携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA山根治blog

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

疑惑のフジテレビ -2 . はてなブックマーク  Twitter   2006-01-31

 日枝久氏は、フジテレビの番組の中で、次のように発言しました。1月19日のことです。
「一般論としてお話するという前提でお聞きいただきたいと思います。経済的社会的に重大な影響を与えた訳ですから、当事者は本当にまず深刻に反省しなければならないのではないかなと、私は思っています。」

 堀江貴文氏が逮捕された直後の1月24日には、
「結果的にだまされたということです。このたびの不祥事は、フジテレビとの提携の前のことですからね。」
とか、あるいは、
「フジテレビに損害が発生すれば、ライブドアに対して、損害賠償請求をすることも選択肢の一つとしてあります。」
と、コメントしています。

 この一連の発言は、フジ・サンケイグループという、日本を代表するメディアグループのトップ、あるいは東証一部上場企業のトップのものとしては、耳を疑うほどオソマツなものです。
 何故でしょうか。

 日枝氏は、東京地検の強制捜索直後に、「一般論」として、不祥事を起した「当事者」は深刻に反省しなければならないと言います。日枝氏は、ライブドア事件がまるで他人事であるかのようにコメントしていますが、本当に他人事なのでしょうか。
 また、その5日後には、ライブドアに結果的にだまされたとし、まるで被害者であるかのように言いつのり、「このたびの不祥事はフジテレビとの提携の前のことである」と逃げを打っています。

 ともにトンデモないことです。
 日枝氏とかフジテレビは、他人事どころか、このたびの事件の当事者そのものですし、だまされた被害者どころか加害者なのです。さらには、提携前の出来事だから問題がないのではなく、逆に、提携前の不祥事だからこそフジテレビに問題が生じ、責任が発生するのです。
 道義的な責任にとどまらず、民事・刑事両面で法律上の責任が生ずる可能性があるのです。「ホリエモンの錬金術 -号外その2」で既に述べたところです。

 従って、東京地検が強制捜索に着手した時点で、フジテレビの経営者としてまっさきになすべきことは、
“事実であるとすれば誠に申し訳なく、お詫び申し上げます。”
とする、謝罪のコメントでなければならなかったのです。
 何故このように言うことができるのでしょうか。次回以降、事実に即して明らかにいたします。


<付記(1)>

 強制捜索から二週間、堀江貴文氏が逮捕されてから一週間が経過しました。
 各マスコミは東京地検からのリーク情報をもとに、ウソとホントをこきまぜて報道しているようですし、事情通とか、専門家と称するコメンテーターがかわるがわる登場しては、ピント外れのことをいかにももっともらしく喋ったり、明らかに間違っていることを堂々と話しているのですから驚きです。

 過去のことではなく、現在進行中のことに関して、かなり重要な情報についてほとんど全てのマスコミが誤った情報を流していますので、取り急ぎ一つだけ指摘いたします。

 連日ストップ安を更新したライブドア株ですが、1月24日には、200円を切り、ストップ安の176円で終りました。
 東証は翌1月25日にはライブドア株を監理ポストに移し、同株の取引時間を午後1時半から3時までに制限すると発表しました。
 事実に反する情報が各マスコミから発せられたのは、24日に176円のストップ安で終ったライブドア株の株価水準についてのものです。

 朝日新聞から引用します。
“ライブドアは破産企業とは違う。事業は継続中で、利益を生む子会社をもっている。フジテレビジョンとの和解で巨額の資金を得たため、昨年9月末時点で約950億円の現預金もある。1株当りの純資産は184円。いま会社を清算してもそれだけの価値があるということだ。24日の株価はこの水準も下回っている”
(同紙、平成18年1月25日付)
 この記事は、虚偽のものであり、事実ではありません。このような趣旨の報道をしたのは、ひとり朝日新聞だけではありません。日本経済新聞をはじめ、私が目にした限りの新聞は全て同様のことを報じていますし、テレビに至っては、証券会社の社長とか株式専門誌の編集長を登場させて、
「24日の終り値176円は、一株当り純資産を割り込んだ水準となったので値頃感(ねごろかん)がでてきた」
とか発言させて、ライブドア株の買いを暗に勧めたりしています。偽りの情報をタレ流して、相場をあおっているのです。テレビ局は、いつから株屋の手先になったのでしょうか。

