携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA山根治blog

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

ホリエモンの錬金術 -13 . はてなブックマーク  Twitter   2005-06-07

 有馬純一郎名義の株式960株は、上場直後にあわただしく全てが売却されています。
 この事実は平成12年6月19日付で提出された株式大量保有の変更報告書と第5期の有報を見れば判ります。
 この変更報告書は、証取法第27条の25第1項にもとづくものですが、不思議なことに同じ日に二回にわたってなされており、それぞれA4版で4枚ずつ、合計8枚の報告書として提出され、開示されています。
 この二通の変更報告書と、同年6月15日付で提出された大量保有報告書とをじっくり吟味してみると一つの事実が浮かび上がってきます。
 
 その事実とは何か。
 それは、この960株の株式が有馬純一郎さんの管理下にはなく、堀江貴文さんの管理下にあるらしいことです。

 その根拠は次の通りです。
  1. 平成12年6月15日に提出されている大量保有報告書(提出期限は同年4月11日。2ヶ月遅れ)は、会社の管理本部中村長也なる人物によって作成されていること。
  2. 堀江貴文の大量保有報告書も、1.と同じ日に提出され、1.と同一人物が作成していること。
  3. 有馬純一郎の事務上の連絡先が、堀江貴文と同じ、管理本部の中村長也となっていること。同年6月19日に提出された有馬純一郎の変更報告書においても、連絡先が同様に中村長也となっていること。
  4. 同じ日に2通提出された変更報告書は、有馬純一郎氏が株券に全くタッチしていないことを雄弁に物語っていること(資料I)。
  5. 上場後、短期間のうちに960株をあわただしく売りぬけた様子は、まさに久しぶりのごちそうにありつけた欠食児童を連想させるもので、有馬純一郎氏の行動とは考えにくいこと(資料J)。
 上記1.~5.によって、有馬純一郎名義の960株の株式は、同氏の管理下にはなく、堀江貴文の管理下にあったと考えられるのです。
 次に、この960株が堀江貴文さんの管理下にあったことの現実的な意味を考えてみましょう。

 有馬純一郎さんは、昭和16年生まれですので、私と同世代の方です。「輸入が中心のアパレル会社の社長で、年商は10億円」(同書、P.33)というのですから、長年地道に商売を続けてこられた方だと思われます。
 堀江さんは、このようないわばカタギの経営者から、4000万円近い事業資金(中小企業にとっては大金です)を言葉巧みに引き出しているのです。
 有馬純一郎さんとしては、堀江さんの目指している事業などは二の次で、当時東大生であり、娘の恋人として現れた有力な娘婿候補としての堀江さんに対して大金を用意したのでしょう。
 しかし、堀江さんとしては、どのような方法であろうとも、事業資金が手に入ればよかったようです。
 他に深い仲になった女性の存在を隠して、なんとか有馬さんから最後の3000万円を引っ張り出すのに成功した堀江さんは、直ちに娘である有馬晶子さんとの関係の清算に着手し、有馬親子名義の株式(全体の50%)の買取交渉を始めたものと思われます。
 つまり、他に好きな女性(子供ができ結婚することになる)ができたために、有馬晶子さんの存在がうとましくなってきたことに加え、資本金も4000万円になり、インチキ上場の下準備が完了したために、有馬親娘は用済みになったということでしょう。「最後は修羅場となった」(同書、P.112)のも当然のことです(資料K)。

 このような一連のプロセスを、年頃の娘を持つ父親の立場に立って考えてみればどうでしょうか。娘を適当に弄(もてあそ)び、その上娘をダシにして4000万円近い大金を引き出した堀江貴文という人物に対して、父親としては、腹ワタが煮えかえる思いであったことでしょう。顔も見たくないといった方がいいかもしれません。
 有馬純一郎さんは、金を引き出すために自分の娘を巧みに利用した堀江貴文という人物に、上場時点での評価額が57億円もある株式の管理を委ねることができるでしょうか。
 まず考えられないことです。

 そうしますと、有馬さんが管理を委ねていない960株を、堀江貴文さんが管理下に置いていたということになり、それはとりもなおさず、960株の真の所有者は有馬純一郎さんではなく、堀江貴文その人であることを意味します。つまり、有馬純一郎の名前を騙った堀江貴文所有の借名株ということになるのです。

