携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA山根治blog

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

倉田まり子事件の真相 -その3 . はてなブックマーク  Twitter   2005-01-18

 中江滋樹氏については、服役後、いくつかのマスコミが思い出したように、「あの人は今」のような形で取り上げています。一方的な興味本位のアングルからの報道ではありましたが、中江氏自身が倉田まり子さんについて語ることはなかったようです。マスコミに対する不信感が大きかったのでしょう。
 今は亡き(と私は思っていますが)中江氏のためにも、あるいは現在芸能界を引退して家庭の一主婦におさまっている(と私は思っています)倉田まり子さんのためにも、中江氏の生の声を紹介することにします。

 中江氏が逮捕されて東京小菅(こすげ)の拘置所に収監されているとき、私達は、頻繁に手紙のやりとりをしていました。大半が、進行中であった刑事裁判の、特に経理数字に関連する打ち合わせでした。その合い間に、両親とか、幹部社員など、中江氏が気にしている人たちについても、しばしば言及がなされていました。
 倉田さんについても、申し訳ない気持ちが滲み出るような文面が残っています。
「今回の、最大の被害者の一人が、彼女だと思います。大切な、さあこれから、芸能人として、開花しようとする時に、私の事件にまきこまれ、マスコミにボロボロにされてしまったわけです。彼女には何の罪もありませんでした。・・・
 ・・・・・・
 本当に申し訳なく思っています。自由になった時には、この償いをしなければいけない人の一人だと思っています。」
(昭和61年6月4日付手紙より)

 この手紙は便箋10枚にも及ぶ長いもので、倉田さんの件に関しては、テレビ朝日のM専務が関係するプロダクションがどのようにかかわっていたのか詳しく記述されており、中江氏の無念の気持ちがうかがえます。
 中江氏は釈放後、倉田さんに会ったかどうか分かりません。ただ、手を尽くして倉田さんを捜し出して会おうとしたらしいのですが、倉田さんが会うのをかたくなに断ったと聞いています。
 どのような事情があろうとも、訳の分からないままに悪役に仕立てられて、人生をメチャクチャにされたのですから、倉田さんとしては当然のことだろうと思います。

 私は30年の会計士生活の中で、何人かの芸能界の人達と接する機会がありました。しかし、人間としての印象がいい人にはあまり出会うことができませんでした。
 ブラウン管から受けるイメージと、実際の人物との落差が大きすぎる人がほとんどで、芸能人は男でも女でも、できることならあまり会いたくない人種に属していたのです。
 倉田さんについては、中江氏のことがあるまでは、全く知りませんでした。メジャーではなかったし、私が芸能界にあまり関心がなかったからでしょう。
 初対面のとき、私は意外な思いをしたことを覚えています。芸能人特有の華(はな)は感じられたものの、いわば芸能人臭といったものがないタイプの人でした。
 お母さんと妹さんが同席し、中江氏を含めた5人の会合は東京プリンスホテルの一室でもたれたのですが、言葉の端々にお母さんと妹さんに対する思いやりが感じられ、それまでの人生を母娘3人肩を寄せ合って生きてきたことが感じられたのです。
 私自身が戦争未亡人の母によって育てられた経験があるだけに、他人事とは思えませんでした。
 その後、中江氏が同席することはありませんでしたが、倉田さんは一度も中江氏に対する恨みがましいことを口にしたことはありません。
 真正面から人生を懸命に生き抜こうとしていた彼女のイメージは、20年経った今でも消えることなく、私の脳裡に残っています。

 ―― ―― ―― ―― ――

 ここで一句。
“偽物に感動した瞬間(とき)底が割れ” -秦野、てっちゃん。
(毎日新聞:平成16年8月26日号より)
(偽物ではない本物、偽りの仮面ではない真の人間、出会ったときの喜びは格別のものですね。)

倉田まり子事件の真相 -その3 (2005-01-18) . はてなブックマーク  Twitter  


関連するカテゴリー

前後のページ

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)


このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)

