携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA山根治blog

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

日本の未来 . はてなブックマーク  Twitter   2005-02-01

 徳川家康が、朝廷から征夷大将軍に任じられ、江戸に幕府を開いたのが慶長8年(1603年)のことでした。
 この一・二年、江戸幕府開府400年の記念行事が、東京を中心に数多く催されたことは耳目に新しいところです。
 15代将軍慶喜が朝廷に大政奉還を決意したのが慶応3年(1867年)、260年余続いた徳川幕府は終止符を打ちました。
 それから130年余、日本は欧米先進国に学べとばかりに官民一体となって欧米諸国を目標にして突き進んできました。
 明治維新以来、欧米の近代化を理想的なものと考えるあまり、日本古来のものを軽視する風潮があったことは否めません。
 ことに、昭和20年(1945年)の第二次世界大戦終結後の60年間は、日本がアメリカの一部にでもなったかのように、ほぼ無条件にアメリカを受け入れ、いわば従属していた時期でした。
 新ミレニアム、経済面ではバブル経済が弾け、政治面ではいわゆる55年体制という与野党馴れ合いの時代が終わりを告げてから10余年。
 日本は一つの袋小路に入り込んだまま、明確な指針を得ることなく、さまよい続けています。

 少なからぬ人々が、将来に対する漠然とした不安感に悩まされているようです。政治、経済、教育等多くの分野で綻びが生じ、ゼロ金利状態が象徴しているように、この国が一つの極限状態に陥っているのは事実です。
 しかし、だからといって、一部の悲観論者の言うように、日本が破綻してしまうようなことがあるでしょうか。
 地方債を含めた国の借金が1000兆円にも達していたり、年金財政がおかしくなっていることから、国が今にも破産してしまうようなことを平気で煽り立てている人達がいるのですが、本当なのでしょうか。

 過去400年のスパンで見た場合、現在以上に大変な状況は何回もありました。日本の国は、それらを全てうまく乗り切ってきたのです。日本人の柔軟性に富む知恵と勤勉な国民性の賜物でしょう。
 小泉さんの改革路線がどのようにいいかげんなものであろうとも、いずれ落ち着くところに到達するでしょう。基本的には何ら心配することはありません。
 1億3000万人の教育水準の高い国民、500兆円のGDP、高いレベルの社会的インフラ、1400兆円の個人の金融資産、この400年間に培ってきた世界的にトップレベルにある技術水準、更に大切なのは奈良時代以来1000年以上にわたって育んできた日本独特の文化、これらのものが現在ほとんど傷つけられることなく残っているのです。

 改めて日本の棚卸し(インベントリー)をしたうえで、冷静に考えてみれば、自ずから将来が見えてくるのではないでしょうか。

 ―― ―― ―― ―― ――

 ここで一句。
“貧乏か金持ちなのか日本人” -大分、戸高章元
(毎日新聞:平成16年11月15日号より)
(所得が増えることが、はたして本当に幸せをもたらすのか、疑問です。GDP神話にかわるものを見つけ出すときが来たようです。)

日本の未来 (2005-02-01) . はてなブックマーク  Twitter  


関連するカテゴリー

前後のページ

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)


このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)

[67] Re1:日本の未来 投稿者:未来に向かって 2005-04-02 02:43:03
まったくその通りです。
新聞等はいつの時代も悲観的な事、非日常的な事が主流になります。
しかも終わり方が、何々できるでしょうか等の言い方です。
こうしよう、こうなりますとは本質的に書けないのでしょう。
この世の中8割はまともで、希望が持てる事で満ち溢れています。世界は日に日に進歩しています。やはりおかしいと思うことは是正されています。やはり、この世は希望に満ち溢れているのです。幸福感は自分自身の心のもち方なので、環境には関係ありません。
ソ連の共産主義官僚制度の崩壊の時はタンス預金が花盛りでした。また公共事業が通常2年で出来る工事が10年以上と長期化しておりました。今の日本の社会主義官僚制度と似ておりませんか。問題は硬直した官僚制度にあると思いますが。 やはりsmallガバメントを目指さないと。ソ連の崩壊のようになりそうです。
歴史から鑑みると、増税政策は止まらないのでは、行き着くところは現体制の崩壊では、それにしてはOOの改革、OOの中興とかがありませんね。本当の改革派大体1年ぐらいで劇的に改革されるのですが、クリントンの財政赤字縮小のように、まあいい国です日本は、日本に生まれてきて本当に良かった。 この日本の教育水準の高さをもっと世界に活用できないものか、もっと人材を世界に活用できないものか考えています。 竹島も北方4島も中国との争いの島も要らない。 日本には人的資源があるのでそれを活用しなければ。 ちっちゃな島なんかくれてやればよい。 ただし経済利権は共同開発が良いが。

Copyright©2004-2017 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.