 東京地検が弄(ろう)した小細工とは、一体どのようなものだったのでしょうか。無辜(むこ)の政治家を破滅へと追いやった「インチキ」とはどのようなものであったの...
2007-07-31

冤罪の構図 -10

. 証券取引法で禁止されている利益要求行為は、顧客が単に「儲けさせてくれよ」とか、あるいは「いい株があったら教えてくれ」といった程度の要求は含みません。このよ...
2007-08-07

冤罪の構図 -11

. 11年前に中島行博検事が私を前にして言い放ったなんとも信じ難い言葉、『検察は時に法律の定めを超えて動く。司法の中にとどまるのではなく、立法的な機能を果さな...
2007-08-14

冤罪の構図 -12

. 新井将敬代議士を死に追い詰めた、東京地検特捜部のインチキ小細工は、検察官の手前勝手な法律の運用がその出発点でした。法律で定められた処罰要件をどんどん拡げて...
2007-08-21

冤罪の構図 -13

. 嘘の自白をすること、あるいは嘘の自白をさせられること、これが冤罪を生み出す最大の要因であることは、多くの人が指摘している通りです。  何の罪も犯していない...
2007-08-28

冤罪の構図 -号外

. 司法公務員(とくに検察官と裁判官)の非行に関して、読者の方からご意見を賜りました(コメントNO.1343、三治さん)。『よく刑罰による抑止力、という言い方がされま...
2007-09-04

冤罪の構図 -14

. 嘘の自白を何故するのか、新井将敬氏のケースに即して改めて考えることにいたします。  濱平裕行氏(元.日興証券常務)と平岩弓夫氏(元.日興証券副社長)が、検察...
2007-09-11

冤罪の構図 -15

. 濱平裕行氏は常務取締役、平岩弓夫氏は副社長、ともに日興証券という大手証券会社の経営者であった訳ですが、オーナー経営者ではありませんので基本的には一般のサラ...
2007-09-18

冤罪の構図 -16

. 検察官がデッチ上げた数多くの供述調書の中でも、初めから終りまで嘘で塗り固めたものがありました。検察側が創り上げた架空のストーリーにピッタリ合うように作成さ...
2007-09-25

冤罪の構図 -17

. 冤罪とはつまるところ、もともと犯罪ではないことをあたかも犯罪であるかのように偽って、無実の人を犯罪人に仕立てることです。中には検察官が真実罪を犯したと心か...
2007-10-02

冤罪の構図 -18

. 私の事件をデッチ上げて立件した主任検事は、松江地方検察庁の三席(さんせき。検事正、次席に次ぐ、ナンバー・スリーということです)の藤田義清氏でした。藤田検事...
2007-10-09

冤罪の構図 -19

. これまで、冤罪の基本的な構図を実例に即して考えてきました。そこで私が明らかにしたかったことは、日常的に軽々しく冤罪が創り出されている現状と、現在の裁判制度...
2007-10-16

冤罪の構図 -20

. 国家国民に奉仕する立場にある公務員が、あろうことか、国民に君臨し、法によって彼らに与えられた生殺与奪の権限を好き勝手に振り回している、- 冤罪のほとんどが、...
2013-05-07

勾留ノートから

. 松江地方検察庁ぐるみで私を逮捕し、口封じをしたことが判明した現在、改めて私の「勾留ノート」を読み返してみた。17年前の私が蘇る。(「冤罪を創る人々」参照) ...

Copyright©2004-2017 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.