携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA山根治blog

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

裏金アラカルト 5 . はてなブックマーク  Twitter   2008-01-01

 フィクサーであるO.H.氏が渋々ながら重い口を開いて明らかにしたのは、次のようなことでした。
「大手商社が受けとるコミッションは5%、そのうち、自分の会社(現地のダミー法人のことです)が1%、別の会社(日本のダミー法人のことです)が1%だ。これは表向きのもので、この他に実は裏のコミッションがある。
 この裏のコミッションは10%、これは両国(日本と中近東のODAの相手国)の“天の声”に渡すことになっている。その内訳は、相手国の天の声に6%、日本の天の声に4%だ。」

 金額的に言えば次のようになります。
  1. 表のコミッション。円借款375億円の5%、18億7,500万円。
    1. 大手商社の取り分は3%、11億2,500万円。
    2. 日本のダミー法人の取り分は1%、3億7,500万円。
    3. 現地のダミー法人の取り分は1%、3億7,500万円。
  2. 裏のコミッション。円借款375億円の10%、37億5,000万円。
    1. 現地の“天の声”へ。6%、22億5,000万円。
    2. 日本の“天の声”へ。4%、15億円。
 私は、O.H.氏に対して“天の声”とは誰のことか問いただしてみたのですが、相手国の要人、日本の要人としか答は返ってきませんでした。更には、最も興味があった、裏金の実際の流れ、つまり、誰がどのようにして10%の裏金を工面して、どのようにして“天の声”に首尾よく届けるのかについても尋ねてみたのですが、頑として教えてはくれませんでした。私には捜査の権限があるわけではありませんし、また、知人からの依頼も、ODA話の真偽ということでしたから、それ以上立ち入ることは控えることにいたしました。

 ただ一つだけどうしても気になっていたことがありましたので、カマをかけて聴き出すことにしました。
「あなたの報酬は表向き1%の3億7,500万円ということだが、この他にも取り分があるのではないか。」
 私から思いもかけなかった質問が飛び出してきたので驚いたからでしょうか、ギョッとした顔付をしながら、何故、そんなことをきくのかと反論してきましたので、私が疑問に思うに至った理由を話すことにしました。
「あなたは武道家として現地に根づき、現地の王族に武道を指導することによって、彼らと家族的な付き合いをするに至ったといっている。つまり、あなたは指導者であって、彼らとの関係では必ずしも従属的な立場ではない。しかも、このODAは、豊かになった日本が発展途上国を支援するという大義名分を持っているために、彼らの国としては近代的なプラント設備をわずかな負担で取得することができるという、タナボタ式のものだ。しかも、その日本との橋渡しをあなたがやっている。彼らの役割はあなたの働きに比べればわずかなものだ。
 このような状況のもとで、1%といっても金額的には3億7,500万円と少なからぬものではあるが、その6倍もの金がヌレ手に粟の形で現地の要人に渡るというのが今一つ私には分かりづらい。
 更には、彼らからかなりの前金を要求されているということで、それを立て替えるあなたには相当以上のリスクがある。このようなことを考え合せると、あなたが1%だけのコミッションで眼の色をかえて走り回っているのがどうしても腑に落ちない。」

 しばしの沈黙の後、実は、といってこのフィクサーが声をひそめて明らかにしたのは、日本の要人への4%はそのまま要人に流れるが、現地の要人分の6%については、半分の3%は自分がもらうことになっているというものでした。

 ―― ―― ―― ―― ――

 ここで一句。
“大口を たたく詐欺師の 逮捕前” -横浜、田中健一郎。
(毎日新聞、平成19年12月23日号より)

(詐欺師と言われている人々の多くに共通するのは、自分が詐欺師であるとは夢にも思っていないことです。自分でもっともらしい話を創り上げているうちに、フィクションを真実のものと思い込んでしまうからなのでしょうか。これも心の病の一つなのかもしれませんね。私は40年の会計士人生の中で、かなり多くのこのような人々との出会いを経験しています。)

裏金アラカルト 5 (2008-01-01) . はてなブックマーク  Twitter  


関連するカテゴリー

前後のページ

2008-01-01 裏金アラカルト 5 .

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)


このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)


Copyright©2004-2017 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.