携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA山根治blog

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

疑惑のフジテレビ -7 . はてなブックマーク  Twitter   2006-03-07

 もう一回だけ、本題から外れたテーマに触れることにいたします。

 これまでのマスコミ報道から、検察の取り組み状況を推察し、今後の成り行きを考えてみますと、ライブドア事件の全容が解明されることなく、中途半端な状態で幕引きされることになるかもしれません。
 今のところ、関係会社であるライブドアマーケティングにからむ風説の流布と偽計が立件され、更にライブドア本体の第9期(自平成15年10月1日、至同16年9月30日)の連結ベースでの53億円の粉飾決算が立件される見込みのようです。
 この他にも立件されるものがあるかもしれませんが、仮にこれだけで終るものとすれば、文字通り氷山の一角と言ってもいいでしょう。

 私の“想定内”には、
  1. 粉飾決算は、第9期のみならず、上場以来の全ての期、つまり第5期から直近の第10期まで、全てにわたって行われていた形跡があること、
  2. マザーズへの上場自体がインチキであったと思われること、
  3. 上場前を含めた数多くのストック・オプションの付与と行使が極めて不透明であること、
  4. 数多くなされた会社のTOBによる買収、株式交換による買収の全てが、これまた不透明であること、
  5. 株式会社キャピタリスタ(現、株式会社ライブドアファイナンス)とライブドア証券株式会社による上場支援事業の全てが不透明であること、
  6. 支援する会社の上場にからんで、いくつかのグループ外の会社を利用して、利益のキャッチボールをして、新規上場会社の決算を粉飾し、更には、上場後の見せかけの業績を維持するために、同様のキャッチボールによる粉飾が行なわれていた形跡があること、
と、ザッと数え上げただけでも6つのポイントがあります。
 これらは全て、ライブドアとその関連会社、あるいはライブドアと資本関係のない外部の会社が公表している資料(主に有価証券報告書です)から透けて見えることなのです。週刊誌などがスキャンダラスに取り上げている、暴力団とのつながりとか、政治家とのつながりとかは、仮にあったとしても、この6つのポイント以外のものです。脱税についても同様です。的外れとまでは言わないまでも、中核的な問題ではありません。

 あるいは一部、時効の壁があったり、犯罪の構成要件に欠けるものがあるかもしれませんが、空前の規模の“詐欺事件”の全容を解明するためには、立件ができるかどうかには関係なく、少なくとも上記の6つのポイントは押えておくべきでしょう。

 1.については、この事件の基本のポイントですので、ないがしろにはできないでしょうし、
 2.については、堀江氏の不正蓄財のメカニズムを解明していく上で避けて通れないことでしょうし、
 3.と4.については、社内外の多くの人に株券という紙切れを気前よくバラまいて、一般株主を犠牲にして不正所得を得させたものですし、
 5.については、すでにいくつかの会社が現実に上場されており、ライブドア・グループの決算に、巨額の不正利得が計上されている可能性がありますし、
 6.については、グループ外の非上場会社だけでなく、グループ外の上場会社もからんでいるようなのです。

 最近よく国策捜査という言葉を耳にします。ライブドア事件は、国策捜査だというのです。自ら国策捜査の犠牲になったとする佐藤優さんもそのように考えている一人で、佐藤さんは、取り調べにあたった検事の言葉を次のように引用しています。
検事 これは国策捜査なんだから。あなたが捕まった理由は簡単。あなたと鈴木宗男をつなげる事件を作るため。国策捜査は『時代のけじめ』をつけるために必要なんです。時代を転換するために、何か象徴的な事件を作り出して、それを断罪するのです。”(月刊ボス2006年4月号)
 これと同じような意味合いで使われているのか定かではありませんが、複数の検事上がりの人物がテレビに出ては、ライブドア事件について国策捜査という言葉を口にしています。
 それにしても、佐藤さんを取り調べた西村尚芳検事は、よくぞこんなことを喋ったものですね。そもそも、現在の日本国憲法の下において、このような怪しげな捜査が検察当局に許されているのでしょうか。”時代のけじめをつける”とか、”時代を転換する”とか、政治家が言うのならまだしも、検事がいうべきことでしょうか。よけいなお世話ですし、検察庁法で定められている検事の職務権限を越える越権行為ではないでしょうか。
 罪刑法定主義(憲法31条、39条)の立場からすれば、検察がなすべきことは、あくまで刑法の厳格な(検察が勝手な拡大解釈をしないということです)適用であって、通常の犯罪捜査の中に“国策”などという、あいまいな考え方など入り込む余地はないはずです。

