携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA冤罪を創る人々

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

100 外出 . はてなブックマーク  Twitter   2005-06-07

7.外出

一、 勾留中に外出したのは、10回であった。一回だけ本件で再逮捕されるために検察庁に出頭したほかは、全て松江地方裁判所への出頭であった。
 
二、 外出の手順について、平成8年7月9日、第三回公判廷に出廷したときの状況に即して、具体的に記述してみよう。

三、 午後12時20分頃、担当看守が、私が収容されている拘置監二階の4号室の前で、「出房!」の号令をかけ、私を房から連れ出す。ここで、ノート、筆記用具等の携帯品の検査がなされる。
 私は房の入口を出て、窓側に向って立ち、看守の「回れ右!右向け右!」の号令を受けて身体の向きを変え、「進め!」の号令で歩き出す。歩くときは正面を向いて、スリッパの音をたてずに、手をキチンとふって歩かなければならない。しかも歩くところが定められている。
 拘置監の廊下には、房に沿って40cm幅のだいだい色の硬めのカーペットが貼ってある部分と、カーペットの貼ってないビニール・タイルの部分とがあり、前者は看守が歩き、後者は未決囚が歩くことになっている。

四、 勾留されて間もない頃は、廊下の歩行について、ことごとく叱責を受けた。
 まず、回れ右である。

「回れ右ができないのか!」

 できないのである。回れ右など何十年もやったことがないので、オタオタしたものだ。
 次いで、

「キョロキョロしてはいかん!まっすぐ向いて歩け!」

 私は元来人一倍好奇心が強いほうで、勾留生活の見るもの聞くもの全てが珍しく、首を左右にふりながら観察していたのである。
 あるいは、

「スリッパをすって歩くな。足をキチンと持ち上げて歩け。」
「ポケットに手をつっこんで歩いちゃいかん。手を出せ、手を。」
「そこはお前らの歩くところじゃない!カーペットの貼ってないところを歩け!」

 このころになると私もすっかり慣れており、看守から注意を受けることはなくなっていた。外出だけでなく、面会のための出房が頻繁にあったからである。

五、 看守に連行されて、二階から階段を下りて、拘置監の出入口に至る。
 出入口のドアの横に壁があり、その壁の下に白い塗料で足型が描かれている。その上に立って壁に向かう。足型が壁スレスレのところに位置しているため、足型に合わせて直立すると、ほとんど鼻と眼鏡が壁にくっつく感じとなる。
 直立した後、「回れ右!」の号令で身体の向きをかえて検身を受け、それが終ると「左向け、左!」の号令で左に向きをかえ、「進め!」の号令をまって、拘置監から出ていく。
 渡り廊下を経て管理棟に向かい、取調室に入る。ここで担当看守から取調室に待機していた別の2人の刑務官にバトンタッチされる。

六、 取調室では、着衣を全て脱ぎ全裸となる。再び携帯品のチェックがなされ、脱いだ服は、金属探知器で入念に検査される。
 検査が終ると再び服を着用し、スリッパを外出用のスリッパに履きかえる。グレーのスリッパは、外出用も所内用も共に合成樹脂製の丈夫なもので、メーカー名が入っていない。刑務作業によって作られたものであろう。
 手錠をかけられ、腰縄を打たれて管理棟を出て、車に乗る。
 通常、車はワゴン車であるが、このときは、黒塗りのクラウンであった。
 後部座席の真中に座り、両側に二人の刑務官が座る。左にいる刑務官は腰縄を手にもち、右にいる刑務官は無線で刑務所と連絡をとっている。
 車は刑務所の門を出て、国道431号線を西進し、くにびき道路を左折する。このとき、無線で連絡がなされる。

「刑松(けいまつ)、刑松(けいまつ)、こちら○○号車。ただいまA地点通過。」

 刑松とは、松江刑務所のことであり、A地点とは、この十字路のことであろう。
 車はくにびき道路を南進し、県道260号線を右折する。総合体育館、マクドナルド、ケンタッキーのある四つ角である。ここで再び無線が発信される。

「刑松、刑松、こちら○○号車。ただいまB地点通過。」

 県道260号線を西進した車は、事務所の顧問先であるT歯科医院とK蕎麦店の前を通過して、裁判所の西側に位置する裏口に到着する。ここで再び無線連絡がなされる。

「刑松、刑松、こちら○○号車。ただいま現着。」

 現着とは、現場、即ち裁判所に到着したということであろう。午後1時であった。ここで車から降りる。

七、 裁判所の裏口には、腕章を巻いた裁判所の職員が三人待機している。
 私は手錠・腰縄のまま、一階の被告人控室に連行される。鉄格子のついた小部屋が5つあり、その一つに入る。
 部屋というより、檻と呼ぶべきもので、手錠・腰縄の状態で入れられ、鍵がかけられる。
 トイレは、檻の外に二ヶ所あり、用をたすときは、ドアを開けたまま、監視されながらすることになる。
 この日は、時間がなかったので、手錠・腰縄のまま檻に入れられたのであるが、6月10日の第二回公判の時には、30分程時間にゆとりがあったため、手錠・腰縄を外して檻に入れられた。しかも、備え付けのマンガ本を2冊、看守が差し入れてくれたのである。
 それは、大阪のあくどい金融ゴロを描いた「ナニワ金融道」シリーズであった。刑務官がこのマンガ本を私に手渡すとき次のように言った。

