携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA山根治blog

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

ドロボウという名のゼロ金利政策 -(2) . はてなブックマーク  Twitter   2005-02-22

 家計部門から企業とか政府部門へ年間15兆円(私の推計では30兆円)ものお金が移転することを岩国さんは、ドロボウと言ったのです。
 つまり、ドロボウは企業と政府であり、被害者は家計、即ち国民という訳ですね。
 ゼロ金利が続いているこの10年間を振り返ってみますと、橋本龍太郎さん(1億円受け取ったのを忘れてしまったことで有名になりました)が消費税を3%から5%へアップし、小泉純一郎さんは、ちまちました増税に加えて、社会保険料をアップしたり、健康保険の本人負担を3割にアップしたり、濫診療の抑制と称してお年寄りの医療費の負担を重くしたりと、国民の負担は増える一方でした。
 その上、国民が頼りにしていた年金給付額を減らしたりしています。
 かつては、5千万円ほどの預金があれば、金利収入と年金とで老後の生活は安泰でした。月40万円~50万円の収入が見込めたからです。
 それが現在はどうでしょうか。金利収入はゼロとなり、年金受給額も減りました。老後の月々の収入は、かつての半分どころか3分の1位に減ってしまったのです。
 老年者だけでなく現役世代についても、収入の中で自由に使えるお金(これを可処分所得といいます)が大幅に減っているのですから、GDP(国民所得)が伸び悩むのは当然のことでしょう。

 岩国哲人さんがゼロ金利政策をドロボウと呼び、政策転換を求めたのに対し、日銀総裁は、
『デフレスパイラルを未然に防ぐ効果があった』
とし、竹中平蔵さんは、
『家計から見ればローン負担も低下した』
として、ゼロ金利政策は間違ってはいなかったと強弁しています。

 二人共どこかおかしいですね。
 まず、日銀総裁。デフレ・スパイラル-景気がどんどん悪くなることですが、本当にゼロ金利政策が景気の悪化を食い止めたと言えるのでしょうか。
 経営が事実上破綻し、まともには金利どころか借入金の元金さえ払うことのできない企業を温存させ救済することが、果して政策的に妥当であったと言えるでしょうか。疑問ですね。
 限界状況にある企業を、いわば生命維持装置によって生かしているようなもので、デフレ防止どころかむしろ経済の活性化を妨げることによって、経済全般の足を引っ張っていることにもなりかねません。
 しかも日銀の試算によってさえ、年間で15兆円ものお金が家計部門へ廻っていかないのですから尚更です。
 次に竹中平蔵さん。竹中さんは、家計のローン負担が減ったのではないかと言っています。このローンというのは住宅ローンのことでしょう。
 確かにローン金利は安くなりました。しかし、ローンによって購入した住宅の価額は、大幅な下落をしているものが多く、中には、ローンの残高が住宅の価額を上回っているケースさえあるようです。
 取得した不動産の価額が下落している状況の中で、金利負担が多少減ったからといって一体何になるのでしょうか。将来の不安を解消するのにどれほどの効果があるでしょうか。
 銀行というダミーを通じて、企業に気前よく、債務免除(元金のカット)がなされたように、個人にも債務免除でもなされれば話は別ですが。
 竹中さんは、「経済というのはコインの両面。総合的に見なければいけない」と日銀総裁を援護したそうです。この人、何を言っているんでしょうね。
 竹中さん、そろそろ日本に即した実際の経済の勉強をなさったらいかがでしょうか。
 
 ―― ―― ―― ―― ――

 ここで一句。
“メンツ捨てなぜ謝れぬミスジャッジ” -大分、春野小川
(毎日新聞:平成16年11月14日号より)
(竹中さんは政治家である前に、一応は経済学者なのですから、学者としての汚点を余り残さないように。)

ドロボウという名のゼロ金利政策 -(2) (2005-02-22) . はてなブックマーク  Twitter  


関連するカテゴリー

前後のページ

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)


このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)

[1044] Re1: ドロボウという名のゼロ金利政策 -(2) 投稿者:由紀ちゃん 2006-06-21 22:07:00
大阪府出身で日銀プロパーとしてなるべくしてなった、プリンス福井総裁。大のタイガースファンを自認し虎仙会の名誉会長を勤めていた福井総裁は、単に阪神ファンを裏切っていただけでなく国民までも裏切っていたようですね。
村上氏のファンドに投資金を預ける場合、10億円からと聞き庶民には関係ない世界だと、一体どんな人(企業)が投資してるのかしらん?と思ったことがあります。そのほとんどが海外の企業あるいは団体。
福井総裁はゼロ金利政策を国民に押しつけ、自らは当初1千万円の投資金をこの6年あまりでおよそ2倍半にしていたのです。
アンビリーバボー!!ですね・・・。

