携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA山根治blog

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

西武鉄道 銀行の責任逃れ-その1 . はてなブックマーク  Twitter   2004-11-23

 西武鉄道の上場廃止が決まり11月17日付で、西武鉄道株は監理ポストから整理ポストに移されました。
 一ヶ月程前、グループのオーナーである堤義明さんが虚偽記載の事実を公表したときから、上場廃止は十二分に予測されたことですので、東証の処分は私にとってそれほど驚くほどのニュースではありませんでした。
 しかし、私がビックリしたのは、上場廃止の通告を受けた西武鉄道の小柳皓正社長が、直ちに記者会見を開き、ジャスダック市場へ上場すると発表したことでした。唖然としましたね。

 小柳さんはこう言ったそうです、-
”上場廃止に至って非常に残念。事態の収拾に力及ばず申し訳ない。財務体質は健全。一般株主の利便性を確保するため、ジャスダックに上場する準備を始める。……
 ……会社を育てていくというコンセプトの市場なので、いいということであれば認められるだろう。”(平成16年11月17日付、日本経済新聞)
 私は、先月13日にグループの総帥である堤さんが、信じられないような寝ぼけた発言をしたことから急にこのグループに興味を持ち、数字をいじくり回してみたところ、概ねグループの実体がはっきりしてきましたので、このブログ上で10回にわたってお話ししてきました。その後どうなるだろうかとヤジ馬的に推移を見つめていたところ、またまたやってくれましたね。
 小柳さんがオーナーである堤さんの了解なしに行動できるはずがありませんので、全て堤さんの意向であると考えていいでしょう。

 たとえて言えば、-
 いいとこのお坊っちゃんが、限度を超えたワルサをしたことからお上にとっつかまった。少年院送り(上場廃止)をなんとか避けようとして、ワルサをもみ消そう(インサイダー取引)としたり、しおらしいシグサ(堤さんの全役職辞任)をしてみたり、お上に顔のきくエライ人達(経営改革委員会の委員-急遽集められた寄せ集め部隊)にとりなしを頼んだりしたものの、”事態の収拾に力及ばず”(小柳社長談)、少年院送りが決定してしまった。
 少年院送り(上場廃止)のままでは、なんとも世間体が悪いので、何とか罪一等を減じて、保護観察処分ということにしてもらって、仮出所(ジャスダック上場)させてもらいたい。
 その理由は、お坊っちゃんを支援してくれた多くの人達に迷惑をかけない(”8千人の一般株主の利益確保を最優先に”-小柳社長談-)ためであるとし、お坊っちゃんがワルサをした(虚偽記載)ことは事実であるが、お坊っちゃんそのものは、いたって心身共に健全であり(”財務体質は健全”-小柳社長談-)、更正(西武グループの建て直し)のためにも、仮出所(ジャスダックに上場)をして世間並みの活動をさせていただきたい。
-といったところでしょうか。
 まさに、ジコチュー(自己中心主義)の見本といったところで、甘えの構造は相当なものですね。

 と、ここまで書いてきて、ハタと筆が止ってしまいました。これは本当に堤さんの意向なのか、と考えると少しおかしいことに気がついたのです。
 堤さんは会見の席上、『そもそもなぜ西武鉄道を上場しなければならなかったのか私にはわからない』と放言し、大方の顰蹙をかったばかりですので、再び上場したいと言うはずがありません。
 とすると、見え透いた口実をもうけて、このようなこと(ジャスダック上場)を思いついたのは一体誰なのか?役人上がりで堤さんの単なる使用人である小柳社長が思いつくことではないでしょうし、改革案のまとめ役として担ぎ出された諸井虔さんでもないでしょう。
 上場廃止になって一番困るのは誰か、を考えてみると背後の存在が浮かび上がってくるようです。小柳社長は、「8千人の一般株主の利益確保を最優先に」と口当たりのいいことを言っていますが、本当のところは「銀行の利益確保(債権の回収)を最優先に」といったところではないでしょうか。
 どうも、いいとこのお坊っちゃんをさんざん利用して、いい思いをしてきた遊び仲間(銀行)が、お坊ちゃんの少年院送り(上場廃止)に慌てふためいて、先生(金融庁)から大目玉をもらわないために、自分達の責任逃れをしようとしてドタバタしているのが、このたびの“仰天の第一歩”のように思えてきました。
 いずれにせよ、
”西武・コクドグループの出直しは、仰天の第一歩を踏み出した。”(平成16年11月17日付、朝日新聞)と言えるでしょう。
 何がどのように”仰天”なのか、一つ一つ吟味してみましょう。

 ―― ―― ―― ―― ――

 ここで一句。
“取り合えず謝罪会見でもするか” -川越、コーちゃん
(毎日新聞、平成16年11月9日号より)
(”しおらしく頭下げても眼が泳ぎ”。“眼の先に何やら浮かぶ影法師”-アホウ松の逸笑)

西武鉄道 銀行の責任逃れ-その1 (2004-11-23) . はてなブックマーク  Twitter  


関連するカテゴリー

前後のページ

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)


このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)


Copyright©2004-2017 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.