 ―― ―― ―― ―― ――

 ここで一句。
“ホリエモン高笑いする世は嫌だ” -大阪、あらきみやこ。
(毎日新聞:平成17年3月31日号より)

(日本人としての誇り。カネ、金、カネ、金が全ての世はイヤだ。色恋を金で測ってドブに捨て。)




●資料I


 2通の変更報告書のうち、

(1) 初めのものは、
 平成12年4月25日~同年6月6日までに139株を売却し、持株比率が7.38%から6.30%
になったことを報告、
(2) 次のものは、
 平成12年4月25日~同年6月7日までに342株を売却し、持株比率が6.30%から4.74%になったことを報告、
しています。

 (1)と(2)の違いは、売却した株式数です。(1)は139株、(2)は342株、差の203株は、6月7日に売却されたものです。
 しかも、この2通の変更報告書は、203株売却された6月7日より12日も後に作成され提出されているのです。ちなみに、証取法は5日以内の報告を義務付けています。
 これは一体何を意味するものでしょうか。

 203株といえば、上場時の評価額で、12億1800万円(600万円×203株)ですし、6月7日に実際に売却し(185万円で1株、173万円で202株)、3億5千万円余りにもなっているものです。
 もし、960株が本当に有馬純一郎さんのものであり、自分で管理しているのであれば、203株もの大量の株式を売却した事実を忘れることがあるでしょうか。しかも、それまでは、連日のように売却していても、同じ指値では、1株~7株のケースがほとんどで、多くとも30株(5月18日)のケースがあるだけなのです。
 この203株のうちの202株は、173万円で一括売却されており、仮に真実の所有者が自ら管理しているのであれば、報告書を作成する時点で売却の事実を忘れることなどまず考えられません。
 その上、この203株は、大量保有者とされる5%のラインを左右する重要なものです。
 報告書を作成した中村長也という人物が、第一回目の報告書を作成した時点では、6月7日に203株もの大量の売却がなされたことを知らなかったのでしょう。報告書を提出した後に、実際の所有者である堀江さんが誤りに気がつき、慌てて訂正の意味を持った第二回目の報告書の作成を指示し、提出させたものと思われます。



●資料J


 有馬純一郎さんの960株の取得価額は400万円です。しかも、娘である有馬晶子名義の株式は、目論見書の記載通りとすれば、次のように、

NO.
売却額
取得価額
備考
1.
240万円
240万円
平成10年4月30日、堀江貴文へ売却
2.
10万円
10万円
平成10年4月30日、宮内亮治へ売却
3.
3億6,000万円
600万円
平成11年11月5日、堀江貴文へ売却
合計
3億6,250万円
850万円


と、3億5,400万円(3億6,250万円-850万円)もの利益を得ていることになっています。
 世田谷区の成城に自宅を持ち、アパレル関連の会社を経営している有馬純一郎さんとしては、自分名義の株式960株の取得価額400万円を差し引いても、すでに3億5千万円(晶子名義の株式の利益3億5,400万円 - 純一郎名義の株式の取得価額400万円)もの利益をあげているわけですから、上場直後に慌てて売却するのはいかにも不自然です。
 一方の堀江さんについて考えて見ましょう。先日公示された平成16年分の所得税がようやく1千万円を超えた程度で、それまでは公示対象になっていなかったようです。
 堀江さんの収入は、表向きでは株式売却収入が、6億円余りしかありませんので、それが仮に彼の言う通りに銀行の借入金5億円の返済に充てられているものとすれば、1億円ほどしか残りません。
 上場後の5年間で、株式売却収入の1億円余りと公示額以下の所得では、果して彼のバブリーなプライベート・ライフの説明がつくのでしょうか。
 高級外車とか、競走馬を所有し、高級マンションに住んでいることだけでも、とても説明できるものではないでしょう。あるいはそれらが全て会社名義であるとでもいうのでしょうか。
 いずれにせよ、5年前の上場直後に有馬純一郎名義の株式売却で得た20億円前後のキャッシュがあれば、納得できるのですが。