政府が瀕死の企業に12兆円もの公的資金(私達の税金)を投入する間に、国民からはおよそ304兆円ものお金がドロボーにあったと、ある学者は言っていました。
アンビリーバボー!!ですね・・・。

福井総裁は儲けたお金は慈善団体に寄付すると言っています。ってそんな問題じゃないような・・・。
こーせんかい!(ダジャレのつもり)やっぱりお辞めになられては~?
[1045] Re2: ドロボウという名のゼロ金利政策 -(2) 投稿者:由紀ちゃん 2006-06-22 12:09:56
山根先生こんにちは(^^)
昨日の私の駄コメントなんですが、12兆円もの公的資金云々から日銀試算で304兆円も国民がドロボウにあったと、テレビでどなたかが(忘れちゃってゴメンナサイ)言ってましたが、私の聞き間違いかもしれませんので、ホントかいな~と思いますしその辺コメント頂ければ幸いです。
それにしても、一生懸命貯金しても利子が0に等しいって、一生懸命お顔のお手入れしてもほとんど変化のない私のお顔と同じ・・・なんですね(涙)
[1046] Re3: ドロボウという名のゼロ金利政策 -(2) 投稿者:山根治 2006-06-22 18:09:50
>[1045]
 「ドロボウという名のゼロ金利政策-(1)」で「日銀総裁は、家計部門が毎年受け取る利子収入の減少額は154兆円(1993年から10年間の累計)に上ることを明らかにしています。」とし、私の試算としては、「少なくともこの倍の30兆円(年間)はいくと考えています。」と述べました。
 どなたが304兆円とおっしゃったか存じませんが、10年ほどで304兆円ということであれば、私の推計とほぼ一致いたします。このときの私の推計の根拠になったのは、個人の預貯金が778兆円(2004年3月末)あることで、その4%弱と考えたものです。
[1047] Re4: ドロボウという名のゼロ金利政策 -(2) 投稿者:由紀ちゃん 2006-06-22 21:36:31
>[1046]
早速のお返事有難うございました。
一般の国民は、働けど働けどザルから水が漏れるがごとく、お金は企業と政府が受け皿になっていたのですね・・・。
なんにせよ、弱き者汝の名は国民なり・・なのですね****
[1048] Re5: ドロボウという名のゼロ金利政策 -(2) 投稿者:jun7 2006-06-23 09:33:23
>>1044

http://blog.livedoor.jp/liv...

http://blog.livedoor.jp/liv...

903 :名無しさん@6周年 :2006/06/22(木) 11:32:29 ID:hmIUlj4d0
なんかこれ見ると、
就任時の前年(平成14年12月)運用実績は儲かるどころか赤字なんですけど。。(汗

福井総裁の村上ファンドへの拠出金の状況
http://www.boj.or.jp/type/r...

総 裁 記 者 会 見 要 旨
http://www.boj.or.jp/type/p...

(総裁) なぜ持ったかということについては、繰り返し国会でご説明したとこ
ろでありますが、利殖を目的にしたものでは初めからありません。もしかしたら
一文もなくなるかもしれないお金として拠出したわけです。村上ファンドという
のは非常に金を儲けるファンドであると、お金を出した時に考えたことは全くあ
りません。

20日午後、日本記者クラブで講演 日銀総裁質疑応答要旨

――村上ファンドへの資金拠出問題について、国民の声は厳しい。なぜ拠出したのか。
「1990年代は日本経済全体の閉塞(へいそく)感が強く、若い人が新しいことに立ち向かうことに尻込みしていた。
突破口を開こうという人はサポートしないといけない。デスクワークだけでなく、自分の考えに沿って動く若者をサ
ポートしないといけないと思った。村上世彰氏が官僚という立場をなげうって旅立つときに、サポートした動機は
それ以外になかった。村上氏が法令違反をしたり、逮捕されるようなことは予見できなかった。不明を恥じるしかない」

こういう発言は一切報道されません・・

福井Wiki    http://ja.wikipedia.org/wik...

