携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA山根治blog

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

ホリエモンの錬金術 -号外その2 . はてなブックマーク  Twitter   2005-04-19

 フジテレビ側の完敗ですね。現経営陣が自分達の目先の保身を優先させたのでしょう。
 一方のライブドアは完勝と言えるでしょうか。違います。もともとライブドア自身が、インチキ上場した上に数々のいかがわしい手段を駆使して出来上がった虚業集団ですので、新たに1,400億円以上のキャッシュを手にするからといって、単にギャンブル・ファンドがそれだけ増え、被害者が更に多くなるだけの話です。
 虚業はどこまで行っても虚業であり、真の企業になることはないでしょう。
 それにしても、フジテレビ側の経営陣にとって、今回の基本合意は本当に彼らの保身になるのでしょうか。NO!です。
 保身どころか、逆に現経営陣はとてつもなく大きなリスクを背負い込んだことになりそうです。
 このたびの基本合意の中で、ライブドアが所有しているニッポン放送株を買い取ることについては、買取価額についての問題は残るにせよ、基本的に問題はないでしょう。
 問題なのは、フジテレビがライブドアに対して、第三者割当増資の形で出資をすることです。しかも、2007年9月末まで、株式の売却をしない約束になっているのです。
 フジテレビが、440億円の第三者割当増資に応じた場合どうなるのでしょうか。
 私の試算では、フジテレビに100~150億円の損失が発生するおそれがあります。ライブドアのキャッシュの使い方によれば、損失額は更に大きくなるでしょう。
 これは単なる可能性の領域を超え、蓋然性の領域にまで入っているものです。何故か。
 私がことさら指摘するまでもなく、ライブドアは証取法に違反するおそれのあるいくつかの不審な行状を、有報、届出書、大量保有報告書等の法定書類によって、広く一般に開示しています。
 従って、フジテレビの経営陣は、それらのことを十分に承知した上で、多額の増資に応ずることになります。第三者割当増資に応じた時点では損失が発生することなど予測できなかったという言い訳は通らないでしょう。開示されている情報によってさえ、上場廃止問題に直結する蓋然性のある会社に出資することになるからです。ましてや、しかるべき権限を持った機関による実地検査がなされた場合には、あるいは、インサイダー取引、ストックオプションとか株式の交換に絡む不正、株価操作の実態などが明らかになるかもしれないのです。
 フジテレビが被るおそれのある多額の損失金については、今の経営陣は株主代表訴訟の対象になることが考えられますし、その上に特別背任罪にも問われかねません。それ以上に問題なのは、フジ・サンケイグループがライブドアの第2位の大株主になることによって、ライブドアというギャンブル・ファンドの一味になることです。
 インチキ上場をした上に、上場後は数々の無法な行ないを繰り返している文字通り犯罪集団ともいうべきライブドアの仲間になるわけですから、由々しきことです。国の手厚い保護を受けている公共性の高い企業グループが、このような犯罪集団と手を組むというのですから、一体何を考えているのでしょうか。
 フジテレビというブランドを手に入れたライブドアは、今後益々国民に多くの損害を与え、被害者を増やしていくことでしょう。
 先般の一般投資家を無視した、なりふりかまわない大量の新株予約権の発行といい、このたびの基本合意といい、顧問弁護士のアドバイスを受けて決定されたものでしょうが、オソマツとしか言いようがありません。
 大量の新株予約権の発行が裁判所によって差し止められたのは当然のことで、この点に限って言えば、ライブドアが敢行した破天荒な株式分割と五十歩百歩といったところでしょう。
 フジ・サンケイグループの経営陣は、もう少しまともな弁護士に相談を持ちかけ、アドバイスを受けるべきだったでしょうね。
 フジ・サンケイグループの中興の祖とも言うべき日枝久さんは、先般ライブドア証券が主幹事をつとめインチキ上場をさせた株式会社エフェクター細胞研究所の社長である金ヶ崎士郎東大名誉教授と同様に、ホリエモンと組むことによって晩節を汚すことになるでしょう。

