携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA山根治blog

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

大阪国税局の犯罪-暴力組織としての“資料調査課” . はてなブックマーク  Twitter   2012-03-05

 週刊ポスト(2012年3月9日号)が、衝撃スクープと銘打って『財務省・国税が極秘結成した「小沢一郎・調査班」』と題する記事を掲載した。
『ついに国家権力の中枢・財務省がなりふり構わず牙を剥き出しにした。
 2月17日、小沢一郎・民主党元代表の公判で東京地裁が検察の捜査報告書を不採用にした直後、本誌取材班は財務省中枢の不穏な動きをキャッチした。
「財務省上層部が東京国税局の資料調査課に、ひそかに小沢一郎・調査班を発足させるように指示を出した」という情報だ。
 資料調査課は通称「料調(リョウチョウ)」と呼ばれ、マルサ(査察部)と並んで税務調査に熟練した精鋭部隊。1件の調査に何十人もの調査官を集中的に投入して複雑な資金の流れを短期間で解明する能力を持ち、東京地検特捜部も汚職事件の捜査などで非公式に協力を求めることで知られる。』
『財務省にとって税務調査権を持つ国税庁は権力基盤を支える重要な「暴力装置」であり、これまでも政治家や企業、メディアに睨みを利かせてきた。「料調」が集めた有力政治家の資産、収入、関係会社の税務内容などの「極秘ファイル」は東京国税局の総務課に保管され、政局がこじれた時、財務省の政策に反対する政治家への恫喝や懐柔に利用されてきた-というのが日本の知られざる政界裏面史である。』
 料調(リョウチョウ)は東京国税局だけのものではない。全国全ての国税局に設置されている、いわば闇組織、覆面部隊だ。
 国家の税収を図るためなら、何をやっても許される、納税者を脅し上げようが、インチキをかまして騙そうが許されると思い込んでいる無法者集団である。ときには国民への見せしめのためにマスコミにリークして秘密漏洩の罪を犯したり、査察部門に回付して刑事告発にもっていく。多額の税金を恐喝した上に、マスコミを悪用して社会的制裁を加え、あるいは、納税者を刑事被告人に仕立て上げるのである。査察事案は年間200件前後、公表されていないのでよく分からないが、そのうちの3分の1強がリョウチョウからの回付事案であるとされている。
 007の殺しのライセンスならぬ、恫喝と詐欺のライセンスを持っていると錯覚している暴力組織、これがリョウチョウの実態だ。歪んだ社会正義を振りかざして、無辜(むこ)の納税者を血祭りにしてはばからない暴力犯罪集団である。

 最近、私のところにリョウチョウの被害者からの相談が急増している。国家権力を背景にした、やりたい放題の無法者集団、私のところはリョウチョウ被害者の駆け込み寺の観を呈している。

 無責任体制にどっぷりと漬かり、原発を食い物にしている文部・経産の役人(「11/28講演会「闇に挑む『原発とは何か?』-福島第一と島根-」参照)、公共工事を食いものにしている国交省の役人(「粉飾された2兆円」参照)、これらについては、すでに会計工学の観点からその実態を明らかにした。このたび同じく会計工学の視点から、徴税権力の闇の部分を抉(えぐ)り出し、覆面部隊の仮面を剥(は)ぎ取ることにした。公務という錦の御旗をかかげて堂々と犯罪行為に手を染めた、大阪国税局の9人の税務職員の実名を公表し、彼らの犯罪行為の実際を摘示する。これまで闇から闇へと処理されて表沙汰になることなく、決して真相が明らかになることのなかった闇の権力組織。その実像の一端が明らかになるはずだ。
 詳しくはこの山根治blogにおいて連載することにするが、取り急ぎ、平成24年2月29日付で、財務大臣に対して行った「非行税務職員の免職等の処分を求める請願」を開示する。国税庁長官に対しても同様の請願を行った。開示した請願においては、9人の公務員以外は仮名とし、月日についても削除した。添付資料については、目録の開示にとどめた。

ダウンロード: 非行税務職員の免職等の処分を求める請願

 ―― ―― ―― ―― ――

 ここで一句。
“歳重ね 生きる喜び 今が旬” -日進、起転再転
(毎日新聞、平成23年12月7日付、仲畑流万能川柳より)

(同感。私も間もなく70才。アラサー、アラフォー、アラ還ときて、さて古稀は如何。さしずめ、アラコッキとでも言うべきか。同年輩の加トチャンこと加藤茶さん、孫のような嫁さんをもらって喜びをバクハツさせている。ご同慶の至りである。当方ソッチの方は今一つであるが、このところ毎日が“発見”の連続だ。今まで見えなかったものが見える喜びは、何ものにも換えがたい。楽しいのである。8年前に思いついた認知会計(「認知会計の発見-冤罪を創る人々」参照)・会計工学の手法が、予想をはるかに超えた切れ味を持っていることを実感、企業会計にとどまらず、広く政治・経済・法律・歴史の分野にまで有効であることが判明したことから、このところいささか興奮気味だ。息子からは、「頭に血がのぼっている」と窘(たしな)められる毎日である。)

大阪国税局の犯罪-暴力組織としての“資料調査課” (2012-03-05) . はてなブックマーク  Twitter  


関連するカテゴリー

前後のページ

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)


このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)

[1883] Re1:大阪国税局の犯罪-暴力組織としての“資料調査課” 投稿者:川に死霊多 2012-06-14 09:59:30
http://www.youtube.com/watch?v=6x6keJGHIrI
http://www.youtube.com/watch?v=M_rtE_qsB5k

大阪国税局国税徴収官の男私怨で勝手にマルサの男になって強制捜査www

Copyright©2004-2017 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.