携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA山根治blog

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog
2004-03-30

飯塚事件について -その1

. 「不撓不屈」(高杉良著、新潮社刊)を読みました。TKCの創設者である飯塚毅さん(公認会計士・税理士)の半生を描いたものです。  飯塚さんとは面識はありませ...
2004-04-13

飯塚事件について -その2

. 高杉良さんは、飯塚毅さんのドキュメントの表題を「不撓不屈」とされています。  「不撓不屈(ふとうふくつ)」-広辞苑によれば、”困難にあってもひるまずくじけな...
2004-04-20

飯塚事件について -その3

. 飯塚さんが不撓不屈の精神の持ち主であるとすれば、似たような経験をした私は、二つの”不”を取り除いた、「撓(とう)にして屈(くつ)」なる生き方をしてきたと言え...
2004-07-29

飯塚事件について -その4

. 飯塚さんが面倒な事件に巻き込まれた原因の一つは、高杉良さんによれば安井誠という公務員の逆恨みであったそうです。
2005-02-01

日本の未来

. 徳川家康が、朝廷から征夷大将軍に任じられ、江戸に幕府を開いたのが慶長8年(1603年)のことでした。  この一・二年、江戸幕府開府400年の記念行事が、東...
2005-02-08

役人亡国論

. 国とか地方公共団体に勤める者を役人と言い、日本国憲法は役人のことを公務員と称し、全体の奉仕者であると規定しています。  パブリック・サーバント。本来は主権...
2005-02-15

ドロボウという名のゼロ金利政策 -(1)

. ゼロ金利政策。この10年余り、預金の金利がゼロに等しい状態が続いています。  羊のように従順な日本国民は、心の中では不満に思ってはいても、政府に対して大声...
2005-02-22

ドロボウという名のゼロ金利政策 -(2)

. 家計部門から企業とか政府部門へ年間15兆円(私の推計では30兆円)ものお金が移転することを岩国さんは、ドロボウと言ったのです。
2005-03-01

ドロボウという名のゼロ金利政策 -(3)

. 岩国哲人さんが国会でゼロ金利政策を厳しく批判した前の日、マイナス金利政策なるものが経済界から提言されました。
2005-09-16

カネボウ事件の会計士 -検察の生け贄か?

. コメントNO.421についてお答えします。  マスコミの報道だけですので詳しい事実関係は分かりませんが、私のケースと同様に検察のデッチ上げであり検察の生け贄に...
2005-11-15

凛にして毅なる碩学、北野弘久先生 -1

. 北野弘久先生から分厚い一冊の本が送られてきました。先生の近著、「税法問題事例研究」(勁草書房)でした。  半世紀に及ぶ先生の学究生活は、単に大学の中にとど...
2005-11-22

凛にして毅なる碩学、北野弘久先生 -2

. 「税法問題事例研究」(勁草書房)の中には、多くの鑑定意見書がそのままの形で掲載されており、当事者と北野先生との話し合いとか法廷における生々しい現場の雰囲気...
2005-11-29

凛にして毅なる碩学、北野弘久先生 -3

. 今一つ私の目をひいた鑑定意見書は、竹中平蔵氏(当時.財政経済担当大臣、現.総務大臣)に関するものでした。  「住民税脱税犯における偽計行為(1)」と「住民税...
2006-10-31

出戻り会計士の弁

. 三年前、懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の刑が確定したことによって、公認会計士の欠格条項に触れることとなり、会計士の登録が抹消されました。平成18年10月4日...
2006-12-08

飯塚事件について -その5

. コメントNo.1273の「四年寝太郎」殿へ。  会計士の試験に限ったことではありませんが、日本における試験なるもの、必ずしもその分野における適性だとか能力を判定...
2007-10-23

あの人はいま? -1

. 4年前、つまり平成15年10月4日に、私は会計士と税理士の登録を抹消せざるを得なくなりました。平成8年1月26日に全く身に覚えのないことで逮捕されて以来、...
2007-10-30

あの人はいま? -2

. 前回の非行税務署員に引き続き、非行役人としての検察官15人の当時の役職等と現況について記します。
2007-11-06

あの人はいま? -3

. これまでは、私を冤罪に陥(おとしい)れようとして画策した30人の非行役人達に関して、各人の現況について記しました。  今回は、脱税事件がデッチ上げられた後...
2007-11-13

