携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA山根治blog

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

マルサ(査察)は、今-②-東京国税局査察部、証拠捏造と恐喝・詐欺の現場から . はてなブックマーク  Twitter   2012-05-29

2.マルサの取調室-その1

 平成24年4月××日、午後2時。私は、東京国税局の拠点である大手町合同庁舎3号館にいた。リョウチョウ(資料調査課による調査)の用事などでいつも通り抜ける1階の右側のゲートではなく、左のゲートから入り、エレベータで4階へ。4階のエレベータ・ホールで待ち受けていたのは、
野間田芳徳(東京国税局査察部査察第31部門査察官)
であった。
 エレベータ・ホールと廊下の蛍光灯は明かりが落としてある。4分の1位しか点いていない。薄暗い。
 廊下を50歩ほど(27m前後)歩いて施錠のついたドアを開け、窓のある2mほどの廊下に。廊下を左に折れてすぐの部屋が取調室であった。
 再び施錠のついたD-1と記されたドアを開けて取調室の中へ。6畳ほどの狭い部屋、窓がない。密室である。室内にも取調室D-1の札が張ってある。二重に施錠されているので外に出ることはできない。
 部屋にはもう一人の査察官が待機していた。
松井洋(東京国税局査察部査察第31部門主査)
である。

 この部屋はともかく狭い。椅子に座ると身動きができない。窓のない狭隘な密室、圧迫感は尋常なものではない。
 二人の査察官に税理士証票を呈示し、それぞれに名刺を渡す。税務代理権限証書は、すでに嫌疑者を通じて渡してある。ちなみにこの証書、通常の税務調査の場合には各税務署長宛にするのであるが、査察調査であるから東京国税局長宛にするように指示され、かつ備考欄に「査察調査の件について」と付記するように指示されて作成したものだ。二人は身分証明書などをチラッと見せただけで、名刺を出そうとはしない。無礼である。
 私は嫌疑者ではない。“独立した公正な立場”(税理士法第1条)にある職業会計人だ。嫌疑者の代理人として、査察調査に対して主張・陳述することを“業”としている(税理士法第2条)税理士である。公務員であるこの2人から無礼な仕打ちを受ける立場にはない。
 更に言えば用意されていた椅子である。二人が座っているのは上質の回転椅子であったのに比べ、嫌疑者と私に与えられたのは粗末な折り畳み椅子だ。その上、2人の査察官は部屋の奥でふんぞり返っている。対する私達は入口のドアぎりぎりのところに座らせられた。座る位置が差別的だ。税理士である私に対しては勿論のこと、嫌疑者に対しても、このような差別的な処遇は間違っている。
 嫌疑者はあくまでも嫌疑者であって、刑の確定した罪人ではない。無罪が推定されている一般国民である。この点では税理士である私と何ら変るところはない。
 対するこの人達は公務員である。憲法第11条で、「全体の奉仕者」、つまり公僕とされている存在だ。上から目線の対応など許されるはずがない。
 税務職員に限らず、一般に公務員のお上(かみ)意識はぬぐい難いものがある。ベッタリとこびりついて離れない。国家権力を行使する税務職員の中でも、司法職である査察官は特別の存在だ。暴力的な権力の行使が日常的になされているからであろうか、公僕意識が完全にマヒしている。私が若い頃教わったビジネス・マナーのイロハについては、次週の号外で触れる。

 私達に応対した2人の査察官は、現場の行動隊だ。デスクに陣取って、この2人を差配しているボスがいる。このたびの脱税ストーリーをもっともらしく組み立てた人物だ。
五十里秀朗(東京国税局査察部査察第31部門統括官。平成23年10月現在)
森秀寛  (東京国税局査察部査察第31部門総括主査。平成23年10月現在)
の2人である。私の事件の背後で冤罪のストーリーを組み立てて、藤原孝行査察官(当時)を操っていた大木洋(当時、広島国税局調査査察部第三部門統括国税査察官。現在、税理士。税理士法人広島経営センター代表社員、TKC全国会会員)と同様の存在だ。更にこの2人を総括しているのが、査察総括第二課である。強制調査を実施する16の部門(査察第21部門~査察第36部門)を統括し、強制調査を指揮している。この査察総括第二課の責任者は次の3名だ。
森川宣義(東京国税局査察部査察総括第二課長。平成23年10月現在)
石橋史祥(東京国税局査察部査察総括第二課長補佐。平成23年10月現在)
馬見塚武治(東京国税局査察部査察総括第二課総括。平成23年10月現在)

 以下、松井洋、野間田芳徳、五十里秀朗、森秀寛、森川宣義、石橋史祥、馬見塚武治の7名の査察官(以下、松井査察官らという)に的を絞って、これらの公務員が嫌疑者に対して、一体何を行なったのか明らかにする。証拠捏造と恐喝・詐欺の現場からの生々しいレポートである。
(この項つづく)

 ―― ―― ―― ―― ――

 ここで一句。
“きっちりと取りあやふやに使う税” -柏原、柏原のミミ
(毎日新聞、平成24年4月22日付、仲畑流万能川柳より)

(きっちりと取る? いやいやどうして、あやふやです。)

マルサ(査察)は、今-②-東京国税局査察部、証拠捏造と恐喝・詐欺の現場から (2012-05-29) . はてなブックマーク  Twitter  


関連するカテゴリー

前後のページ

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)


このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)


Copyright©2004-2017 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.