[1] Re1: 倉田まり子事件の真相 -その3 投稿者:佐々木純一 2005-02-04 04:01:07
なんとか倉田まりこさんの名誉回復が出来ないだろうか?
いまから約20年以上前の昭和58年8月大阪寝屋川市ダイエー香里店の噴水で歌っていた姿を目撃した事を鮮明に覚えております。
キレイな人でした。
[2] Re2: 倉田まり子事件の真相 -その3 投稿者:山根治 2005-02-04 15:09:08
>[1]
 読者の方から、倉田まり子さんの現況について連絡がありました。
 倉田さんは、独立開業され、忙しくご活躍のようです。
 私は自分のことのように嬉しく思いましたね。彼女の誠実な人柄の故であり、世間が改めて彼女を認めたことだけで、十二分に名誉が回復されたと考えたらいかがでしょう。
[20] Re3: 倉田まり子事件の真相 -その3 投稿者:osawa 2005-03-19 14:58:45
梨本勝氏が自伝的ご本を出しておられるが、その中でも倉田まり子さんは、中江氏の愛人として7000万円の件とともに記されており、何の名誉回復もなされたはおりません。
梨本氏も「反権力だ」と、カッコいいこと書いているが、肝心の弱者救済がなされてはいないようです。
まじめに拝読したものが馬鹿か・・・・

倉田まり子さん、かわいかったなぁ。

山根さん、いいお話ありがとうございました。
[69] Re4: 倉田まり子事件の真相 -その3 投稿者:東京在住ファンその1 2005-04-04 10:09:52
こんな真相があるとは初めて知りました。
私も同じ長崎の出身の身ながら彼女のファンでもあったものです。
トンでもない報道に踊らされたと改めて反省しております。
これは是非とも彼女の名誉回復をすべきでしょう。間接的にではあれ、人生を台無しにしてしまった中江氏は一生をかけて彼女を擁護し、公の場で明らかにすべきでは?
現在、圧力を受ける様な人間もいなくなっているとのこと、真相を本にでもして発表しては? 彼女のプライバシーも保護しつつ行うべきであると思います。
[74] Re5: 倉田まり子事件の真相 -その3 投稿者:パオ吉 2005-04-06 20:19:56
マスコミって怖いですね。倉田まり子さんは、詐欺師の愛人って感じで取り上げていましたもんね。個人的に倉田さん好きだったので、この記事は嬉しく思いました。
しかし、芸能界って汚いところですね。知り合いからも聞いてましたけど、改めてそう思いました。
[187] Re6: 倉田まり子事件の真相 -その3 投稿者:CF 2005-05-07 00:44:11
ホントに問題なのは、マスコミに踊らされる日本人だよ。
真偽の確認能力がなく、すっぱ抜き記事を面白がって読み漁る。
[321] Re7: 倉田まり子事件の真相 -その3 投稿者:真相キラ- 2005-07-04 08:34:10
>[20]
今度は杉田かおるか?梨本勝氏は同じあやまちをするのか?
  真相がわからない!
>梨本勝氏が自伝的ご本を出しておられるが、その中でも倉田まり子さんは、中江氏の愛人として7000万円の件とともに記されており、何の名誉回復もなされたはおりません。
梨本氏も「反権力だ」と、カッコいいこと書いているが、肝心の弱者救済がなされてはいないようです。
まじめに拝読したものが馬鹿か・・・・

倉田まり子さん、かわいかったなぁ。

山根さん、いいお話ありがとうございました。
[423] Re8: 倉田まり子事件の真相 -その3 投稿者:印鑑持ち出した男の肩持ちには我慢ならない 2005-09-15 01:19:26
中江茂樹はあきらかに詐欺師ですよ。
働いていたから。 時期は言いませんが。

金が絡むといい人としたい人はいっぱい見ましたが、こんな所に残骸がいたんですね。
[425] Re9: 倉田まり子事件の真相 -その3 投稿者:山根治 2005-09-16 11:33:49
>[423]
 中江滋樹氏を詐欺師呼ばわりするならば、堂々と本名を名乗ったらいかがですか。グループが拡大し、社員の数も数百人規模になったときに、客の株とか金を持ち逃げした社員がかなりいましたが、あるいはそのような人達と混同しているのではありませんか。
 中江滋樹氏は、相場師ではありましたが、詐欺師ではありませんでした。私は今でも堅く信じています。
[493] Re10: 倉田まり子事件の真相 -その3 投稿者:若輩者 2006-01-25 07:37:53
山根様はご存じでしょうが、倉田まり子さんは下記の企業のカウンセラーとして独立されているようです。
私は当時のことは知りませんが、不当に潰された人が違った形で活躍されているのは嬉しく思います。

(※諸事情によりリンク先については削除いたしました。ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。 サイト管理者)
[596] Re11: 倉田まり子事件の真相 -その3 投稿者:KKK 2006-02-17 21:13:45
こんなのありました・・・・・・

「この投資ジャーナル事件では国税庁では倉田まり子(24)への投資ジャーナルからの貸付金7000万円を差し押さえている。倉田が7000万円は中江から貰ったのではなく、無償で借り受けたと主張したためである。投資ジャーナルは1億2000万円を滞納しており、その回収に国税庁が動いたのである。」http://www.geocities.jp/sho...

