携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA引かれ者の小唄

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

149 おぞいもん -1 . はてなブックマーク  Twitter   2006-04-18

9.おぞいもん

その1)

 出雲方言で、「おぞい」あるいは「おぞいもん」という。「恐ろしい、こわい」、「恐ろしいもの、こわいもの」という意味の言葉である。
 小さい頃から出雲弁が身体にしみついている私には、標準語で恐ろしいとか怖いとか言われてもどうもピンとこない。怖いという思いが生じてこないのである。「おぞい」と言われてはじめて鳥肌が立ってくる。

 私にも人並にいくつか、「おぞいもん」が存在する。その筆頭に位置するのがゴキブリである。出雲弁ではゴキカブリという。試みに広辞苑にあたってみると、ゴキブリはゴキカブリ(御器噛)の転とあるので、昔は他の地方でもゴキカブリと称していたものとみえる。
“体は甚だしく扁平で幅が広く楕円形。多くは褐色や黒褐色で、油に浸ったような光沢がある。元来は熱帯産で、種類が多い。家住性のものは人間や荷物などの移動に伴って広く伝播し、台所などで食品を害するほか、伝染病を媒介する。”(広辞苑)
 やっとの思いで書き写したところである。書き進めるにつれて、黒光りするゴキブリがガサゴソと紙の上を這い回る思いがして、文字通り鳥肌が立ってきた。
 かつて、何故ゴキブリが「おぞい」のか分析してみたことがある。苦手なゴキブリを克服するためであった。しかし無駄であった。「おぞい」理由が見当らないのである。おそらくは、何かの拍子に私の潜在意識の中にゴキブリが忍び込み、『オゾイもん』だということが刷り込まれたのであろう。

 独居房の生活は孤独である。訪れる者は誰もいない。
 しかし、一つだけ例外があった。ゴキブリである。もちろん私が好き好んで招き入れたわけではない。許可もなく入ってきては、忍者のごとく、いつの間にか独房の中にいるのである。
 書写に没頭し、古代日本のロマンにひたっていたところを、一匹のムシが瞬時にして私を厳しい現実へと連れ戻すのである。こうなったら、落ち着いて座っているどころではない。パニックである。
 シャバにいるときには、私は一目散に逃げ出して、助っ人に助けを求めることにしていた。小さいときは母が、結婚してからは配偶者が助っ人の役割をしてくれた。
 しかし、鍵のかかった独居房である。逃げようと思っても逃げることができない。もちろんゴキブリを退治してくれる助っ人などいるはずもない。
 一度だけ、駄目もとと考えて、担当看守に願い出たことがあった。無駄なことであった。
“ナーニ、ゴキブリは噛み付いたりしないから大丈夫だ。”
 こちらとしては、大丈夫どころか、まさに死ぬような思いをしているのに、ノンキなものである。

 身の毛のよだつ思いを2~3回してから、はたと思いつき、ゴキブリがどこから入ってくるのか、調べてみた。すると、壁と床の接点、床とトイレの木枠の接点にわずかのスキ間があるのが判った。
 早速このスキ間をふさぐことにした。チリ紙を丸めたり折り畳んだりして、ピッタリとふさぐことに成功。
 これで安心とばかりホッとした気持でいたところ、以前より随分減ったものの、それでも折りにふれてテキは出没するのである。今に至るも、あのゴキブリ達は一体どこから独房に出入りしていたのか、私には謎である。

149 おぞいもん -1 (2006-04-18) . はてなブックマーク  Twitter  


関連するカテゴリー

前後のページ

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)


このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)


Copyright©2004-2017 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.