携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA冤罪を創る人々

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

021 ある社長の自殺 . はてなブックマーク  Twitter   2004-05-25

7)ある社長の自殺

一、 平成5年12月25日、衝撃的なニュースが、私の目に飛び込んできた。
『ハニックス工業社長が自殺 ― 東京国税局ロビーで、「脱税は無実」と遺書』(日本経済新聞、同年12月25日付)

二、 ショッキングな見出しで始まった記事は次のように続く ―
『24日午後4時半ごろ、東京都千代田区大手町合同庁舎第二号館東京国税局一階ロビーで、男性が血を流して倒れていると110番通報があった。警視庁丸の内署の調べで、男性は東京地裁から破産宣告を受けた建設機器メーカー、ハニックス工業(埼玉県三芳町)のH社長(59)=埼玉県上福岡市福岡三=とわかった。H社長は出血多量でまもなく死亡した。所持品から遺書とみられる文書が見つかったことから、同署では自殺とみている。
 同社長が持っていたバッグの中に、遺書とみられる文書があり、「脱税の罪をかぶせられたが、まったく無罪だ。摘発を受け、社員に迷惑をかけた。死んで抗議する」などと書かれていた。』

三、 私がこのニュースに大きな衝撃を受けたのは、私自身、脱税の嫌疑で広島国税局の強制調査=査察を受けている最中であったからである。

四、 事実を歪曲し、証拠を捏造して、なにがなんでも、私を脱税の嫌疑で告発しようとしている査察に対して、告発をくい止めようとし、私は必死になって立ち向かっていた。
 私は公認会計士であり、信用第一の仕事であるだけに、脱税という破廉恥な罪で告発されるだけで、私の事務所は壊滅的な打撃を受けることは明らかであり、私の会計士人生が終ってしまうおそれがあったからである。

五、 このなんとも痛ましい事件は、文字通り他人ごとではなく、私自身のこととして、私の心臓にグサリと突き刺さったのである。


021 ある社長の自殺 (2004-05-25) . はてなブックマーク  Twitter  


関連するカテゴリー

前後のページ

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)


このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)


Copyright©2004-2017 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.