携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA会社案内

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

税務調査や査察から財産と信用を守るリスクコンサルティング . はてなブックマーク  Twitter   2008-04-02

 マルサと検察を相手に10年以上闘い抜いた「冤罪を創る人々」への反響を受けて、税務調査の対策・対応に悩む人達を支援する相談窓口を開設しました。

 以下のような場合など、お気軽にご相談ください。

 国家権力(マルサや検察)を相手に10年以上闘い、6億円超の課税取消を勝ち取る中で培(つちか)った公認会計士・弁護士等による専門家ネットワークを活用しながら、財産防衛・組織防衛・カウンセリング・応急支援等のリスクコンサルティングを実施します。
 
対象
関係機関
備考
税務調査
国税局又は税務署
国税局又は税務署による任意調査。一般的な調査。
国税局資料調査課(リョウチョウ)
国税局による任意調査だが「ミニ査察」と呼ばれるほど強引。
査察
国税局査察部(マルサ)
国税局による強制調査。この後、刑事事件になる可能性が高い。
刑事事件
検察庁
税法違反、いわゆる「脱税事件」に限定して対応。

※修正申告や税務調査対策などの税務事務(税務代理、税務書類の作成、税務相談、税金訴訟)については山根治公認会計士・税理士(弊社代表取締役)のほか、公認会計士・税理士・弁護士等による全国的なネットワークを活用して対応します。法人税・所得税・相続税が主対象となります。
※法人個人を問いません。「どこに相談すればいいのか分からない」という場合を含め、お気軽にご相談下さい。

【問合せ先】

株式会社フォレスト・コンサルタンツ  (代表取締役: 山根治公認会計士・税理士)
 電話:0852-25-5784 E-mail:info@ma-bank.com

【間違いだらけの税務調査】

 当業務に関連するサイトとして「間違いだらけの税務調査」を開設しました。山根治公認会計士・税理士(弊社代表取締役)が監修した「税務調査の注意点」や「税務調査フローチャート」など、魅力的なコンテンツを取り揃えました。

 税務調査や査察に悩んでいる場合など、一読することをお勧めします。(2008-05-27)

間違いだらけの税務調査
tax.ma-bank.com/

間違いだらけの税務調査

【参考】 マルサと検察を相手に山根治公認会計士・税理士(弊社代表取締役)が闘い抜いた10年以上の軌跡

●平成5年(1993年)

 9月、広島国税局の査察が入る(※マルサ・検察との10年間にわたる闘いが始まる)。

●平成8年(1996年)

 1月、刑事裁判:松江地検が公正証書原本不実記載・同行使容疑で逮捕。(いわゆる「別件」)
 2月、刑事裁判:松江地検が法人税法違反(脱税)容疑で逮捕。(いわゆる「本件」)
 3月、刑事裁判:松江地検が法人税法違反(脱税)容疑他で起訴。(※参考:「008 脱税日本一」)
 3月、広島国税局が約6億円の課税処分を行なう。

●平成11年(1999年)

 5月、刑事裁判:第一審の判決。「本件」であった架空売買による巨額脱税事件については無罪。「別件」については一部有罪。控訴。

●平成13年(2001年)

 6月、刑事裁判:第二審の判決。「本件」であった架空売買による巨額脱税事件について無罪確定。「別件」については最高裁へ。 (※参考:「010 二審(控訴審)判決」 「011 無罪の確定」)

●平成15年(2003年)

 3月、国税不服審判所が約6億円(※加算税や延滞税、付随する地方税を含めると20数億円)の課税処分を取消。この種の事件の裁決による課税処分の取り消し額としては、過去に例を見ない金額であり、国税局による課税処分から7年を経過した時点で、全ての課税処分が取り消されたことも極めて異例。(※参考:「012 不服審判所の裁決」)
10月、刑事裁判:最高裁で判決確定。「別件」について一部有罪が確定し山根治は3年間公認会計士・税理士の資格を使うことができなくなる。

●平成18年(2006年)

 5月、国税当局による税理士法違反の捜査が3ヶ月間にわたって行なわれる。(※参考:「158 続・いじめの構図 -2」)
10月、刑事裁判について、執行猶予期間3年が経過。公認会計士の再登録が完了。

●平成19年(2007年)

 1月、税理士の再登録が完了。(※参考:「157 続・いじめの構図 -1」)

(※「冤罪を創る人々」 時系列表より抜粋)

税務調査や査察から財産と信用を守るリスクコンサルティング (2008-04-02) . はてなブックマーク  Twitter  


関連するカテゴリー

前後のページ

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)


このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)

[1853] Re1:税務調査や査察から財産と信用を守るリスクコンサルティング//危機管理//r 投稿者:遂犯無罪 2011-09-17 08:38:01
法の及ばぬ犯罪が公然と行われている

私は窪田一夫弁護士・㈱藤や  後藤拓夫・妻記美子・三菱銀行五香店店長 高島末男の関わる別紙事件につきました、私の知りうることを報告致します。


古い納税証明より必要な金額の活字を切り抜き合成して、それをコピーして、活字の切り口の陰の部分を白い修正液で消し、さらにそれをコピーして本物のコピーとと同じく作り上げ、銀行や、その他の提出書類として、何らかの悪い目的のために公文書を偽造し不正書類を作っていました。
私も一時何も知らずに手伝っていましたが、偽造の巧妙な手口には余りにも恐ろしくなりパートの仕事をやめました。

このとき姉記美子はなぜ仕事をやめるのとひきとめられましたが、「公文書の改竄や不正書類を作っていることが恐ろしくなったとは言えませんでした」
また後藤拓夫・記美子夫婦は、日ごろから何事も窪田弁護士がそうしなさいと言ったからと言っては、いろんなことをしていました。

http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/110916.jpg.html
下から二枚目の上申書より

Copyright©2004-2017 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.