携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA山根治blog

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

Uチャート分析 -5 . はてなブックマーク  Twitter   2006-12-05

 長年、財務会計のコンサルタントをやっているなかで、会社の経営者から決まって発せられる質問がありました。

 曰く、
『利益がこんなに出ているのに、現金が減って、その上に借入金が増えている。何故か?』
 私はその都度、次のように答えてその場をしのいできました。
『今の会計の考え方では、売上収入は現金が実際に入ったときに計上する(現金売上)だけでなく、品物を納めたときに計上する(掛売上)ようになっています。この掛売上が決算時点でも残っていますと、その分だけ利益は計上されるものの現金は入ってきません。
 また、仕入とかその他の経費についてはこれとは逆のことが言えます。つまり、それぞれの現金支払いの場合はいいのですが、掛仕入とか経費の未払いが決算時点で残っているような場合には、その分だけ仕入とか経費は計上されるものの現金は出ていきません。
 このように売上にしろ仕入にしろ、収入の計上、あるいは仕入の計上と実際の現金の動きとにズレがあり、往々にして売上のズレの方が仕入のズレより金額的に大きいために、利益が出ていても現金がそれに応じては残らないことになります。売掛金とか在庫が増えたりして、そこにお金が滞っているのです。お金が足りなくなった分だけ借入金が増える訳です。』
 しかし、まともな経営者はこんな説明で納得などしてくれません。更に問い詰めてきます。
『我々経営者は品物を先方に納めただけでは利益が出たとは思わない。先方が実際にお金の支払いをしてくれたときにはじめて利益が出たと考えるものだ。現実の経営に即して、現金を手にしたときに売上を計上することはできないか。できないとしたら何故か?』
 こうなったらもうお手上げです。企業会計原則を絶対に正しいものとする限り、このように問い詰める経営者の考え方は間違っていますので、考え方を修正してもらわなければなりません。
 しかし、発生主義とか実現主義とかいった企業会計の考え方を噛んでふくめるように説明したとしても、実際の経営感覚に合致しないのですから、納得してくれるはずがありません。まともな経営者であればあるほど、納得するどころか、自らの考えを貫くために、経営者が自分で考え出した「決算書」をひそかに作ったりしているものです。

 秀れた経営者は、全てといっていいほど自分独自の計算表あるいは決算書を持っています。たしかに、自らの会社についてはビックリするほど適確な“決算書”を持っているものです。経営者としての実際の感覚にピッタリする決算数字といってもいいでしょう。
 更には、これらをベースとして、日々の経営指標とすべき数値を持ち合わせており、自信を持って経営に臨んでいます。このような現実の経営の指針となる指標は、経営分析の教科書に出てくるようなものではありません。自分で工夫して現実に役に立つ“目安”を創っているのです。
 “決算書”にせよ、“目安”の指標にせよ、自分に分かり易いもので、しかもポイントをできるだけ絞って作られています。
 このように自分で工夫をして自らのモノサシを用意しているのは、私の経験からしますと、叩き上げの経営者か理数系の経営者に多いようです。

 これまで私は、多くの会社の経営分析をし、経営者に対して決算書の説明をしてきました。それらの分析は経営分析の基本に忠実に従ったものでした。かなりの時間を割いて決算書の分析を行ない、それをもとに経営者に説明をしても、心から納得してもらっていないことがヒシヒシと伝わってくることが常でした。自分の力不足を痛感し、その都度空しい思いに陥り、脱力感を覚えたものです。

 どのようにしたら、会社の経営者が心から納得してくれる説明ができるのか、会計理論とか、経営分析の手法を一方的に押し付けたりすることなく、現実の経営感覚をベースにして会社の状態を理解してもらうためにはどうしたらいいのか、思い悩んだ末に辿り着いたのがUチャート分析だったのです。

 ―― ―― ―― ―― ――

 ここで一句。
“アホなこと言うてる間に64” -神戸、北川修二。
(毎日新聞、平成18年11月17日号より)