これじゃ名誉回復どころか5人で口裏あわせをしたとしかとりようがないです。

名誉回復なら即刻このブログを削除してほしい。
[598] Re12: 倉田まり子事件の真相 -その3 投稿者:山根治 2006-02-20 17:02:04
>[596]
 ご指摘の記事に眼を通してみました。ここに記されている中江滋樹氏と投資ジャーナルに関する情報の大半は、事実に反しています。あなたが指摘された倉田まり子さんについての記述ももちろん事実ではありません。尚、この中で、中江氏が逮捕されたいきさつについて、

「この衆人環視の中、マスコミは誰も手出しをせずに永野会長が刺殺された事件を知った、逃走中だった投資顧問会社「投資ジャーナル」の中江滋樹会長(31)は6/19朝、静岡にいると警察に連絡を入れた。
 ……(中略)……
 中江は海外へ逃亡していたが、ひそかに帰国していた。逮捕にほっとした様子だったという。」

とまことしやかに記されていますが、これはフィクションであり事実ではありません。たしかに当時のマスコミがこのようなことを書きたてていたことは私も承知しています。警視庁あたりが偽りの情報をリークし、多くのマスコミがそれに飛びついてウソの噂を広めたのでしょう。
 それにしても昨今のライブドア騒動を見るにつけて、真実の情報とガセネタを峻別する“眼”が必要のようですね。捜査当局が、スクープを狙うマスコミを利用して、もっともらしいウソの情報を流し、自分達が勝手に創り上げたストーリーに世論を誘導するのが常態化しているようですから。
[802] Re13: 倉田まり子事件の真相 -その3 投稿者:sug6 2006-05-01 00:46:50
このウエブログのことは以前から知っていましたが,今回落ち着いて読ませてもらいました。

T(彼女の本名)さんの同級生が大学で同じ学部にいたので,I駅でデビュー前の彼女に声を掛けられた話を聞いたことがあります。もちろん30年近い前の話です。

伏字にしてあるのが誰かこちらでも推測がつくので,なるほどそういうことかと思いましたしあの年の最優秀新人賞を取れなかった理由も合点がゆきました。

いまだに何か勘違いしている人も投稿しているようですが,彼女の潔白がここで明らかにされ,名誉を回復できたことは当時の一ファンとして嬉しく思います。

それにしても腹立たしいのは,芸能界を引退人の後を追いかけて本人の許可も得ずに写真を引用して(彼女の講義を受けている若い人たちには全く関係のない話でしかないのに)何の謝罪もしない週刊誌であります。これは取材に名を借りたプライバシーの侵害であり,その気になれば威力業務妨害にもなりかねないと思います。

