携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA山根治blog

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

マルサ(査察)は、今-④-東京国税局査察部、証拠捏造と恐喝・詐欺の現場から . はてなブックマーク  Twitter   2012-06-19

3.査察調査の開始

 平成24年3月××日午前8時30分、嫌疑者に対する査察調査が開始された。臨検捜索差押許可状によるガサ入れである。
 嫌疑者が経営する2つの店舗、嫌疑者の自宅、嫌疑者の娘夫婦の自宅、関与税理士の自宅と事務所、取引金融機関が捜索された。嫌疑者の店舗・自宅については、夕方6時に終了。
 残された差押目録謄本は合計6通。目録の枚数は26枚。査察調査の差押としては、差押物件の数が極めて少ない。
 いずれ後に詳述する予定であるが、嫌疑者にかかる押収物件が驚くほど少ないのには訳がある。もともと査察の対象になるような事案ではなかった、つまり、査察調査に着手したのがそもそも誤りだったのである。

 嫌疑者が営んでいるのは物品販売業、2つの店舗での売上は年間2億円弱。現金収入である。荒利益率は25%前後。身内経営であり、店員は全てパートタイマー。典型的な中小零細企業である。
 給料、家賃、光熱費だけで荒利益の8割以上が消えてしまい、店舗の改装もままならない。薄汚れた店でもなんとか売上が確保できているのは、立地に恵まれているからだ。
 交際費の類いはゼロに近く、爪に火をともすような経営をしている。収支バランスはプラス・マイナスゼロ、なんとか身内の生活が維持できる程度だ。
 現金預金の残高は200万円~400万円、ときには100万円を切るときもある。外部からの借入金はない。
 以上が公表(こうひょう。税務申告書に添付している決算書のこと)から読みとれる嫌疑者の経営状況である。

 2億円弱の現金収入、借入金ゼロ、現預金はゼロではないものの極端に少ない。
 2億円弱の現金収入は、商品の仕入代金として1億5,000万円弱が消えてなくなり、残りの5,000万円弱の荒利益は前述の通り経費としてあらかた消えてしまう。典型的な自転車操業である。
 しかもこの自転車操業、通常ではまずありえない。毎月の決済資金が1,500万円は必要であるにも拘らず、手許の現預金が、その10%~20%しかないことになるからだ。
 このような資金状況のもとでも経営がやっていけるのは、ごく限られた場合でしかない。例えば、フランチャイズ契約によるコンビニエンス・ストアの経営がそうだ。これなどほとんど唯一の例外といっていい。ただこの場合、事業経営とはいうものの、その実態はフランチャイズ・チェーンの一従業員の域を出るものではない。コンビニの経営者は独立した経営者(オーナー)の形式はとるものの、実際には経営の裁量権はないに等しい。部厚い作業マニュアルにがんじがらめに縛られているからだ。その上、売上金は全て本部で管理され、オーナーが手をつけることはできない。荒利益の半分(!!)は、はじめから経営指導料名目で本部にゴッソリと抜かれてしまう。つまり、オーナーとは名ばかりであり、オーナーという名の店舗の管理人にすぎない。しかもオーナーの収入たるや、時間給に換算すると、ワーキング・プア並かそれ以下だ。このような場合、手許に現預金がほとんどなくても店舗の経営はできるのである。
 しかし、通常の経営であれば相当量の手許資金がなければやっていけない。少なくとも毎月の決裁資金に相当する現預金位は常に保有していなければ安定した経営は望めない。資金繰りに支障をきたすからだ。

 現在、納税者によって申告された情報はコンピュータ処理され、異常項目がある場合には機械的にはじき出されるようになっている。嫌疑者の場合、手持資金が売上の割には異常に少ないことから自動的にピックアップされたものであろう。
 決算書を調べてみると外部からの借入金がゼロだ。しかも、毎期の申告所得はゼロであり、納税が全くなされていない。怪しい。
 嫌疑者名義の預貯金の名寄せ(全ての金融機関に預けてある名義人の預貯金を集計すること)をしてみたところ、ナント4億円もでてきた。しかも、この3年ほどで1億円以上も増えている。いよいよ怪しい。これらは簿外預金(公表の貸借対照表に載っていない預金のこと)、つまりタマリであるに違いない。
 更に内偵調査を進めてみたところ、嫌疑者が売上金を抜いている事実と架空仕入を計上している事実が判明した。脱税だ!!