「ほら、あんたの専門書だ。」

八、 第三回公判の開廷時刻は午後一時半であった。
 その10分前に3階の31号法廷へ、50段位の階段をクネクネと登っていく。
 法廷内へは手錠・腰縄の状態で連行され、被告人席の前ではじめて解除される。
 被告人席に座り、両側には刑務官が私をはさむようにして着席する。
 この日は、組合員藤原洋次氏の証人尋問が予定されていた。藤原洋次氏はすでに述べたように、検察官永瀬昭の脅しによって嘘の自白を強いられた人であり、この日の証人尋問は重要な意味をもつものであった。
 藤原洋次氏は、法廷では一転して真実の証言に終始し、公判検事立石英生の狼狽ぶりは気の毒なほどであった。
 午後3時に5分間の休憩があった。再び手錠・腰縄を打たれ、一階の檻の部屋まで降りて行き、トイレを使う。

九、 この日の法廷は午後4時20分に終った。起立をして礼をし、再び手錠・腰縄で法廷を後にして、一階の檻の部屋に入る。
 通常は、檻の中に入って迎えの車が来るのを待つが、この日はすでに車が来ていたため、檻に入って待つことなく、直ちに車に乗せられ、刑務所に向った。
 往路と同じ道筋を通り、同じ無線連絡がなされ、刑務所に着く。
 刑務所の鉄の大扉が開き、車が入っていく。
 車から手錠のまま降りたところで、待機していた看守に「称呼番号、名前!」と誰何されるのに答えて、「2番、山根治」と発声する。
 建物の内部の取調室に連行され、再び全裸になって綿密な検査を受ける。出るときの検査より更に念が入っている。
 スリッパを所内用に履きかえて、出房したときと全く同じ手順を経て、房に帰る。房内にはすでに夕食が用意されていた。

一〇、この日、私には一ト月ぶりの松江の街であった。車の窓ごしに街並を見ると、なつかしさの余り、思わず涙ぐんだ。涙は、私の身体をガードし、体調を調整する役割を果たしていたようである。

100 外出 (2005-06-07) . はてなブックマーク  Twitter  


関連するカテゴリー

前後のページ

2005-06-07 100 外出 .
2005-06-14 101 風呂と運動 .
2005-06-21 102 刑務官 .
2005-06-28 103 衛生夫 .

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)


このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)

[1381] Re1:100 外出 投稿者:ONO NATSUO 2008-09-19 21:28:05
Dear Mr.Yamane,

I`m a 48yrs Japanese staying in Subic Bay Free Port in the Philippines. Please understand that I`m using a shared computer in the net cafe, so I`m writing this comment in English. I have lived by my fortune, so anytime I have enough time to read your blogs.

I was surprised at your anylyses of Horie,ex-president of LD. Your anylyses are the one of profissionals` and different from many of professors`, mass media`s and TV commentors`.

But I don`t aggree at some of your opinions or viewes. For example, `Japan is one top as for Freedom,Equality,Peace`. If it`s true, why Koizumi`d gained in the election of 2005. He issued Gov`t bonds of appro.JPY190 trillion. Many wealthy Japanese including me think that soon Japan will be bunkrupt. I hold all my fortunes in the offshore. Why many JPNS still support LDP that`ll lead JPN to bunkrupcy. For that means there`s no freedom of speech at least in major newspapera and TV, esp NHK!

The Gov1t1s degt is too crazy! The minimam estimation tells ` JPY 1100 trillion.`

As for Peace, I have stayed here to protect my son, AKI,from N.Korea Nuke Crisis. Here very safe and many expats live.

But I`m always reading your blogs with many joys & interests. I had also specilizes in law in Chuo Univ. So, that makes me much more interested in your blogs.

I soon go back to Japan, then I will send you my comment again. Thank you very much for your reading this.

Yours Faithfully,

ONO NATSUO

P.S. It should be better for you to ignore the crazy who called you `Kuso-jijiji`. Coping with such a silly guy sometimes makes you `downgrade`.

P.S. The present financila crisis spreading from the USA has made concerned. I`m thinking of a new account overseas to switch the hedge.
[1387] Re2:100 外出 投稿者:山根治 2008-11-07 14:50:33
>[1381] Mr. ONO NATSUO

この“100年に1度のチャンス”を貴兄のコメントへの回答に替えます。Good Luck!

100年に1度のチャンス -1
http://ma-bank.com/item/943
100年に1度のチャンス -2
http://ma-bank.com/item/945
100年に1度のチャンス -3、以下
http://ma-bank.com/item/946

Copyright©2004-2017 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.