●資料K


「増資すべき時期が再びやってきたのは、1999年夏のことだった。このときは株主割当増資を行い、出資者である創業メンバー兼恋人の父親にサイドお願いして(山根注、結婚まで決意した女性と深い関係になったのは、この年の春のことです。)、資本金を4000万円に増やした。この時期、オン・ザ・エッヂは新規株式公開(IPO)に向かって走り出そうとしていた。」(前掲書、P.110)

「上場の話が出てきたころ、彼女との付き合いは3年以上になっていた。だが、この1999年のこの時期、すでに関係はすっかり冷え切っていた。
 最大の原因は、私の彼女に対する恋愛感情がすっかり消えてしまっていたからだ。そのころほかに好きな女の子が現われたということもある。
・・・・・
(四六時中一緒にいることによる)ストレスがどんどんたまっていき、それと反比例して愛情は冷え込んでいったのだ。そんなふうに関係はこじれていき、そして最後は修羅場となった。」(同書、P.111~P.112)

 このようなことを平気で自分の著書に書き公表することのできる堀江貴文という人間は一体何者なのでしょうか。

ホリエモンの錬金術 -13 (2005-06-07) . はてなブックマーク  Twitter  


関連するカテゴリー

前後のページ

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)


このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)

[235] Re1: ホリエモンの錬金術 -13 投稿者:通りすがり 2005-06-07 12:21:29
>このようなことを平気で自分の著書に書き公表することのできる堀江貴文という人間は一体何者なのでしょうか。

  誰が何と言おうと堀江は時代の寵児なのである。
 その徴(しるし)はあの目だ。
 あの目は女衒(ぜげん)の目に他ならない。
 そして人殺し、更に言えば殺しを生業(なりわい)とする殺し屋の目なのである。
 歌手やバラエティー・ショーの芸人で、ホスト上がりが漸増している事実をご存知であろうか?
 あるいはホストを主人公にした漫画のモテモテぶりは常軌を逸している。
http://media.excite.co.jp/d...
 今や日本中のフリーターが歌舞伎町のホストクラブに殺到し、そして食えないがために辞めていく。

 ホストは堅気の顧客を風呂に沈めて一人前といわれる。
 すなわち店に通いつめて借金ダルマになった女性を、支払いのためにソープ・ランドで働かせるように口説いて、初めて一流ホストの勲章を貰えるわけだ。
 女の膏血を絞って左団扇の生活を送り、博奕三昧に耽る。
 まさに近世までの女衒と変わらない。
 堀江の目は遊郭の従業員であった亡八者の目つきに似て来よう。
 亡八とは人として備えるべく努力目標の「孝、悌、忠、信、礼、義、廉、恥」といった徳を全て放り投げた“人で無し”をいう。
 であるからこそ歌舞伎町のファッション・マッサージ店は、「ホストお断り」と出入り禁止を宣言する。

 稼業の行きがかりで殺人を犯し、服役したことのある人は一種独特の目をしている。
 その目は人殺しの目であり、ホスト(女衒)を長く勤めた男の「女を食い殺す目」に瓜二つである。

 コミック雑誌に連載されるホスト漫画を毎週楽しみに待つ読者と、堀江の有料講演会に参加する若者は客層が同じだろう。
 女衒予備軍なのである。
 ちなみにホスト以外で堀江と同じ目を持つ者は商品取引の外務員ぐらいだ。
 連中も客殺しを生業とするからであろう。

 有馬のトッツアンは、お嬢さんのためであろう、金には換えられない素晴らしい選択をされた、と考える。
 孫が女郎屋の御曹司では爺ちゃんは困る(笑)
[236] Re2: ホリエモンの錬金術 -13 投稿者:クーリンガー 2005-06-07 16:49:24
で、いつ逮捕されるんですか?
そもそも逮捕される見込みはあるんですか?
[237] Re3: ホリエモンの錬金術 -13 投稿者:素人 2005-06-07 20:42:17
驚きました。
有馬氏の大量保有報告書や変更報告書もオン・ザ・エッヂ(現ライブドア)の
人間が作成していたのですね。
少なくとも有馬氏名義の株について堀江側で売却処理されたのは
間違いないと思います。

実際に名義貸しが行われていたのであれば、
有馬氏が売却利益に対しての税金を払うことになるので
さすがにその分は有馬氏に支払われたものと思われます。
株式売却利益に税金が幾らほどかかるか正確なところは分かりませんが、
ざっと利益20億、税率10%とすれば税額2億、有馬氏からの借入金2億4千万と
合わせれば4億4千万です。これに借名(口止め)料を加えて有馬氏に
5億を渡したとすれば、堀江が著書で謳う5億も説明がつきます。

