携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA冤罪を創る人々

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

102 刑務官 . はてなブックマーク  Twitter   2005-06-21

9.人間模様

(1) 刑務官

一、 私が291日の勾留中に接した刑務官は、20人位であろうか。
 担当看守、主任看守、処遇首席、総務課長、処遇部長。その他、面会、風呂、運動、医務及び裁判所への引率役の看守、面会時立会役の看守、夜(21時から7時まで)の巡回見廻り役の看守。捜検の看守。

二、 一番多く接したのは、担当看守である。三十代の生まじめな人物で、背が低く、被帽の下は若ハゲであった。私を含めて拘置監の35人前後の未決囚の世話をしていた。フトンのたたみ方、飯の食べ方、掃除の仕方、点検の受け方、午睡の仕方等、日常生活の全般にわたって細かい指示を出し、一寸でも違えると厳しく私を叱責した。
 主任とか首席の代弁者となって、度々私を面罵した。
平成8年10月2日の夕方の点検時に、担当看取は、私を叱責し、次のように指導した、 ―

「最近、点検を受けるときの姿勢が悪い。きちんとするように。まず、正座又は安座をして、背スジをピンと伸ばすこと。5本の指を伸ばしてハの字にして、股のつけ根に親指をつけて、ももの上に置くこと。それに、全員の点検が終了し、“点検オワリ”の号令があるまでその姿勢を崩さないこと。」

 あるいは、夏の暑い日に、ウチワの使用にめぐって、 ―
「点検中、トイレ使用中及び食事中にウチワを使ってはいけない。今後キチンと守るように。」

 あるいは、次のように注意されたこともあった。
  1. ウチワをまっすぐにおくこと(フトンの上においておいたウチワが少しゆがんでいたことに対して)
  2. タオルのスミを揃えて干しておくこと(タオルがゆがんで干してあったことに対して)
  3. 新聞は、読み終えたらキチンとしまうこと(新聞を読んでたたみ、板の間と畳の間に置いて本を読んでいたのに対して)
 しかし、彼は、私を侮辱したり、蔑んだりしたことは一度もなかった。一寸した言葉の中に優しい心遣いを示してくれた。

三、 私と同年輩であった主任看守は、時折私につらくあたったが、あるとき私に訓戒処分をするために管理棟に連れ出し、面談したことがあった。
 そのとき、ポツリと漏らした言葉が印象的であった。

「ここにやってくるのは、ほとんどが前科者で、刑務所慣れしている連中だ。懲役太郎と言っているんですがね。我々が甘い顔をするとすぐ図に乗ってつけ上がるので、秩序維持の為にも、キツクあたらなければならないんですよ。あなたにはキツイかもしれないが、特別扱いする訳にはいかないので、辛抱して下さい。」

四、 処遇首席も主任と同様、私と同年輩の男であった。
 この人物と接したのは、5~6回であったろうか。そのたびに、私の名前を呼び捨てにし、侮辱し、蔑んだ。
 余りにも、山根、山根と連発するので、私は、「何故、私の名前を呼び捨てにするのか」と尋ねたところ、次のような言葉が返ってきた。

「バカなことを言うんじゃない。オマエは被告人だろうが。被告人をオレが呼び捨てにして、何が悪いんだ。オレは刑務所につとめて30年程になるが、被告人をさん付けで呼んだことは一度もない。もし、オレの部下がオマエら被告人に対して、名前を呼び捨てにせず、ていねいな言葉でも使おうものなら、直ちに厳重に注意して改めさせる。被告人のくせに何を言っているんだ、フン。」

 彼は怒りのために赤黒くなった顔で私をにらみつけ、大声でどなりつけた。
 保釈されて一年ほど経ったとき、この人物の訃報が地元紙に載った。受刑者あるいは未決囚に対して年中怒っていたため、あるいは体内バランスが崩れ、寿命を縮めたのかもしれない。

五、 この他に、私を小馬鹿にしたり、蔑んだりした看守が2人いた。一人は20才台の若い看守であり、一人は40才台の看守であった。
 二人共、人生に疲れており、仕方なしに仕事をしているようであった。この二人にとって仕事とは何であり、生き甲斐とは何であったろうか。

六、 温かい気くばりをしてくれる看守が3人いた。
 中でも、私より少し年輩の看守は、私と接するたびに、さりげなく、気づかいの言葉をかけてくれた。房内の蛍光灯の不具合に気がつき、「チカチカするようだね。すぐにとりかえてあげよう。」と言って、直ちに新品と交換してくれたこともあった。
 私は、この看守の後姿に、ひそかに両手を合わせた。

102 刑務官 (2005-06-21) . はてなブックマーク  Twitter  


関連するカテゴリー

前後のページ

2005-06-07 100 外出 .
2005-06-14 101 風呂と運動 .
2005-06-21 102 刑務官 .
2005-06-28 103 衛生夫 .
2005-06-28 104 被収容者 .
2005-07-05 105 財政白書 .