裏口上場 1

. このところ再び裏口上場(うらぐちじょうじょう)の噂を耳にするようになりました。実は今から27年前、私が37歳のときに、裏口上場について小文をしたためたこと...
2007-11-20

裏口上場 2

. 27年前に実際に行なわれた裏口上場については後日談があります。  表舞台で動いたのは、社長役を引き受けた一人の公認会計士でしたが、裏口上場のはじめから終り...
2007-12-04

裏金アラカルト 1

. このところ防衛省をめぐる疑惑が取り沙汰され、なんともにぎやかなことです。いつものように、その筋から小間切れに情報がリークされ、その挙句、守屋武昌氏という一...
2007-12-11

裏金アラカルト 2

. 昭和から平成に変わる頃ですから、今から20年ほど前のことです。ODA(Official Development Assistance。政府開発援助)の利権に関わっている人物との出会いがあ...
2007-12-18

裏金アラカルト 3

. アラブの地で、武道家として特異な人生を歩んでいたO.H.氏。この人物が持ち込んだ話は次のようなものでした。
2007-12-25

裏金アラカルト 4

. 数日後、O.H.氏は私を伴ってこの大手商社の本社に行き、責任者に会わせてくれました。応接室で待つことしばし、現われたのは部長ではなく次長でした。名刺交換し...
2008-01-01

裏金アラカルト 5

. フィクサーであるO.H.氏が渋々ながら重い口を開いて明らかにしたのは、次のようなことでした。「大手商社が受けとるコミッションは5%、そのうち、自分の会社(...
2008-01-08

裏金アラカルト 6

. 以上をまとめてみますと、この450億円のODAのコミッションは、表が、18億7,500万円裏が、37億5,000万円となり、合わせて、56億2,500万円...
2008-01-15

裏金アラカルト 7

. 納入価額に100億円を上乗せすること、― 昨今防衛省がらみの不正事件で話題になっている、防衛商社の山田洋行による水増し請求と同じような構図です。防衛省の場合...
2008-01-22

裏金アラカルト 8

. 「友人の友人はアルカイダ」と発言して物議をかもしたのは、法務大臣の鳩山邦夫氏でした。全世界がテロに対して極端に神経質になっていることに加えて、大臣という要...
2008-01-29

裏金アラカルト 9

. フィクサーであるO.H.氏についての詳しい情報を寄せてくれたのは、異国で仕事をしている「友人の友人の友人」でした。私の直接の友人に依頼してから二週間余り過...
2008-02-05

裏金アラカルト 10

. 知人からの相談は、ODAという海外がらみの話が本当のものであるかどうか、雲をつかむような大きな話が真実のものであるかどうかといったことでした。私としては、...
2008-02-12

孤高な碩学からの贈りもの 1

. 昨年の暮に、一冊の本が届きました。北野弘久著、『税法学原論』-第六版(青林書院)です。日本における税法学の教科書として名高いこの本は、1984年の初版以来...
2008-02-19

孤高な碩学からの贈りもの 2

. 巷間、「北野税法学」と呼称されているものの集大成が、この「税法学原論」第六版です。税金に関する本は、それこそ掃いて捨てるほどたくさん出版されていますが、そ...
2008-08-19

眼からウロコ - 「司法に経済犯罪は裁けるか」 を...

. まさに、眼から鱗(ウロコ)が落ちる思いでした。この5年来、私の中に滞(とどこお)っていたモヤモヤとした気持ちが一気に晴れたのです。  自ら刑事被告人の汚...
2008-10-07

会計工学ことはじめ

.“浪々(ろうろう)の 身にうす寒き 時雨哉(しぐれかな)” (秀暁)などと、いっぱしの浪人気取りでいた私の中に、突如として浮かんできたのが認知会計(コグニッティ...
2008-10-14

リーマン・ブラザーズの破綻

. 三年半前、ライブドアがインチキ会社であることに気がつき、私のブログで指摘しました(“ホリエモンの錬金術”)。連載を始めてからのことですが、この怪しげな会社が...
2009-11-10

『疑惑のダム事業4,600億円』-八ッ場ダムの...