「名義貸し」が行われた可能性は極めて高いと思います。
[238] Re4: ホリエモンの錬金術 -13 投稿者:株素人 2005-06-09 23:40:00
何故こんな詐欺師が逮捕されないのか誰か教えてください。警察は見てないのかな?
[239] Re5: ホリエモンの錬金術 -13 投稿者:団塊世代人 2005-06-10 03:22:26
ここまで暴いても、彼には何の天罰も起こらない気がします。それが現実でしょう!警察も、国税も、東証も、金融庁もこの記事内容は単なる私見としてしか考えていないと思います。だれも率先して臭い者に蓋をする勇気が無いのでしょう。悔しいけどそれが現実だと思います。
[240] Re6: ホリエモンの錬金術 -13 投稿者:ホリエモンが 2005-06-10 05:47:33
6/8(水) 社長日記
会計って私はOJTっぽく覚えていったけど、総勘定元帳を見れば、社長の性格まで分かると豪語した当社役員の宮内や、当社の監査法人で懇意にさせていただいている会計士の先生が、上場前に教えてくれたことは数字が会社を物語るということだが、社内体制の事や労務管理のこと、いろんなことを整備することが大事だということだ。会計を良く知ることで賢く現代社会を生き抜くことができる。
って言ってました。
[241] Re7: ホリエモンの錬金術 -13 投稿者:達也 2005-06-10 11:31:52
>[239]
そんなことはないんじゃないですか。

これだけの悪事が白日の下に曝された以上、まともな事業家や投資家だったら堀江とビジネスをやろうとは思わないでしょう。

まともな事業パートナーがいなければ、やくざのフロント企業としか組めないわけで、ますます詐欺まがいのマネーゲームにのめり込むしかありません。

いつの日か法律によるお仕置き(塀の中)を受けるか、市場によるお仕置き(株価暴落)を受けることになるはずです。

それよりも、こういう男の出現を許すほどに日本の資本市場が幼稚であったことを直視し、大いに反省すべきです。
[242] Re8: ホリエモンの錬金術 -13 投稿者:川村 2005-06-11 12:35:02
>有馬氏の大量保有報告書や変更報告書もオン・ザ・エッヂ(現ライブドア)の人間が作成。

>利益20億、税率10%とすれば税額2億、有馬氏からの借入金2億4千万と合わせれば4億4千万です。これに借名(口止め)料を加えて有馬氏に5億を渡したとすれば、堀江が著書で謳う5億も説明がつきます。

「名義貸し」が行われた可能性は極めて高いと思います。

そうですね。
調べてみたところ、借名株は違法ですが、罰則規定がありません。
有馬氏親子と堀江さんとの間で、これらの株の売買をめぐってはかなりの葛藤があったことでしょうね。
ただ、お金のやり取りに関しては、両者とも損していないので
ちょっとした共犯(?)関係になってしまったわけですね。

前回、借入者の名前が「有馬純一郎」氏になっていたので驚きましたが、こういうからくりだったのですね。
となると、虚偽記載ではない・・・・

まさに絶妙な手口。
被害者がいないので、立件は難しいでしょうし、やはり堀江さんは天才的練金術師です。ああ~~~
[243] Re9: ホリエモンの錬金術 -13 投稿者:団塊世代人 2005-06-11 13:05:53
>[241]達也様
一刻でも早く制裁がくだされる事を心より願っている次第です。日商岩井フューチャーズとの買収で東京証券取引所や両社のニュースで6月10日の譲渡日が未定に変更になってましたが、LDと双日との間でまたゴタゴタが発生したのでしょうか?これが貴殿がおっしゃる信頼を無くした会社のお仕置きだと良いですね?
[244] Re10: ホリエモンの錬金術 -13 投稿者:通りすがり 2005-06-12 21:23:22
>こういう男の出現を許すほどに日本の資本市場が幼稚であったことを直視し、大いに反省すべきです。 