そんなことどうでもいいのです。彼女のことは静かにしてあげて欲しい。失うものが多すぎたのだから。それが偽りない感想です。長々と失礼致しました。
[1286] Re14: 倉田まり子事件の真相 -その3 投稿者:K大学生 2006-12-13 02:12:07
こんなことを書いていいのかわかりませんが書かせていただきます。
私は大学の講義で倉田まり子さんの講義を何度か受けたことがあるのですが、今年の5月ごろ、この事件に関しての話を1時間に渡って聞きました。
記憶があいまいですが、彼女の話によると、夢は最初から別にあり、芸能界はやめるつもりだったが、上の人から引退宣言もさせてもらえず、見に覚えのない作られたスキャンダルで大変だったという話を聞いたような気がします。
また、もう私のことはそっとしておいて欲しいとも仰っていました。この言葉がここに書くことを躊躇わせたのですが。。。
[1309] Re15: 倉田まり子事件の真相 -その3 投稿者:後藤 2007-03-18 02:27:32
当時の事件のあと、デマであったということを知らずにいた一人です。こちらで真相を知り、彼女が現在活躍されておられる企業HPを拝見し、涙が出る思いです。
彼女のヒット曲「グラジュエーション」のシングルレコードをかけながら、大きな権力に振り回されながらも、生き抜いてこられた彼女の頑張りに拍手を送りたい気持ちでおります。
[1331] Re16: 倉田まり子事件の真相 -その3 投稿者:walker 2007-06-09 23:18:05
芸能ジャーナリスト・渡邉裕二のギョウカイヘッドロックhttp://holiday22.keyblog.jp...
2006年11月から引用・・・・・・
元アイドルの倉田まり子と「兜町の風雲児」投資ジャーナル会長・中江滋樹との関係は、当時、社会問題となった。
「いくら倉田が否定しても、週刊誌には、2人の関係を暴く“極秘メモ”まで出回るようになっていた。そういった状況の中で、一時は失踪したこともあった。とにかく絶好のワイドショー・ネタになったことは事実で、倉田の出演を巡っては争奪戦が繰り広げられた。中には500万円の出演料を提示したところもあったようです」。
 しかし、倉田は否定したものの、東京・目黒区中町の豪邸資金6700万円は、中江から倉田に手渡されていたことが、事件発覚から5ヵ月後になって「投資ジャーナル被害連絡センター」の調べでも明らかになった。
 「中江と倉田は、83年12月29日に東京・新宿のホテルセンチュリーハイアットで会っていた。そこで、倉田は母親の純子さんと一緒にお金を受け取ったんです。倉田親子は、その足で自由が丘の不動産会社『ミヤマ』に向かい、建物の所有者と契約を結んだ。本契約は年が明けた1月7日で、1月25日に土地・建物の登記が完了しました」(被害連絡センターの関係者)。
 確証を得た被害連絡センターでは、倉田が中江から土地・建物を贈られたもの拘わらず、「税申告を怠っていた」ことを掴み、相続税法69条の「無申告」で85年3月29日、東京地検に告発した。
 また、倉田自身も週刊誌「週刊宝石」で、「私は中江会長から7000万円を借りました」とする手記を発表、3月29日放送のフジテレビ「3時のあなた」でもインタビューに答え、中江からの借金の事実を認めた。しかし、抵当権設定や返済計画などは全く触れていなかったことから「何で、この時期に認めたのか」といった疑問も声も出た。ただ、被害連絡センターの代表でもある多賀健三郎弁護士は「借入金であれば、当センターは債務者の立場で法的手続きを取れる」と主張した。
 しかし、被害連絡センターの告発は受理されず、倉田の自宅は東京国税局の差し押さえとなった。また、逃亡していた中江も85年6月19日に逮捕された。
 一時は、借金の返済のために「芸能界復帰」を目指していた倉田は、復帰を断念、弁護士秘書などを経て、現在は「坪田まり子」の名前で「プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー」として活躍中だ。

*******************
まだこのような記事があり、まだ疑惑が解明されていませんが・・・
[1332] Re17: 倉田まり子事件の真相 -その3 投稿者:山根治 2007-06-11 17:30:06
>[1331]
walker 殿へ

 倉田まり子さんの件については、もともとスキャンダルでもなければ事件でもありませんでした。時のマスコミが寄ってたかって、あることないことを騒ぎ立ててスキャンダルに仕立て上げたというのが真相です(”倉田まり子事件の真相”その1~その3)。従って、疑惑そのものが初めから存在していないのです。
[1334] Re18: 倉田まり子事件の真相 -その3 投稿者:walker 2007-06-14 15:13:38
黒幕M氏の義理で金の出所が明かせなかったのが真相と言いますが、不動産の仲介者などもう少し第三者的な人の証言はないですかね。このブログ以外はすべて疑惑はそのままです。「疑惑そのものがはじめから存在しない」と言われても、黒幕M氏の話も作り話のようにもとれます。

倉田まり子氏は現在、坪田真理子という本名で大学生に社会人のマナーを教える人材育成コンサルタントです。本人の名誉回復というからには、本人の釈明というのも再度あるべきと考えます。

できないとなると、本人はやはり疑惑は真実で逃げ通したいと思っているとも取れますし、疑惑がなかったのなら、もっと気楽に笑い飛ばす釈明があってもよいと思いますね。(確か下着姿のツーショット写真がフライデーに出てましたが、これはいまだに私の脳裏に焼き付いています。これはどう説明してくれるのでしょうか)