.Ⅰ.はじめに (1) 八ッ場ダム事業の概要  昭和27年(1952年)に計画され、50年以上にわたって延々と続いてきた八ッ場ダム建設事業は、政官財の利権...
2009-11-17

『疑惑のダム事業4,600億円』-八ッ場ダムの...

.Ⅲ.非現実的なインチキ計算の実態  Ⅱの(3)の洪水被害額(B1の便益)と(5)の洪水被害軽減額とのゴマカシの実態は、10のパターンの洪水にかかる水害予測値が...
2009-11-24

『疑惑のダム事業4,600億円』-八ッ場ダムの...

.Ⅳ.計算プロセスにおけるインチキの実態  Ⅱの6.の年平均被害軽減期待額(B2の便益)のゴマカシの実態は、2つの確率が操作手段として使われていることに加えて、...
2009-12-01

『疑惑のダム事業4,600億円』-八ッ場ダムの...

.Ⅵ.(追記)カスリーン台風について (1)八ッ場ダムの建設のそもそものきっかけは、昭和22年のカスリーン台風によって関東一円が甚大な被害をこうむったことであ...
2009-12-08

『疑惑のダム事業4,600億円』-八ッ場ダムの...

. コメントNo.1745について。  引用文の筆者は長尚氏。  1934年生まれ。長野市在住。工学博士。九州大学卒業後、1958年旧国鉄に入社、主に東海道新幹線建...
2009-12-15

『疑惑のダム事業4,600億円』-八ッ場ダムの...

. 前回述べたように、八ッ場ダムの問題は国の財政問題であり、とりわけ財政支出の優先順位の問題である。  財政支出の優先順位を客観的に判定しようとして制定された...
2009-12-29

元特捜部長の暴言

. 12月27日(日)日本テレビ『真相報道バンキシャ』で、コメンテーターの河上和雄氏がとんでもないことを言い放った。鳩山総理が同日明らかにした、“母親から200...
2010-01-06

元特捜部長の暴言(追記)

. 「元特捜部長の暴言」のコメントNO.1753、1754 (福田恒存をやっつける会会長 殿)に対する回答です。  私は贈与でないとは一言も言っていませんし、...
2010-01-12

元特捜部長の暴言(追記2)

. 「元特捜部長の暴言(追記)」のコメントNO.1756 (福田恒存をやっつける会会長 殿)について『そうすると、例えば鳩山親子のやり方を見習って、私の子や孫に...
2010-02-16

トヨタの蹉跌

. トヨタと日産の企業分析をしたのは一年ほど前のことである。それぞれ10年分の有価証券報告書をベースにした分析であった。  その結論は、両社共に10年前より格...
2010-03-02

トヨタの蹉跌-2

. 久しぶりの名古屋。駅近辺が様変りになっていた。とりわけ、ミッドランド・スクエアにあるトヨタの名古屋オフィスの豪華さには目をみはった。駅ビルにある高島屋、名...
2010-05-11

強制調査(査察)ノートの公開について

. 最近、強制調査(俗にマルサ)だけでなく、同じように乱暴な調査で知られている料調(国税局資料調査課による任意調査)が、全国的な規模において乱暴狼藉の限りを尽...
2010-05-18

「税務調査ノート」改訂版について

. 先日「強制調査(査察)ノート」を公開したところ、各方面からの反響があり、中には、強制調査(査察)だけでなく、通常の税務調査への対抗策についても知りたいとい...
2010-05-27

「税務調査の注意点」改訂版について

. 先日「税務調査ノート」及び「強制調査(査察)ノート」についてご案内しました。この2つのノートは、「税務調査の注意点」という税務調査に関するQ&Aをもとに構...
2010-06-17

「税務調査の注意点」の更新

. 弊社が運営している「間違いだらけの税務調査」の下記ページに、「11. 顧問税理士の対応に不信感を抱いた場合」を追加しました。 税務調査の注意点 | 税務調査を受...
前へ [P.1/8] 次へ [354件中 1-50件目] 最初 / 最後

Copyright©2004-2017 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.