携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA山根治blog

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

天の逆手(あまのさかて)-3 . はてなブックマーク  Twitter   2013-08-27

 これまでの検討から導くことのできる結論は、
「天の逆手の所作は、ごく普通の拍手(かしわで)であり、その意味するところは、日本国の支配権を天孫に譲り与え、自らは身をひくこと」
といったところになろうか。

 伴信友は、以上の見解をもとに、伊勢物語96段の「天の逆手」について次のように解釈した。
「按(あんずる)に、こは秋は必ず逢はむと約(ちぎ)りおきつる女の云々せるによりて、男深くいきどおりけれどもせむかたなく、今はその女の心にまかせておのれは想いを絶ちて避(さく)る意もて避手(さかて)うちし趣ときこゆ[のろひをるより以下の文は、しかさかて打ちつつも、女を恨む心のふかきにえたへで、詛(のろ)ひごとを為(す)るさまなり。此ののろひごとは、詛ひ事か、詛ひ言かしりがたし]」(前掲書、P.145)
 上記の[ ]の中の説明は、かなり強引なもので、いささか説得力に欠けている。
 この点、天の逆手(あまのさかて)-1で述べたように、「古代出雲王国が恨みを残して滅亡したという伝承をもとに、「逆手」を借字とは考えず、字義通りに解釈したもの」と考えたほうがより自然であろう。

 「避(さ)く」に関連する事例として、伴信友は4つ取り上げている。
  1. 「事瑕之婢(ことさかのめのこやつこ)」(孝徳紀、大化二年三月条) 「妻(め)の為に、嫌(きら)はれ離(はな)たれし者有りて、特(ひとり)悩(なや)まさるるを慙愧(は)づるに由(よ)りて、強(あながち)に事避(ことさか)の婢(めのこやつこ)とす。」(夫が妻に捨てられたのを恨み、夫の方から離縁したようにみせかけて元妻を婢とした) (前掲書、P.144)
  2. 「避文(さけふみ)」-古事談、「避状(さけふみ)」-東寺蔵、延喜の古文書。「所領を人に譲り与ふる書」のこと。 (前掲書、P.144~P.145)
  3. 「席を譲る時に、坐っていた跡を手で叩く慣習」 「今の世の俗(ならはし)に、我居たる座(くら)を起ちて人を請(ませ)むとするに、居たる跡を手掌(たなひら)もてたたくも、我が座を人に避(さ)け譲る意なり[むかしは手拍ちたるにやあらむ]」 (前掲書、P.144)
  4. 「一本締め」
    「商人どち物の価をあらかひて後、つひに買う人の乞ふままに売り与ふるとて、手拍つ事をするも、買う人に避(さ)け与ふる意なり[此の時、買ふ人もそれに和して手拍つなり]」 (前掲書、P.146)
「物いさかひしたる人どち中直りといふ事を為(す)る時に手拍つも、もとはかたきの怒をさけて、それが心にまかせ和(なご)むるかたの人の為(す)るわざなるがごとくなれど、なべてはかたみに手拍つなる。こはおのづからしかあるべきいきほひなりかし。これら事別なるがごとくなれど、人に避(さ)けゆづる時にも手拍つならはしの、かつかつ残れるものなるべし」 (前掲書、P.146)
(この項おわり)

 ―― ―― ―― ―― ――

 ここで一句。
“森壊し「自然の森」が出来上がり” -白石、よねづ徹夜
(毎日新聞、平成25年7月10日付、仲畑流万能川柳より)

(川壊し ビオトープで お化粧し。)

天の逆手(あまのさかて)-3 (2013-08-27) . はてなブックマーク  Twitter  


関連するカテゴリー

前後のページ

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)


このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)


Copyright©2004-2018 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.