色々な関係の証言が一致したときにそれは真実だと言えます。
[1353] Re19: 倉田まり子事件の真相 -その3 投稿者:Kon 2007-11-19 02:06:17
 昨日、初めてこのブログを拝見いたしました。自分自身、当時マスコミのデマに踊らされていた事を倉田まり子さんの一ファンとして恥ずかしく感じております。
 さて、このデマを信じるに足る根拠と信じておりましたフライデー創刊号に掲載された写真ですが、YouTube掲載の動画の一部に登場しております。プリントアウトした画像では中江滋樹氏はネクタイをした正装のスーツ姿、倉田まり子さんは長袖のセーター姿で、中江氏が手を回し倉田さんの肩に軽く手をのせておられます。
 奇妙に感じますのは、この画像には背景が全く写っていない、と言う事です。あたかも何もないかのように真っ白です。真正面からストロボを発光させておりますので、後ろに白い壁があれば多少なりの影が写るはずなのですが・・・一部分の切り出し画像ですので、私の勘違いかも知れません。
 当時の記者会見の模様も動画に掲載されておりますが、激しくつめよるマスコミに対し、自らの家族を守るため、凛とした態度で応対し、決して動じぬ倉田まり子さんの姿には大変感動いたしました。
 恐らくこの方はどのような職に就かれても相応の地位を築かれるだけの能力を持った方と感じましたが、事実これだけのハンデをはね返し、自ら実業家として成功を収めつつある事に対しては、本当にその努力と才能を賞賛したく思います。
 事件はもう20年以上も前の話。いまさら興味本位でマスコミが掘り返しても、既にニュースバリューもほとんど無くなっていることでしょう。
 倉田まり子さんは実業家坪田まり子さんとして本来あるべき所に戻られたようです。大成されつつある倉田まり子さんの姿をもう一度見てみたい、と言う願望はかつての大ファンであった故に捨て去り、私のお気に入りの「さよならレイニー・ステーション」と言う曲をもう一度聞きながら、静かに倉田まりこさんの成功と幸せを祈る事にします。
[1382] Re20: 倉田まり子事件の真相 -その3 投稿者:qq 2008-09-27 22:03:44
[編集] 余談
当時人気絶頂のアイドルタレントである倉田まり子は「中江の愛人で7000万円の家をもらった」などという雑誌記事が発端となり、この事件に巻き込まれていった。倉田は単独記者会見までして身の潔白を主張したが、一方的な報道が続けられたため、倉田のネガティブなイメージが定着してしまう。結局7000万円の出所については、関係者の説明で芸能プロダクションとの契約料を担保にした融資であることが明らかになり、それと共に事態は収束していった。

しかし、彼女はこの一方的なマスコミ報道により、不当に貶られた名誉が回復されることのないまま芸能界引退を余儀なくされた[1]。
[編集] 脚注
^ なおこのような不当かつ一方的な報道したマスコミや芸能レポーターのなかでこの件に関して謝罪をした者はいなかった。このため未だにこの疑惑を本当だと信じている人がいる。

http://ja.wikipedia.org/wik...
[1858] Re21: 倉田まり子事件の真相 -その3 投稿者:TK 2011-11-24 16:36:02
こういうことだったのですか。
倉田さん、本当にお気の毒でした。
当時は、石川ひとみよりも歌もうまくて、大成しそうな予感があったのに
[1862] Re22: 倉田まり子事件の真相 -その3 投稿者:なべちゃん。 2012-01-13 11:58:40
倉田まり子さんは、キャリアウーマンとして
立派に活躍しています。
本名に戻し、キャリアカウンセラーになりました。本も出しております。
[1901] Re23: 倉田まり子事件の真相 -その3 投稿者:ふたさん 2013-02-23 19:03:42
当時は、国税が脱税滞納金として、中江詐欺の被害者の会(被害連絡センター)が被害額弁済金として、それぞれ消えた7000万円の行方を追っていたんだよ。
 
上の2007年6月9日の記事を見る限り、倉田さんの言い分は、中江元受刑者から確かに7000万円受け取りました。しかし、その金は「『もらった』んじゃない、『借りた』んです」って、ことかね?
[1904] Re24: 倉田まり子事件の真相 -その3 投稿者:アイザーマン 2014-03-30 16:20:18
歌に魅力を感じて曲を手繰るうちに、朧げな記憶でしかなかった
この事件を思い出し、調べながらここに辿り着きました。
幼少故に詳しくは知りませんでしたが、マスコミの壮絶な叩きぶりに
かなり違和感を覚えたのを覚えています。
ネット上ではマスコミのビリーバーもいるようですが、実際にお会いし
た方は、身上相談に親身に返事をくれたとか、好印象な話ばかり。
それだけに叩かれたのはさぞ

倉田さんは今、別の分野で大活躍されています。
また、アイドル時代のアルバムも発売、今月、更に2枚が追加されました。
曲を聴くと実に美しい声で、すっかり魅了されてしまいました。
彼女の努力の成せる業が、状況を変えたのでしょう。

倉田さんが当時にどう向き合っているか分かりません。
しかしこれから、時代を除いて「敏腕キャリアカウンセラー」
「実力派アイドル」として評価されるこてになると思いますし、
そうあって欲しいと切に願います。
[1911] Re25: 倉田まり子事件の真相 -その3 投稿者:ナマナマ 2014-12-01 19:41:41
倉田まりこさんの 濡れ衣を今知りました。マスコミの策略lに はまってしまし。可哀想です。今は 独立して成功しているので、それだけが救いです。

Copyright©2004-2017 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.