確かに、日銀の政策として、国民から300兆まきあげる形になっちゃいましたけど、そうでもしなかったらあのままデフレ進行でどうなってたか想像できません。 そのすべての責任を福井のおちゃんにおしつけるのはちょっとおかしいんじゃないんすか? 竹中も売国奴売国奴言われてるけど、売国奴って言うほうも信用ならないのも事実、一連の経済政策を見るにおいらニートとしては一定の評価はあげたいと思いますが。 あと福井のおっちゃんの利殖問題だけど、別に国民に預金義務づけてるわけじゃないんだから、、もうね、アホかと。 ↑でも触れてるけど元本割れまでして、過去の実績のないファンドなんて最悪0円になっちゃうこともあるわけで、詐欺とかねw それを元本保証の銀行預金と一緒に考えるのは無理だろうと。 悔しかったら自分も投資すりゃいいんじゃないだろうか? リスクはあるけど。 みのもんたの文言なんて聞いてると、空しくなります。 村上ファンドの投資元はわかってるぶんは6割が海外の大学の奨学金だとか。 ちゃんと社会貢献してんじゃん、とか思いますた。 
[1049] Re6: ドロボウという名のゼロ金利政策 -(2) 投稿者:BP 2006-06-23 22:23:59
日銀職員心得を作ったのは福井さんだと聞く、国民がゼロ金利であえぎ、なれない利殖(株、商品など)でさらに大損。

一方国民の税金で救われた銀行は空前の利益をたたき出した。
すでにインサイダーを立件された有利な有利なファンドにたいした額じゃない1000万円のお金を預ける行為は日銀職員の心得に反しないのか?
部下がやっていたら当然自制させるべき行為、そんなことしたらインサイダー情報を与えていたともとらえられる行為。

正体見たりという感じだった。
さらに日米同時に近い利上げはせっかく株などに投資して生き残った庶民から、またぞろ資金を奪う計画かな?

みのさんはいいんじゃないか?
特権も何もないラジオパーソナリティから自力で築き上げてきた人だ。

デフレ懸念、インフレ懸念って伝家の宝刀のようにかざす権力者達。
目的は庶民からお金を巻き上げる。
堀江も村上もそいつらの使い走りだ。
[1050] Re7: ドロボウという名のゼロ金利政策 -(2) 投稿者:六郎 2006-06-24 10:03:56
>[1048]
あんたって、本当におめでたいよね!
福井総裁の言い訳を額面通りに受けとめてくれる人間もこの世の中にいるって、福井総裁も泣いて喜ぶと思うよ~ん。
村上ファンドのことにしたって、あんた全く理解できてないよ~ん。 
日銀総裁ともあろう人間が、あらゆる金融関係にアンテナ張り巡らしている人間が、国民をバカにしたような言い訳してどこまでずるいおっさんかって分からんの?
[1051] Re8: ドロボウという名のゼロ金利政策 -(2) 投稿者:小木曽正野 2006-06-24 19:35:43
 自分が投資したファンドで、いくらもうかったかが

はっきり答えられない経済オンチの男に、

中央銀行の総裁をまかせてはおけない。

 ウソばかりいって、国会と国民を愚弄し続ける総裁を

かばう政治家に、政治を任せるわけにはいかない(さかりの

ついた犬のように、放したら、今度こそ

8月15日にヤスクニへいっちまうだろうね<笑>)。
[1067] Re9: ドロボウという名のゼロ金利政策 -(2) 投稿者:jun7 2006-07-03 06:05:04
>>1049

みのってだれ? あの談合会社の社長で年収60億のおっさん? よくわかんないなぁww

>デフレ懸念、インフレ懸念と~権力者達

いや、懸念を示してるのは経済関係者で、権力者は逆じゃね? こないだのスポーツ誌で二宮のおっさんが書いてたけど、格差社会どころか貧困社会になってたごにょごにょ。 俺もそうおもうけどな。 ま、きみの気持ちもわかるけどさ。

>>1050
いや、こういう報道がまったくないことに違和感があるんですよ。

あろ、国民は馬鹿。 これは通説でしょ。

>>1051
ファンドってさ、ハイリスクハイリターンの銀行預金みたいなもんだろ。 いきなり今の利息聞かれて答えられるかよ。 しかも金利変動型で決済もすんでないんだろ?

ホラネw なんでかなぁ、少なくても学生の頃は自分より成績のいい奴に勉強で楯突いたりしないのにさ。 社会にでると急に態度がでかくなったりする。 まぁ、漏れもだけど。 そこには結構でかい壁があると思うんだけどなぁ。 ホントかどうか知らんけど、福井のおっさんは東大首席、国家試験トップ合格3回の4冠なんだってさ。 そんな奴に庶民が経済オンチだとか、総裁やめろだとか正体みたりだとか、利殖ごにょごにょだとか。 少なくとも一般庶民の何十倍も努力して勉強してきたんだろうし、能力もあるとおもうが。 庶民が理解できないだけで。 その庶民感情を刺激しないようにできるだけ弁明してたと思うよ。 なんか民主主義の限界を垣間見た気がシタス。。 

Copyright©2004-2017 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.