 某大学の教授は、
「普通の倒産と違って、ライブドアの場合は、現預金をはじめとした資産がたくさんありますので、株券が紙切れになることはありません。」
と断言する始末です。この方は決算書の読み方さえご存知ないようですね。大学の授業で、学生に一体何を教えているのでしょうか。

 これらの報道は、多くの点で誤っています。事実ではないのです。現時点での正しい情報は、
“ライブドアは、破産に至る可能性が高く、その株券は紙切れになってしまうおそれがある。”
ということです。

 何故このように言うことができるのでしょうか。順次明らかにいたしますので、一緒に考えていきましょう。


<付記(2)>

 1月30日のTBS「朝ズバッ!」で、みのもんたさんを相手に話をしていたM&Aの専門家と称する方が、こんなことを喋っていました。
“ライブドアの時価総額は、この2週間ほどで7,000億円から1,000億円へと減少した。6,000億円が消えたことになり、6,000億円の損害が発生した。”
 この前半部分は確かにその通りですが、後半の部分は誤っています。大きな損害が実現しつつあることは事実ですし、巨額になるものと考えられますが、6,000億円もの損害になることはありません。このいわば史上最大級の“超大型詐欺事件”の被害額を推計するためには、かなり多くのデータが必要です。
 現時点では、私の推計作業は中途の段階にとどまっており、自信をもって提示することはできませんが、概ね2,000億円前後になるものと考えられます。推計作業が終り次第、推計プロセスを含めて公表いたします。
 みのもんたさんも、この“先生”と念のために検討してみられたらいかがでしょうか。

 ―― ―― ―― ―― ――

 ここで一句。
“杉村に先生付けるの幹事長(たけべ)だけ” -下関、いけず後家。
(毎日新聞:平成18年1月26日号より)

(“偉大なるイエスマン”と自賛した武部さん。堀江さんを、”わが弟です、息子です“と公言した大幹事長のまわりには、さすがに、ユニークなキャラクターの先生とか弟とか息子がいるものですね。たいしたエライ!)

 更に、古今集の名歌をもとに戯れに詠める歌一首。
“みわたせばウソとホントをこきまぜて、メディアぞ冬の騒ぎなりける” -アウゲ・メンシュ

疑惑のフジテレビ -2 (2006-01-31) . はてなブックマーク  Twitter  


関連するカテゴリー

前後のページ

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)

TB1: 初体験@株式投資 2006-02-22 19:23:03
いよいよ本丸の証券取引法の虚偽記載の罪で再逮捕されちゃいましたね。 堀衛門は一貫して否認を続けているようで,なかなか肝の据わった人のようにも見えますけど,私には,なんか覚めた目で自分を見ながら他人事...

このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)

[530] Re1: 疑惑のフジテレビ -2 投稿者:www 2006-01-31 16:20:25
山根先生いつもわかりやすい説明有難うございます。損失額の推計プロセス期待しております。

ライブドアの詐欺行為については、D証券会社も関与していたということから、証券市場には、ライブドアの他にも同様のゴキブリがいると思うのですが、今回の騒動で全て責任を明確にして欲しいと切に願っています。(報道を見ていると、そのようになりそうにないですが・・・)