 ここまで新聞報道をもとに書いてきたのですが、一応念のため、両者が4月18日付で出しているプレス・リリースをネットから引っ張り出して目を通してみました。
 基本契約の締結は確かに4月18日ではありますが、株式の受け渡しとか、増資の申込及び払込期日は1ヶ月以上先の5月23日となっており、とくに増資については、
“払込期日までに実施されるフジテレビによるライブドアのデューディリジェンス(筆者注、― 会社の実態を把握し、問題点の有無を把握するための専門家による調査)の結果によっては、当該内容は変更または本資本参加は中止される可能性があります。”
という合意内容になっていることが注目されます。(フジテレビ IRニュース:2005/04/18「ライブドアとの基本合意のお知らせ」より)
 フジテレビにとっては、全くメリットのない、それどころか、ライブドアに資本参加することによるイメージダウンは必至であり、その上に役員にとっては賠償責任とか特別背任の問題も浮上するおそれがあることは、十分に承知した上でなされた“時間かせぎ”かもしれませんね。よく調べてみたら“まずい”ということで、資本参加を中止することができるのですから。
 ワクワクすると言って、コドモのようにはしゃいでいたホリエモンに対して、フジ・サンケイグループの三人の顔つきがこわばり、引きつっていたのが印象的でした。
 策士、策にはまる、あるいは老練な経営者がホリエモンより一枚上手だったかもしれませんね。フジテレビお得意の、ドラマのような劇的な幕切れになったりして。

 ―― ―― ―― ―― ――

 ここで一句。
“弁護士の入れ知恵丸見え少年犯” -堺、坂口隆一。
(毎日新聞:平成17年4月17日号より)
(少年犯には少年法という逃げ道があります。しかし商法には免罪符がありません。)

ホリエモンの錬金術 -号外その2 (2005-04-19) . はてなブックマーク  Twitter  


関連するカテゴリー

前後のページ

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)

TB1: 長期投資と日々あれこれ 2005-04-19 18:03:41
スキームに少し複雑なプロセスがあるにせよ、ほぼ事前に報道されていた内容通りの幕引きでした。 結果だけを見て「あの時こうしておけば。。」と言うようなことを述べても意味がないのはわかっていますが、フジは最初...

このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)

[144] Re1: ホリエモンの錬金術 -号外その2 投稿者:ライブドアはズル集団! 2005-04-19 15:49:28
山根先生!フジテレビの連中に山根先生が
アドバイスしてやって下さい!時間がない
悪党に440億与えてはだめです!
[146] Re2: ホリエモンの錬金術 -号外その2 投稿者:FL 2005-04-20 00:26:14
マスコミでは報道されていませんが、私もこの一文には
注目しています。それにネット上ではこれだけ騒ぎになっているので、
証券取引等監視委員会も動き出すかが注目ですね。

>しかも、2007年9月末まで、株式の
>売却をしない約束になっているのです。
一部報道ではライブドア側に瑕疵があった場合、
ライブドア株を売却できるそうです。
[147] Re3: ホリエモンの錬金術 -号外その2 投稿者:フジテレビも自己責任がある。 2005-04-20 01:56:03
 ライブドアが公序良俗に反する行為を行った証拠が在るのなら、ニッポン放送の株買占めの時点でフジ側がライブドアを相手取ってその証拠を指摘し、民事訴訟を起こせばよいだけのこと。なぜそれをせずに商法違反の新株予約権を発行することを強行したのか?この理由が分かりますか?
 フジテレビにも落ち度はあったはずです。中立性を欠いたコメントに疑問を感じます。
 
[148] Re4: ホリエモンの錬金術 -号外その2 投稿者:終わりのはじまり 2005-04-20 05:14:06
そうは言ってもLF株50%捕られてしまっているので、ニッポン放送を戦場にする消耗戦より、経営介入で堀江氏の首に鈴をつけた方が、フジ並びに経済界にとって得策と判断したんだと思います。 上手く逃げ切るより責任を持って監督してくれるのは他の企業にとって有難いですね。
 「想定の範囲でもいい方」と述べた堀江氏は手元資金に余裕ができて喜んでいるのでしょうが、LDはご存知の通り壮大な自転車操業です。
資本トリックも見破られ、分不相応な買収も出来ないとなれば、その内行き詰まります。

 その時どういう終わり方になるのか、じっくり見せてもらおうという気持ちです。
[150] Re5: ホリエモンの錬金術 -号外その2 投稿者:なしお 2005-04-20 09:26:17
何が虚業で、何が実業なのですか?
いかなる方法でも、株主は、儲けさせてもらえばOKです。
[151] Re6: ホリエモンの錬金術 -号外その2 投稿者:テチ 2005-04-20 10:03:38
>>150
儲かってないじゃないですか。
あ、デイトレさんね。