 国策捜査などというものは本来あってはならないという観点からすれば、『ライブドア事件は国策捜査である』とする考えは誤っていますし、そもそもライブドア事件の本質は、前回指摘しましたように詐欺事件なのですから、国策云々するほど御大層なものではなく、この点からも誤っています。
 つまり、『ライブドア事件は国策捜査である』などという論は、二重の意味で誤っているのです。

 ただそうは言うものの、今の検察は何をしでかすか分らない存在です。脅したりすかしたりして自白を強要し、証拠を偽造したり、捏造したりして犯罪を創作することなど朝メシ前なのですから。あるいは政権政党の意を汲んで、捜査の方向性を自在に変えることだってするかもしれないのです。
 先般の民主党のメール問題にしても、国会で爆弾発言がなされるや、間髪を入れずに、地検特捜が異例の否定コメントを出して、政権政党に救いの手を差しのべたりしています。民主党から、国会でこの点を追及された法務当局は、訳の分らない理屈をこねまわして弁解していましたが、政治的思惑に左右されるような検察とは一体何でしょうか。

 ライブドア事件の中核は詐欺事件ではあるものの、単なる詐欺であるにとどまらない、構造的な広がりと深さを持っています。しかし、現状を冷静に見てみますと、事件の波及を食い止めようとするいずれかの思惑によって、事件が矮小化されてしまうおそれが多分にあるといえるでしょう。

 ―― ―― ―― ―― ――

 ここで一句。
“50年固くなったり縮んだり” -いわき、吉田健康。
(毎日新聞:平成18年2月20日号より)

(如意棒も検察も。)

疑惑のフジテレビ -7 (2006-03-07) . はてなブックマーク  Twitter  


関連するカテゴリー

前後のページ

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)


このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)

[650] Re1: 疑惑のフジテレビ -7 投稿者:啓 2006-03-07 14:18:12
ライブドアによるニッポン放送株の大量取得も、一般には違法ではないと信じられ立件もされないかもしれませんが、私としてはライブドア関係者とMファンド代表や海外の関係者等による事前の謀議にもとづくTOB規制に抵触する違法な行為だったのではないかと思っております。
[651] Re2: 疑惑のフジテレビ -7 投稿者:be-yann 2006-03-07 16:39:28
国策捜査?一罰百戒?
http://facta.co.jp/blog/arc...
[653] Re3: 疑惑のフジテレビ -7 投稿者:蛾遊庵徒然草 2006-03-07 23:07:11
今晩は。山根先生のご慧眼に感服いたします。何かこの間の経過を見ておりますと、検察トップの当初の鼻息はどこえやらといった感がいたします。私は先生のご指摘にあるように、マザーズ上場審査の際に何故待ったが掛けられなったのかとそこが不思議でなりません。上場審査とはそんなにいい加減なものなのでしょうか?。また先生が「ホリエモンの錬金術」でご指摘になってますようにその際、売り出し価格の算定を行った大和何とか証券の共犯、共謀性については誰も何もいわないのでしょうか?。

 大証券会社が窓口ということで東証審査はフリーパスということでしょうか?。これでは、姉歯偽装の建築確認許可行政の無責任性、不作為行政と変わるところがなくおもえるのですがいかがでしょうか?。
[655] Re4: 疑惑のフジテレビ -7 投稿者:agojun55 2006-03-09 04:53:20
”法の支配”とは、”国家権力の自由裁量による個人への侵害を許さない”というのがイギリス法の根本になっている。日本の官僚司法制度の封建性におどろくばかりだ. 司法官僚がかってきままに権力を欲しいままに行使するのは’法の支配”へ挑戦以外なにものでもない。