 以上のようないきさつから、嫌疑者に対する強制調査が着手されたものと考えられる。
 しかし、いざガサ入れをして、嫌疑者をとっつかまえて問い質してみたところ、どうも様子がおかしい。嫌疑者の顧問税理士を呼びつけて締め上げてみてもなんだかしっくりとこない。予め想定した脱税ストーリーにぴったりしないのである。
 実は、査察が想定した「脱税ストーリー」が間違っていたのである。しかも、間違っていたことを査察調査着手の直後に、査察自ら気が付いていたフシがある。それにもかかわらず、自らの過ちを認めようとせずにそのまま突っ走った。私のケース(「冤罪を創る人々」参照)と同様だ。一度黒と認定した以上、明らかに誤りであったとしても頑として改めようとはしない。
 徴税権力、ことにマルサ(査察)は恐いものなしだ。どんなことをしようとも許されると勘違いしている。過ちがあったとしても徹底的に隠蔽し、絶対に認めようとはしない。公務員の無謬神話(「無謬神話の崩壊」参照)にこだわっているのである。犯罪企業である東京電力(「11/28講演会「闇に挑む『原発とは何か?』-福島第一と島根-」」参照)、同じ穴のムジナである経産省、両者がこの一年余り原発事故の実態を徹底的に隠蔽し、事故責任を認めようとしないのと同断だ。
(この項つづく)

 ―― ―― ―― ―― ――

 ここで一句。
“納得し納税してる者はなし” -勝浦、ナメロー
(毎日新聞、平成24年5月6日付、仲畑流万能川柳より)

(権力を振りかざして不法に税を取り立てる税務職員、それを手助けしているのが税務当局の下請機関に堕した税理士だ。)

マルサ(査察)は、今-④-東京国税局査察部、証拠捏造と恐喝・詐欺の現場から (2012-06-19) . はてなブックマーク  Twitter  


関連するカテゴリー

前後のページ

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)


このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)

[1884] Re1:マルサ(査察)は、今-④-東京国税局査察部、証拠捏造と恐喝・詐欺の現場から 投稿者:田中 2012-06-19 19:56:51
初めてコメントさせていただきます。
5月から税務調査が入り、山根治様のブログを最近拝見しています。
現在、お願いしたいと思う反面、直接ご連絡するのを躊躇っています。
実名は書いていないものの、依頼者のことを詳細に書かれてしまうのですね?
[1886] Re2:マルサ(査察)は、今-④-東京国税局査察部、証拠捏造と恐喝・詐欺の現場から 投稿者:山根治 2012-06-21 10:54:35
>[1884]

田中 殿へ

 私達職業会計人には職務上知りえた秘密を守る義務が課せられており、この義務に違反した場合には厳しい罰則規定が用意されています(公認会計士法第五十二条、税理士法第五十九条第2項)。
 従って依頼者の承諾もしくはそれに準ずるような場合でなければ個別事案の公表はいたしません。公表する場合でも、依頼者は仮名とし、住所、業種、その他依頼者が特定されないように工夫しています。決算書とか申告書についても一定の修正を施した上で公表するようにしていますので、依頼者本人と担当の公務員以外には判らないようになっています。尚、公表する個別事案については、税務職員等の公務員が犯罪行為を行った場合に限定していることを申し添えておきます。
 公務として犯罪行為を行った税務職員と検察官については敢えて実名で公表していますが、それは公益性の高い公認会計士・税理士としての「使命」(公認会計士法第一条、税理士法第一条)によるものです。とりわけ税理士は、「独立した公正な立場」に立つことが使命として規定されています(税理士法第一条)ので、申告納税制度の根幹を揺るがしかねない非行公務員の公表は、私達税理士に課せられた社会的責務であると考えています。
 現在私が相談に応じている事案は、主に査察調査とかそれに準ずる料調といった特殊なものです。あなたの場合は通常の税務調査のようですので、「間違いだらけの税務調査」を参考にしてご自身で対応なされば十分でしょう。私に相談なさるまでもないことです。私はビジネス・ドクターの中でも、救急医療に相当する事案に特化したプロフェッショナルです。

間違いだらけの税務調査
http://tax.ma-bank.net/

【参考】税理士法
第一条  税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそつて、納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命とする。
[1887] Re3:マルサ(査察)は、今-④-東京国税局査察部、証拠捏造と恐喝・詐欺の現場から 投稿者:山根さんファン 2012-06-25 20:33:11
何処の会社か解った。
山根さん、大丈夫?

恐喝と詐欺は、訴えたのかな?
[1888] Re4:マルサ(査察)は、今-④-東京国税局査察部、証拠捏造と恐喝・詐欺の現場から 投稿者:高田重一 2012-07-15 00:36:56
興味深く読ませていただいています。
よくわからないので、質問いたします。
3年で1億円以上のお金が増えたのは、なぜですか?
其処が重要な所だと思うのですが?
修正申告はしたのですか?
[1889] Re5:マルサ(査察)は、今-④-東京国税局査察部、証拠捏造と恐喝・詐欺の現場から 投稿者:山根治 2012-07-19 09:50:19
>[1888]

高田重一 殿へ

 お尋ねの点については、本文で説明する予定です。連載の途中でオカシナことを言ってきた税理士がいましたので、急遽原稿を差し替えています。こちらは7回で終了いたしますので、その後続きを掲載いたします。

Copyright©2004-2017 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.