 反省すべき人々は投資家ではない。
 東京証券取引所、すなわち自らの上場という既得権を手放したくない取引所役職員であり、監督官庁であり、守旧派産業の経営者であろう。
 博奕場の貸元やオヤジはご開帳される賭博の種目が増えて、客さえ集まれば文句の言いっこ無しだ。
 時たま怖い筋の客がイカサマをやっても触らぬ神に祟り無し。
 株式の時間外取引はペテンである、まともな会社ならば取引の立会場集中原則を遵守すべきだ、と絶叫したのがライブドアを指弾した守旧派産業である。
 しかしながら1990年代、英国ロンドン株式市場で最も大商いを演じた株は日本の熊谷組だった。
 金融機関や機関投資家による同社株の売却は、ほとんどロンドン市場におけるクロス商いで執行された。
http://quote.yahoo.co.jp/q?...

 1990年代後半、東証で連日の売却騒動が続けば住友グループの金融システム不安が懸念されたからであろう。
 そうして大株主から金融機関が消え去った後、おもむろに第三者割り当てによる債務の株式化と巨額の債務踏み倒しが実施された。
 今回のフジタに至っては3度目の債権放棄(借金踏み倒し)である。
 こうした会社であろうと上場が維持できて投機家の格好のオモチャになりうるのが我が国の資本市場である。
 NY市場の上場会社は株価1ドル未満を一ヶ月続けると上場廃止になる。
 我が国の上場企業は業績悪で株価10円未満になったとき、売買単位の変更によって破綻を先送りすることが可能だ。
 腐ったメロンであろうと外見が普通ならば素人を騙すことは可能なのである。
 ライブドアの大先輩を思わせるモラル崩壊会社が我が国にはゴマンと存在する。
 西武電鉄に株券買取を迫った小田急電鉄自身が、有価証券報告書に虚偽記載を続けてきた笑い話が“闇の深さ”を物語るのではないか。
 日本テレビの有価証券報告書の虚偽記載は1969年に続いて二度目だったが、東証は毎度お馴染みの「強い者にはお咎め無し」を繰り返した。

「1969年10月11日: 大蔵省が、日本テレビの総額11億円の粉飾決算を指摘。
14日、郵政大臣河本敏夫は『公共性の強い電波事業を運営するものとして遺憾』と発言」
http://www.aa.alpha-net.ne....
http://www.jca.apc.org/~alt...

 しょせんライブドアに対する“社会的お仕置き”など永遠に無理と考えられよう。
[245] Re11: ホリエモンの錬金術 -13 投稿者:川村 2005-06-14 21:56:34
悲しいことに、おっしゃるとおりですね。
一部上場のいわゆる一流企業でも、ひどいことをたくさんやっています。枚挙にいとまのないくらい・・

また、IPOに関しても、最近のIPOバブルの様子を見ていれば
ほりえもんの上場時の株価設定などよくある話です。それをおかしいといって糾弾したら、おかしい会社だらけ・・・

少なくとも、オン・ザ・エッジが新規上場したときに株を買った人々は、ある期間保持してタイミングよく売却していれば
すごいキャピタルゲインを得ているはずです。また、現在まで売らずにもっていても含み益たっぷり。

ほりえもん、有馬氏、株主
全員が儲かっていますので、被害者がいないので立件しようもないのです。
[247] Re12: ホリエモンの錬金術 -13 投稿者:utakiyou 2005-06-15 14:52:54
ライブドアがこんな会社だとみんなが当たり前に知ってしまえば終わる会社だと思う
知っている人が増える勢いがまだまだ足りないと思うけど
ライブドアが嫌いな他の人もがんばってほしい
[253] Re13: ホリエモンの錬金術 -13 投稿者:素人 2005-06-17 20:42:49
[237]の続きです。
調べてみたところ、
『平成14年12月まで。公開後一年以内。3年超保有。』
上記の条件ですと、税率13%が正しいようです。
利益が20億で13%だと、2億6千万。
借入金の2億4千万と合計すると丁度5億。
ぴったりすぎて正直、気持ち悪いです。

保有期間が3年以内ですと税率が倍の26%ですから
実質脱税とも考えられないこともないですが、
堀江自身も3年以上保有していた株が相当数あるはずなので
脱税目的の名義貸し、とも考えにくいです。

むしろ『自分の利益の為に株を売らないオーナー社長』を
どうしても演出したかったような気がします。

Copyright©2004-2017 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.