携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA山根治blog

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

勾留ノートから . はてなブックマーク  Twitter   2013-05-07

 松江地方検察庁ぐるみで私を逮捕し、口封じをしたことが判明した現在、改めて私の「勾留ノート」を読み返してみた。17年前の私が蘇る。(「冤罪を創る人々」参照)

平成8年2月16日(金) 9時すぎ検察庁に出廷。法人税法違反で再逮捕。10時9分。被疑者弁解書なるものを作成。
「全ていいがかりである。無罪。中村(寿夫)弁護士を引きつづき弁護人に。」サイン。
あのバカ検事(中島行博)め、ずっとにらみつけてやった。
“ドアをけっとばしただけで懲役をくらわせる検事なだけに、よくやるよ(「冤罪を創る人々 082 鬼検事・越山会会長・ウンコ男」参照)”
といってずっとにらみ合っていた。

平成8年2月19日(月) 2:00頃。検事取調べ。4:00終了。
「今日はまだ頭が混乱しているので話をする気にはならない」
として調書を作成せず。検事が一方的に話をして終る。
“リクルートの真藤の件、藤波の件。前者は有罪、後者は無罪。本人は全く罪の意識がない。しかしそれでも犯罪になることがある。“
 2000万円程の背任で逮捕した広島でも有名なJAの組合長(「冤罪を創る人々 083 ドイツの判例・粗製ガソリン脱税事件・手形パクリ事件」参照)の件。
“「検事が事前に話してくれたら2000万程のお金、直ちに用意してキレイにしたものを」といっていたが、後のまつりだ“。
こいつは鬼か。少なくとも普通の人間ではない。
“検察が逮捕した場合ほとんど立件する。立件したら日本の場合、99.8%の有罪率だ。有罪であろうと無罪であろうと、逮捕されたり、あるいは逮捕されないまでも立件されたら、それだけでまずその連中の社会的生命は抹殺される。再起したケースはほとんどない。(「冤罪を創る人々 075 問答」参照)”

平成8年3月6日(水) 5:30よりの取り調べは打ち切ってもらって雑談。
山根「もう力が尽きた。どうせ起訴するんだから、もう話すことはない。ただ、私の基本構想自体が誤っていたというのであれば、それはしょうがない。しかし、過去の事実をネジ曲げて(つまり虚偽の自白を引き出して)架空のストーリーを創りあげ、私を断罪しようとするなら、私は検察をうらむだろう。」
中島検事「主任がどのように判断するか分らない。しかし、自分としてはこれは評価の問題だと思っている。あのようなものが真実の売買であったかどうかということだ。それは総体的に見なければならない。」
山根「一つ言っておくがあなたは完全犯罪を暴くには、小さなことからそのきっかけをつかんでいく、と言っていたが、仮に検察が過去の事実と異なることを前提として、架空のストーリーを展開するならば、必ずボロがでることを最後に言っておく。」

 逮捕・起訴され刑事被告人となってから17年目、全く想定外の形で検察のボロが明るみにでた。検察の完全犯罪が、錦織伸行という詐欺師のような人物の一言から崩壊したのである(「やりたい放題の査察官(3)」参照)。

 ―― ―― ―― ―― ――

 ここで一句。
“子は豚児 嫁は愚妻で あんた何” -豊田、阿呆揶念
(毎日新聞、平成25年4月3日付、仲畑流万能川柳より)

(もちろん、オレ様。)

勾留ノートから (2013-05-07) . はてなブックマーク  Twitter  


関連するカテゴリー

前後のページ

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)


このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)


Copyright©2004-2018 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.