イギリスの判例制というのはいい。時代にさからうあくどい判決をくだした裁判官の名前は永遠に残るから.
[659] Re5: 疑惑のフジテレビ -7 投稿者:hongkong 2006-03-09 22:20:37
ライブドアの金融戦略を立案し、香港ルートの開拓者は日本人初の宇宙旅行者である榎本大輔氏です。香港では有名な人です。検察を酒の肴でヨット遊びしています。

http://www.narinari.com/Nd/...
以前から邦人初となる宇宙旅行を希望し、自身のブログにその経過を書き綴っている元ライブドア取締役兼最高戦略責任者の榎本大輔氏をご存知なりか?
[660] Re6: 疑惑のフジテレビ -7 投稿者:通りすがりA 2006-03-09 22:38:30
⑥について、「グループ外の非上場会社だけでなく、グループ外の上場会社もからんでいるよう」とのことですが、僕自身は、ホリエモンと仲が良くて同じITベンチャーのホニャララ社が怪しいと思うのですが。

僕はその会社の決算書(有価証券報告書?)を見たのですが、何故か、元々の本業と関係の無い投資事業組合が作られていましたし、利益が十数億円と発表されてましたが、実際よく見てみると利益の大半(10億円ちょっと)が「有価証券売却益」によるものだったのです。

有価証券売却益で10億の利益を出そうとすれば、事前に多額の投資が必要だと思うのですが… 何か不透明です。

その会社の社長の「来期は数十億円の利益を見込んでいる」なんてコメントを見聞きしましたが、どう考えてもその会社は、年間数十億の利益を出すような事業はネット上で展開していません。

また、その会社は、始めたばかりの事業を1、2ヶ月でやめてしまう、といったことが過去にあったと思うんですが、それも怪しいです。

初めから続ける気の無い新規事業を発表して、株価を吊り上げる、インチキプレスリリースとしか思えません。

ですから、いわゆる「同じ穴のムジナ」もどう取り締まっていくか、ということも非常に重要なことだと思います。
[667] Re7: 疑惑のフジテレビ -7 投稿者:hongkong 2006-03-11 03:27:52
山根治さんは本を出版されるべきです。
そこで何が問題であるかを訴えないと、
老婆心ながらそれを切に思います。

http://www.yomiuri.co.jp/na...
ライブドア、海外口座に一時200億円
 インターネット関連企業「ライブドア」の粉飾決算事件に
絡み、同社がスイス系金融機関などに開設した複数の海外口
座に一時、200億円前後の資金がプールされていたことが
関係者の話で分かった。
[671] Re8: 疑惑のフジテレビ -7 投稿者:sss 2006-03-11 20:28:03
検察は、このサイトを熟読しているはずで
本を出版しなくても大丈夫でしょう。

それにしても、これだけ大がかりな
戦後最大といってもいい詐欺事件。

とてもじゃないが、ホリエモンらだけで
描けた絵図ではなく、背後に入れ知恵した
人間がかなりいますね。
決して、一罰百戒に終わらせることなく
検察には徹底的にやって欲しいですね。
[672] Re9: 疑惑のフジテレビ -7 投稿者:翁 2006-03-11 20:40:35
類は友をよぶ?

http://scrapbook.ameba.jp/v...
山根氏のブログも紹介されてます。
[674] Re10: 疑惑のフジテレビ -7 投稿者:スパイラルドラゴン 2006-03-12 16:46:55
山根治さん、初めまして。
私は、今年の1/21に「ホリエモンの錬金術」を読ませて頂いた後に、山根治氏が指摘されている堀江一味が犯した犯罪の数々を、私の知人の専門家に問い合わせて検証した結果、山根治氏の指摘・推論の正しさに確信を持ったので、山根治氏のブログ記事を引用して、ライブドア関連のブログ記事を投稿したり、東証マザーズへの上場詐欺の再発防止策を、己のブログに書き綴っている者です。
 さて、私が思いついた東証マザーズへの「上場詐欺」の再発防止策は、東証マザーズが新規上場申請等に必要な提出書類に、金融機関にしか発行ができない「株式払込金の保管証明書」の添付義務づけだと思っていますが、山根治氏はどのように考えておられるのか、ご意見を伺えれば幸いです。
[1068] Re11: 疑惑のフジテレビ -7 投稿者:北海爺 2006-07-03 12:48:57
 時々拝見させていただいております。いまやブログも社会的認知された情報の一つと考えますと、ここのブログで発表されていること度胸と胆の座ったお仕事と敬服いたします。
 すっかり社会を見捨ててしまった私のような爺にとっては、まだ光を発見したような心持ちでありました。お身体大切に励まれるよう。

Copyright©2004-2017 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.