けっ。
[153] Re7: ホリエモンの錬金術 -号外その2 投稿者:焼豚一丁あがり 2005-04-20 15:35:02
このブログが発端になって、山根さんに危害が加わらないか、心配です。
山根さんが追及しなくても、遅かれ早かれ、ライブドアは破綻すると思います。
身に危険が及ぶようなことがあったら、日和見して下さい。
ご自愛を。
[154] Re8: ホリエモンの錬金術 -号外その2 投稿者:佐々木 隆平 2005-04-20 22:18:06
一方的な論調がなんか右翼のようだ
[156] Re9: ホリエモンの錬金術 -号外その2 投稿者:taro 2005-04-22 21:47:37
私は本当に酷い世の中になったと感じます。
マスコミがひどすぎる・・・

理想の社長:堀江ライブドア社長がトップ 東商意識調査
東京商工会議所が4月に入社した新入社員を対象にした意識調査で、堀江貴文ライブドア
社長が「理想の社長」のトップになった。「行動力」「独創性・先見性」を理由に挙げる
人が多かった。 調査は同会議所の新入社員研修に参加した中堅・中小企業345社の
835人を対象に4月4~8日に実施した。
http://www.mainichi-msn.co....
[158] Re10: ホリエモンの錬金術 -号外その2 投稿者:田中 2005-04-23 23:48:35
大変詳細なる分析、興味深く読まさせていただきました。

ここに書かれていることが本当であれば、このような会社をとても放置しているわけにはいかないと思います。
先生には分析が終了した後、ぜひともしかるべき当局に告発していただけることを期待しております。
[159] Re11: ホリエモンの錬金術 -号外その2 投稿者:真実 2005-04-24 03:04:39
山根氏のblogを読んで小生なりの結論では
フジ側がもっとまともな弁護士がついて
裁判官が株式の上場に関してや会計に詳しかったなら別に何でもない事だったのでは
ないのかな?マスコミ、特にフジテレビ、
日本放送はなぜ黙っていたのか?
取締役連中は弱みを握られて、
最初からこの筋書きで話が出来ていたのか?
[160] Re12: ホリエモンの錬金術 -号外その2 投稿者:フジテレビ・ニッポン放送万歳!!! 2005-04-25 22:42:16
 会計上の粉飾疑惑(架空取引等があること)については東京地裁・高裁の判決文の中でも触れられていますし、それらを考慮しても、ライブドアにはマネーゲームの意図はないとそこには書かれています。これらを覆すだけの反証がないからこそフジ・ニッポン放送側は裁判で敗れたのではないですか?
 結局、山根氏がここで述べられている虚業という決め付けはライブドアの経営手法が自分は嫌いだというだけの感情論に他なりません。ライブドアに明らかな法令違反があるのならフジ・ニッポン放送側は直ぐに刑事告発をすれば一番損をせずに済んだ筈です。そして告発に根拠がありさえすれば検察はすぐ令状請求・逮捕に動いた筈です。
 フジテレビには数年前の株主総会で株主間(社員株主・一般株主間)で暴力沙汰があったことが噂になっています。違法性の強い新株予約権の発行を強行しようとしたのはこれらのことを表沙汰にしたくない意図があったからではないでしょうか?
 ニッポン放送経営陣を犠牲にしてフジテレビ経営陣が自らの保身を果たすことに成功したこと。大崩れする可能性のあった企業イメージを辛うじて守れたこと、これがこの事件に関する本質的な部分に他なりません。
[163] Re13: ホリエモンの錬金術 -号外その2 投稿者:おそ松 2005-04-26 22:36:51
>160
当然フジ経営陣は、大いに問題ありですよ。テレビ屋としての創造的才能はあったのでしょうが、経営者としては最悪でしょう。
しかし、だからといってホリエモンの行為が正当化されるわけではありません。裁判所の判断は、あくまで仮処分にたいする最小限のものであって、最終的な判決ではありません。単にホリエモンの行為を即座に違法とは出来ない、というだけのものです。そして、その判断には法学界から相当な異論が提示されています。十分な審議を経た判決だったなら、違法とされた可能性は高かったとも考えられるものです。
第一、グリーンメーラーが最初から自分はグリーンメーラーですよ、と言うわけもないのです。
ともかく、ホリエモンの最終的な妥協策は、グリーンメーラーというより、より問題あるブラックメーラーとさえいえるものだったのは明白なのですから、今さらその点でホリエモンを擁護しても何にもならないでしょうね。

Copyright©2004-2017 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.