携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA山根治blog

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

江戸時代の会計士 -7 . はてなブックマーク  Twitter   2005-09-27

 恩田木工は、妻子をはじめとする身内の結束を固めたうえで、いよいよ藩の財政改革に着手します。
 木工は、自らの改革案を藩の役人達と百姓町人達に呈示して、それぞれ心から納得させていきます。藩財政の建直しという一つの目標に向かって、上下の心を一つにまとめあげていく手法は見事というほかありません。
 決して自らの提案を一方的に強引に押しつけるのではなく、十分に考える時間を与えた上で、納得ずくで、木工の提案を領民達の自発的な提案という形に転換させているのです。方法論としては、妻子たちに用いた手法と同一のものです。
 恩田木工は、さしずめ、オーケストラをまとめあげ、自分の思い通りの曲想を創り上げていく名指揮者といったところでしょう。

 「日暮硯」が描く恩田木工の改革の骨子は、次の通りです。
 まず、老中はじめ藩の役人たちに対して次のような約束をいたします。

(1)
「さて又いかに勘略を致せばとて、只今までの通り、旦那の召し上られ候ものは勿論、その外御前(ごぜん)向き御入用の節は、一向に勘略は相成り申すまじくと存じ候。拾万石相応に致さず候では相済まざる事と存じ奉り候。外の儀につき、万事費(ついえ)なる儀は勘略致すべき候事に御座候へば、万事御前向きは古来の通り致すべく候間、左様に相心得なさるべく候。」
(さて又どのように倹約するといっても、殿様が召し上がる食事はもちろんのこと、殿様関連の諸費用は決して倹約の対象にしてはいけないと考えます。10万石にふさわしい体面を保つことが必要だからです。他のことについては、なにかにつけて倹約を旨とするつもりであり、殿様関連の諸費用は従来通りといたしたいと存じますので、そのようにお考えいただきたい。)
 つまり、勘略(倹約すること)といっても、殿様に関する経費には一切手をつけない、松代藩10万石の体面を保つのに必要なものは財政改革の対象外である、と明言します。

(2)
「各方(おのおのがた)を始め下々(しもじも)まで、只今までは歩引(ぶびき。封禄を削減すること)これあり候へども、手前御役の間は歩引申さず、本高(ほんだか。本来の封禄の額)の通り月々きっと相渡し申すべて候。左様御心得なさるべく候。」
(皆様をはじめ、下役の者までも従来俸給を一部カットして支給していましたが、私が勘略奉行を勤めます間はカットをすることなく本来の給料を月々キチンと支給いたします。そのようにお考え下さい。)
 つまり、今までは給料のカットをしてきたが、今後はカットをとりやめ、元通りに月々キチンと支払うことを約束します。

 但し、

(3)
「その代わりには御奉公に少しも麁略(そりゃく)これあり候へば、拙者が免(ゆる)し申さず候。きっと曲事(くせごと。処罰。処分。)申しつくべく候。各(おのおの)、下役(したやく)、支配の下々まで、この段申し渡さるべく候。」
(その代わり、皆様の仕事ぶりに疎かなことがないように願いたい。仮に、そのようなことがあった場合には、私が許さない。断固として処罰の対象といたします。この旨皆様に申し上げますし、下役、支配下の末端まで皆様からお話になって下さい。)
 つまり、給料はカットなどせずに、キチンと支給するかわりに、キチンとした仕事をして下さい、仕事がおろそかであったり、藩士として悖(もと)ることをした場合には厳罰に処すと言っています。

(4)
「右の通り御奉公向き大切に相勤め候上にては、余分これある様に致す事ならば、如何様(いかよう)の事にても苦しからず候。人々相応の楽しみこれ無く候ては、平生きっとばかりは勤まり申さず候間、随分楽しみも分相応には致さるべく候。その外勘略の儀は、急には致し方も御座なく候間、先づ只今までの通りに致さるべく候。」
(右の通り、公務を大切にしてお勤めなさったうえは、お金に余裕ができるのであればどのようになさっても結構です。皆様もそれなりの息抜きとか楽しみがないようでは、ふだんの公務に精励できないでしょうから、楽しみもそれ相応にご自由になさって下さい。その他、倹約といっても急にはできないでしょうから、まず従来通りなさって下さい。)
 つまり、キチンとした勤めをするならば、今までの生活をとくに切り詰めたりする必要もないし、お金が余れば楽しみごとも普通にやっても構わないというのですから、この段階では、他の家老達をはじめ役人達もむしろホッとしたのではないでしょうか。
 しかし、「御奉公向き大切に相勤め候上にては」という恩田木工の言葉の真意が後日明らかになると、一同あまりのことに真っ青になってしまいます。


 ―― ―― ―― ―― ――


 ここで一句。
“みえみえのウソを強弁副総裁” -大阪、寅年生まれ。
(毎日新聞:平成17年8月21日号より)

(前道路公団内田道雄副総裁。行政のトップの総理大臣が平気でゴマカシを連発するのですから、右にならえ。)

江戸時代の会計士 -7 (2005-09-27) . はてなブックマーク  Twitter  


関連するカテゴリー

前後のページ

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)


このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)


Copyright©2004-2018 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.