証券市場がこのような状況だと、私のような粉飾を見破れない者は、怖くて投資などできません。金融庁が日本版Servans Oxleyを検討しているようですが、米国のような厳しい法律が必要なのかもしれません。
[531] Re2: 疑惑のフジテレビ -2 投稿者:扇 2006-01-31 17:15:30
フジテレビというのは、以前から、どうも余り信頼性の高くなさそうな、たよりなさそうな、そしていかがわしそうな雰囲気が濃厚にただよっているとは思っていました。
そこにホリエモンがつけこんだと言えるかもしれません。
でもまあ、マスコミなんていうのは、どこも多少なりとも、うさんくささを多少なりとももっているものです。ライブドアほど極端なものではなくても。
フジテレビもホリエモンのライブドアも、同じ穴のムジナのようなものだったのかもしれません。そしてフジテレビというムジナがうかつにもホリエモンというムジナに噛みつかれて、大量の血(お金)を流したのかもしれません。

しかし、あの時には他にどのような「大人の解決」がありえたのかSBIのおじさんの考えも聞いてみたかったものです。

フジテレビが東証一部の大企業だとはいってもしょせんは一私企業であり、いくらライブドアが限りなくクロに近いと疑ったとしても、特捜のように強制捜査をしてクロと確定するというような権限まではないわけです。
本当は、フジテレビの問題が起きる前に、特捜の捜査が入る前に、証券取引等監視委員会や金融庁といった所がライブドアというようないかがわしい会社の行動をもう少しちゃんとチェックして取り締まり改善ないし退場をさせるべきだったのではないかとも思います。
[532] Re3: 疑惑のフジテレビ -2 投稿者:安田 2006-01-31 19:18:59
正直どの数字がアテになるかさっぱりなので、山根先生の算定を非常に楽しみにしております。
先週ライブドアが公表した訂正報告書で、半期営業CFが10億超しかなかった事を考えますと、幾ら流動資産が残っていた所で早晩立ち行かなくなる事は明らかですね…
 今後ライブドアがどう解体されゆくのか、山根先生の予想も是非拝見したいです。
[534] Re4: 疑惑のフジテレビ -2 投稿者:MIU 2006-01-31 23:06:34
ライブドアが解体されても、「弥生」は残るかもしれない。
だが、弥生も元はといえばヨソの会社をライブドアが不正な買収で傘下に入れただけだろう。

そういえば、「ライブドア」という社名も数年前にヨソの会社の社名を横取りしたものだった。
ホリエモンのオリジナルのものなど、何も残らないだろう。
[536] Re5: 疑惑のフジテレビ -2 投稿者:通りすがり 2006-02-01 22:49:16
ライブドアの決算が山根先生の検証どおりだとすると、
日枝会長の「我々はしっかりデューデリジェンスをしたわけだが、
そもそも数字にインチキがあったのでは話にならない」という発言の
「しっかりデューデリジェンス」という部分...
大和証券SMBCがFAとしてついていながら、決算書のからくりを見抜けないなんて、大丈夫かナー?と思ってしまう。
決算書を含め企業の全部を調査するのが
デューデリジェンスと思ったが、本当にしっかりやったのだろうか?
事によっては、フジテレビの経営陣が株主から訴えられないか心配である
[539] Re6: 疑惑のフジテレビ -2 投稿者:忠 2006-02-02 15:12:16
確かに、フジテレビに対しては、ライブドアの有証などを詳しく調べてちゃんとデューデリジェンスを行っていれば強くいがかがわしさが疑れた筈なのに、あえて440億円もの多額の投資をライブドアの増資に応じる形で行ったのはけしからんではないか、という非難が加えられるかもしれない。
その結果、現在みられているようなライブドアの株価の暴落でフジテレビひいてはフジテレビの株主に多額の損害を与えたではないか。また、ライブドアがこれまで行ってきた数々の犯罪であることが強く疑われる行為に、出資に応じるという形で加担したのではないか、という非難が加えられるかもしれない。