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)


このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)

[569] Re1:102 刑務官 投稿者:高橋卯三郎 2006-02-10 12:27:17
 私は法律関係、特に裁判・裁判官・検察官・刑務所・拘置所・代用監獄などに興味があり、それらに関する書籍や雑誌・新聞などを集めていますので普通の人よりはそれらについて知っている積りです。
 山根さんは冤罪で長期間拘置され、挙句の果てに有罪という不当な判決を受けたことに対しては、最高裁判所の屑判事共や、担当の検事・判事を含めた役人連中に対する恨みは生涯消えないことと存じます。
 さて、今回の山根様の記事についてですが、拘置所内での被拘置者の処遇については私は以前からけしからんことだと感じていました。文中に懲役太郎という言葉が出ていましたが、被拘置者の大部分はそうであるにせよ、中には山根様のように冤罪で拘置されている人もいるわけです。そういう人が無罪になったとすると、その人は不当拘置は勿論ですが、山根さんの文中にあるような厳しい種々の規則によって拘置所内で受けた拷問にも等しい日常生活の制限によりこうむった被害や損害を補償してくれるかといえばそういうことは一切ありません。高々、拘置期間に応じた小額の補償金が支払われるだけです。

 しかし、何人も有罪が確定するまでは無罪の推定を受けるわけですから(日本では逮捕されれば有罪とみなされる国ですが)、罪を犯したと疑われて拘置されることは仕方ないとしても、拘置中の日常生活を重箱の隅をつつくような細かいところまで規則でがんじがらめで規制して、それに少しでも違反したら懲罰を加えるということについては全く納得がいきません。
 この点について規則を緩めるため(できれば全廃)の民事訴訟を起こす人(勿論被拘置者または拘置されたことのある人に限られるでしょうが)がいないものでしょうか。弁護士なども拘置されたいる人がいるはずですから、そういう弁護士などはすぐにでも訴訟できると思いますが。できたら山根さんがおやりになればいいのではないでしょうか。ともかく、映画やテレビなどで見ても、日本の拘置所や刑務所の規則は世界一厳しく、被拘置者を人間扱いしていないと断言できます。過去には 正木亮(有名な人権派弁護士正木ひろしの実兄) んどという法務官僚のそうそうたる人物がに留置所に体験拘置した事があるそうですが、所詮は官僚、規則が改善されるどころか帰って厳しくなったようです。

 同ですか、山根さん拘置所規則改正のために、損害賠償の民事訴訟を起こされては。拘置所の悪徳係官の追放にも死するところがあると思います。
[729] Re2:102 刑務官 投稿者:元担当看守 2006-03-23 16:00:55
拘置所はいいぞ。

恋しくなったら、いつでも帰ってくるんだぞ。

早寝早起きで生活は規則正しいし、栄養が良く考えられた食事も出る。運動の時間も確保されている。
こんなに健康的な生活が、他で出来るか。
[731] Re3:102 刑務官 投稿者:松嶋ハチ子 2006-03-23 22:50:16
お名前変えた誰かさん、まにあってるので結構です。そんなに快適なら、あなたがどうぞ!わざわざお誘いありがとう。
それにしても、お仕事から帰って開くといつもワメイテいるのがいるのね。疲れがよけいましちゃうわ。山根さんへこたれずにがんばってね。
[735] Re4:102 刑務官 投稿者:元担当看守 2006-03-24 10:19:59
繰り返して申し上げますが、拘置所はいいですよ。

そもそも拘置所ではインターネットは出来ないですから、ネットからも遮断されます。

心身共に健全な生活を送ることができますよ。
[763] Re5:102 刑務官 投稿者:拘留未経験者 2006-04-04 11:55:03
元担当看守へ

 拘置所はそんなによいところなんでしょうか。それだったらお前さんも何か悪事を働いてそういういいところに入れてもらったらどうでしょうか。刑務所(拘置所)の看守という職業は、特に日本では、人前で堂々と口に出していえる職業ではありません。というか、看守ないし刑務官は、日本という品格のない国では、卑しむべき職業と言う評価がなされているのが常識ですから、看守等はそれに起因する欲求不満が積もり積もって、抵抗できない非収容者に威張りちらし、いたぶる事で鬱憤を晴らすことに生きがいを見出す事しかできない哀れむべき存在でしょう。そういう職業についていると、一部のよくよく良心的な人を除いて、みんなサディストのような人間になってしまうのでしょうね。そういう手合いの不満の捌け口として、いいように扱われている無抵抗の被収容者こそいい面の皮です。

Copyright©2004-2017 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.