携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA山根治blog

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

「福沢諭吉の正体」-補足4-徴兵告諭 . はてなブックマーク  Twitter   2014-12-24

 明治5年(1872)、明治維新政府は徴兵令詔書(「福沢諭吉の正体」-補足3参照)と同時に、次のような徴兵告諭を発して国民皆兵の兵制(徴兵制度)の方針を打ち出した。
「我ガ朝上古ノ制、海内(かいだい)挙(あげ)テ兵ナラサルハナシ。有事ノ日、天子之(こ)レガ元帥トナリ、丁壮(ていそう)兵役ニ堪(た)ユル者ヲ募(つの)リ、以(もっ)テ不服(ふくさざる)ヲ征ス。
 役(えき)ヲ解キ家ニ帰レハ、農タリ工(こう)タリ又(また)商賈(しょうこ)タリ。固(もと)ヨリ後世雙刀(そうとう)ヲ帯(お)ヒ武士ト称シ、抗顔(こうがん。人もなげにふるまうこと。傍若無人。-広辞苑)坐食(ざしょく)シ、甚(はなはだ)シキニ至リテハ、人ヲ殺シ、官其ノ罪ヲ問ハサル者ノ如(ごと)キニ非(あら)ス。

 抑(そもそも)、神武天皇、珍彦(うずひこ)ヲ以(もっ)テ葛城ノ国造(くにのみやつこ)トナセシヨリ爾後(じご)軍団ヲ設ケ、衛士(えじ)防人(さきもり)ノ制ヲ定メ、神亀天平ノ際ニ至リ六府ニ鎮ヲ設ケ、始(はじめ)テ備(そなう)ル。保元平治以後、朝綱(ちょうこう)頽弛(たいし)、兵権終(つい)ニ武門ノ手ニ墜(お)チ、国ハ封建ノ勢ヲ為(な)シ、人ハ兵農ノ別ヲ為(な)ス。降(くだり)テ、後世ニ至リ名分全ク泯没(びんぼつ)シ、其弊勝テ言フ可(べ)カラス。然ルニ太政維新、列藩版図ヲ奉還シ、辛未ノ歳ニ及(およ)ヒ遠ク郡県ノ古(いにしえ)ニ復ス。

 世襲坐食ノ士ハ、其禄ヲ滅シ、刀剣ヲ脱スルヲ許シ、四民漸(ようや)ク自由ノ権ヲ得セシメントス。是レ上下ヲ平均シ、人権ヲ斉一(せいいつ)ニスル道ニシテ、即チ兵農ヲ合一ニスル基(もとい)ナリ。

 是ニ於テ、士ハ従前ノ士ニ非(あら)ス。民ハ従前ノ民ニアラス。均(ひと)シク皇国一般ノ民ニシテ国ニ報スルノ道モ固(もと)ヨリ其別ナカルヘシ。

 凡(およ)ソ天地ノ間、一事一物トシテ税アラサルハナシ、以(もっ)テ国用ニ充(あ)ツ。然(しか)ラハ即(すなわ)チ、人タルモノ心力ヲ尽シ、国ニ報セサルヘカラス。西人之(こ)レヲ称シテ血税(けつぜい)ト云フ。其ノ生血ヲ以(もっ)テ、国ニ報スルノ謂(いい)ナリ。

 且(か)ツ国家ニ災害アレハ人々其ノ災害ノ一分(いちぶ)ヲ受サルヲ得ス。是故ニ、人々心力ヲ尽シ国家ノ災害ヲ防クハ即(すなわ)チ自己ノ災害ヲ防クノ基(もとい)タルヲ知ルヘシ。苟(いやしく)モ国アレハ即(すなわ)チ兵備アリ。兵備アレハ即(すなわ)チ人々其役ニ就カサルヲ得ス。是ニ由(より)テ之(これ)ヲ観(み)レハ民兵ノ法タル固(もと)ヨリ天然ノ理(ことわり)ニシテ偶然作意ノ法ニ非(あら)ス。
 然而(しかりしこう)シテ、其制ノ如キハ古今ヲ斟酌(しんしゃく)シ時ト宜ヲ制セサルヘカラス。
  
 西洋諸国、数百年来研究実践以テ兵制ヲ定ム故ヲ以(もっ)テ、其法極メテ精密ナリ。然(しか)レトモ、政体地理ノ異(い)ナル悉(ことごと)ク之(これ)ヲ用フ可(べ)カラス。

 故ニ今其ノ長スル所ヲ取リ、古昔(こせき)ノ軍制ヲ補ヒ、海陸ニ軍ヲ備ヘ、全国四民男児二十歳ニ至ル者ハ、尽(ことごと)ク兵籍ニ編入シ、以(もっ)テ緩急(かんきゅう)ノ用ニ備フヘシ。

 郷長里長(ごうちょう、さとおさ)、厚ク此御趣意ヲ奉シ、徴兵令ニ依(よ)リ民庶(みんしょ)ヲ説諭(せつゆ)シ国家保護ノ大本(おおもと)ヲ知ラシムヘキモノ也。

 明治五年壬申十一月二十八日」(句読点、改行、読み下し、注は筆者)

 以上が徴兵告諭の全文である。私はこのたび初めてじっくりと全文に目を通したのであるが、徴兵制を導入するのに何とも奇妙な屁理屈をこねたものだ。1000年以上も前の古代の軍制をひっぱり出してそれを基本とし、西洋諸国の兵制をテキトウに参考にしたというのである。ここで手前勝手な御託(ごたく)を並べているのは、天皇の下僕を装った太政官だ。
 このような、上から目線の勿体ぶった(必要以上に重々しそうにする-新明解国語辞典)物言いは、天皇を「万世一系の現人神」にデッチ上げたからこそなされたものだ。
 前回述べた徴兵令詔書と同様、この徴兵告諭もまた、「万世一系の現人神(あらひとがみ)」を自在に操って、クーデターを企てた福沢諭吉を含むごく一部の連中が、自分たちに都合のいいように、即ち、自分たちの利益に合致するように、面妖な屁理屈をこねまわしているだけである。
 徴兵令詔書も徴兵告諭も、2つのトリック、つまり、天皇は万世一系であるというトリックと、天皇は現人神(あらひとがみ)であるというトリック、この2つのデタラメが出発点となっている極めていかがわしいものだ。

 ―― ―― ―― ―― ――

 ここで一句。
”ご馳走はないというけど君がいる” -神奈川、トンボ
(毎日新聞、平成26年11月25日付、仲畑流万能川柳より)

(イヨッ!もて男。)

「福沢諭吉の正体」-補足4-徴兵告諭 (2014-12-24) . はてなブックマーク  Twitter  


関連するカテゴリー

前後のページ

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)


このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)


Copyright©2004-2017 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.