携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA冤罪を創る人々

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

109 税務戦略の見直し . はてなブックマーク  Twitter   2005-07-19

(4) 税務戦略の見直し

1、 平成5年9月に、マルサが仁義なき戦いを仕掛けてくるまでの私は、いわば優良納税者の一人であった。
 毎年1,000万円以上の国税を納付し、公示の対象になっていた。以下のとおりである。

所得額(所得税額) ―
 平成元年分 35,297千円(12,818千円)
 平成2年分 43,870千円(17,030千円)
 平成3年分 32,147千円(10,756千円)
 平成4年分 35,983千円(13,049千円)

2、 マルサとの戦いは、長期になるものと予測し、収支計画と資金繰り対策とを練り直した際に、税務戦略の見直しも組み込んだ。
 マルサのガサ入れがあった平成5年9月28日直後から、税務戦略の練り直しに着手し、平成5年分所得税確定申告に反映させた。源泉所得税の還付を受けることによって、事務所の資金繰りの一助としたのである。10年間の軌跡は次のとおりである。

還付金(純損失の繰り戻し還付も含む) ―
 平成 5年分  8,001千円
 平成 6年分  9,551千円
 平成 7年分  8,718千円
 平成 8年分 10,863千円
 平成 9年分 10,408千円
 平成10年分  9,874千円
 平成11年分  8,638千円
 平成12年分  7,726千円
 平成13年分 11,409千円
 平成14年分  6,064千円
10年間の合計 91,252千円

3、 年平均で900万円強の還付金は、地方税の負担が限りなくゼロに近くなったこととあいまって、私の資金繰りに貢献した。
 臨時収入の減少見込に対しては、それに対応する経費の大幅見直しで対応したため、この面での資金繰りの帳尻はプラスマイナスゼロとなっていた。
 それに、税効果ともいうべき資金が加味されたことから、かえって私の資金繰りにゆとりができた。従来、地方税を含めて少なからぬ税金を支払っていたものが、支払わなくてよくなったばかりか、逆に還付されることになったからだ。
 いわば、税金のクッション効果を実感した10年であった。

4、 これに加えて、予定外の還付加算金が入ってきた。
 私が脱税容疑で逮捕起訴され、税務当局が差押えをチラつかせて、私から半ば強制的に徴収していった金額は、39,100,000円であった。
 平成15年3月11日の国税不服審判所の裁決にもとづいてなされた、更正処分の全面取消しによって、徴収されていた39,100,000円全額が返還されると同時に、11,820,530円の還付加算金が付加された。

5、 この10年間で税務当局から得た資金は、還付金として91,252千円、還付加算金として11,820千円、合計で103,072千円に及んだ。
 私の事務所を壊滅させようと目論んだ税務当局ではあったが、こと資金繰りの面に関しては、皮肉にも少なからぬ貢献をしてくれたのである。

109 税務戦略の見直し (2005-07-19) . はてなブックマーク  Twitter  


関連するカテゴリー

前後のページ

2005-07-05 106 銀行取引 .
2005-07-12 108 資金繰り .
2005-07-19 109 税務戦略の見直し .

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)


このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)


Copyright©2004-2017 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.