だが、ライブドアの決算や手法がいかに疑わしかったとはいえ、ライブドアの方でも極力クロとは断定されないように見せかける努力はしていたであろうし、フジテレビにせよ大和證券にせよしょせんは一私企業であり捜査権も無いので最終的にクロと断定することまでは出来なかったと思う。
それに加えて、東京高裁の新株予約権をめぐる判決でも、ライブドアがニッポン放送やフジテレビの経営権を握ったとしても企業価値を下げるとは言えない、ということを言っている。ライブドアの決算や手法がいかに疑わしいものであろうとも、そのことを証明する確かな証拠が提出されているわけでもないので、シロと推定せざるをえないと言っていたわけである。
また、この時点ではまだ、金融庁も検察もライブドアがクロであることを強く疑わせるような動きを見せてはいなかった。

このような背景の中で、フジテレビはライブドアに多額に出資を行ったわけである。

他に、もっとまともな解決の手段がありえたのかどうかは、SBIのおじさんにでも聞いてみないと分からない。

フジテレビとニッポン放送と鹿内家をめぐる資本関係のねじれは、フジテレビとしては、数十年前からの長年の懸案であった。
それを、ようやく解決しようとした矢先に、ライブドアという邪魔者が闖入してきたのである。
フジテレビとしては、長年のゴタゴタをなんとしてもおさめたかったのかもしれない。たとえ、ライブドアに多額の金をいわば手切れ金としてドブに捨てるような形で払うことになったとしても、なんとしてでも長年の問題・ゴタゴタの決着をつけたいというのが、あの時点での経営判断であったのかもしれない。
東京高裁にしてからが、「推定無罪」のようなことを言うばかりで、助けてはくれなかったのだから。

もっとも、フジテレビとしては、ライブドアやMファンドといったゴロツキが闖入してくる前に、もっと早期に、資本関係のねじれの問題を解決しておくべきだったのでないか、という批判は当然甘受しなければなるまい。
[547] Re7: 疑惑のフジテレビ -2 投稿者:無夢道人 2006-02-04 18:13:53
ライブドア関連でいろんなサイトを見て歩きましたが、信用できるのはここだけです。

私もテレビの対応はイヤでしょうがありません。もともと堀江元社長(ホリエモンなんてかわいらしい愛称は似合いません)がTVに出てくるのもイヤだったのです。なぜあんなうさんくさい男をこぞってもてはやすのだろうと不快でたまりませんでした。そして今度は鬼の首でもとったようなはしゃぎ様。

それよりもっとイヤなのは、せっかく退場したはずの既得権のかたまりのような人たちが、ここぞと戻って来つつあることです。なぜ世の中の人々が堀江のような怪しいヤツでもよりどころにしたかったかといえば、古い既得権に支配されて身動きならない状態から脱したかったからでしょう。それを忘れて、そのとき堀江の敵だったからというだけで、堀江がダメになるとすぐ元の権力者をまた持ち上げるのでしょうか。ナベツネとか日枝会長とか。
[555] Re8: 疑惑のフジテレビ -2 投稿者:www 2006-02-07 06:56:27
ご存知の方も多いと思いますが、きっこさんのブログに、LD関連に関する裏情報が出てましたので、ご存知でない方のためにリンクを張らせてください。

http://www3.diary.ne.jp/log...

http://www3.diary.ne.jp/log...

http://www3.diary.ne.jp/log...
[697] Re9: 疑惑のフジテレビ -2 投稿者:てっぺい 2006-03-18 11:51:34
日枝氏に刑事上の責任が生ずる?

確かな証拠を把握しているわけでもないのに、人のことを犯罪者のように言っちゃあいけません。

そうでないと、どこかの誰かさんと同じになっちゃいますよね。
[701] Re10: 疑惑のフジテレビ -2 投稿者:わたしは検察の手先№2より 2006-03-19 00:20:10
>[697]
ここにもいらしゃったですネー・・・てっぺいさん!あなたはダーレ誰でしょネ。
[705] Re11: 疑惑のフジテレビ -2 投稿者:てっぺい 2006-03-20 01:20:01
ヒント:昔のケンカ相手

Copyright©2004-2017 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.