(同感、私も昭和17年生まれ。これからも同じことかもご同輩、酔生夢死も悪くない。)

Uチャート分析 -5 (2006-12-05) . はてなブックマーク  Twitter  


関連するカテゴリー

前後のページ

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)


このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)

[1281] Re1: Uチャート分析 -5 投稿者:蛾遊庵徒然草 2006-12-06 16:15:13
日本国の財政白書も、先生のおっしゃる叩き上げの経営者さん独自の決算書のようなものができないものでしょうか。
 さすれば、いざなぎ景気なんて囃されても、私のような山家の隠居にはとんと実感の湧かない景気の正体が見えてくるようなきがするのですがいかがなものでしょうか。
 これからの自治体の経営責任者である首長さんたちにも是非このような決算書を作っていただき、日々の施政の指針にしてもらいたいものです。
 そのような心がけで臨んでいただければ、夕張のような悲惨な思いを市民に味あわせなくてもすんだのにと思うのですが。
 
 人まねしかできない人、何事にもピンとこなければ自分の納得いくよう工夫する人との違いが、企業経営も自治体経営にも成功と失敗、大きなちがいとなるという、自明のことを改めて教えていただく気がしました。
[1284] Re2: Uチャート分析 -5 投稿者:山根治 2006-12-08 16:24:02
>[1281]
 国にせよ、地方公共団体にせよ、こと会計の観点からすれば、家計簿に毛の生えた程度のもので、本来分かり易いものであるはずです。それが何故か分かりにくいものになっています。首相なり、首長が号令をかけさえすれば、誰にでも分かるような決算書(もしくは財政白書)は簡単にできるのです。察するに、国なり地方公共団体のフトコロ具合があからさまになっては困る人達がいるのかもしれませんね。とくに役人とか政治家達。
 これに関連して『郵政民営化-2つのゴマカシ』 http://ma-bank.com/... で触れていますので、ご参照下さい。
[1285] Re3: Uチャート分析 -5 投稿者:蛾遊庵徒然草 2006-12-10 00:23:25
お忙しいなか、私のコメントに対して、ご懇切なお返事を戴きありがとうございました。
 只今、ご案内の記事拝見いたしました。改めて、今、我々が置かれている危うい国家財政運営の状況を思い、暗澹とした気持ちになりました。
 現状の実態を首相が把握しようともしないで、どうして財政改革ができるのかということです。
 先日も何かで国債残高のグラフを目にしましたが、二次曲線で増加しているの驚きました。
 これを見て、皆さんどうして平気でいられるのでしょうか。
 私は、若い頃、青雲の志に燃えて東大を受験しましたが、見事「さくら散る」の電報を受け取りました。以来、大学進学からずっこけ東大コンプレックスの塊となって生きてきましたが、最近になってやっと、負け惜しみでなく「東大卒だなんて言ったって、何たいしたことはないや」と実感できるようになりました。
 太平洋戦争を起こしたのも、東大卒や陸大卒のエリートなら、最近のバブル経済崩壊を招いたのも、その指導層の大半は東大卒ではないでしょうか。そしてまた、1000兆円もの国家負債を積み上げても、何ら有効な手も打てずにいる当局者も彼らの一派ではないでしょうか。
 明治維新を成し遂げた者には、東大卒など一人も居ませんでした。
 自分の目で現実を見、そこから解決策を見出せる人々がやり遂げた事跡ではなかったでしょうか。
 日露戦争の指導層も決して学校秀才のエリート集団ではありませんでした。
 若いときから現場で苦労し、人間や世間をよく知った人たちが采配を振るったから勝てたのだと思います。
 近代日本を駄目にしたのは、学校秀才ばかりが跋扈できる、日本の各界に蔓延している試験制度に最大の病根があるように思います。
 先ず、人材の採用にあたっては、人間性の良否、誠実さ、忍耐力、自考力、観察眼の有無を試すものに変わらない限り、明るい展望はないように思います。

Copyright©2004-2018 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.