携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA会社案内

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

そうけんサロン交流会「原発-隠されていた真実」講演 . はてなブックマーク  Twitter   2011-08-22

 8月20日に行なわれた「そうけんサロン交流会」において、弊社主任コンサルタント山根治が講演しましたので、その旨お知らせいたします。

『原発-隠されていた真実』

※「そうけんサロン交流会」レジュメ

1.はじめに-決算が明らかにした東京電力の正体

  1. 平成23年3月期、東京電力の有価証券報告書(平成23年6月29日開示)
  2. 平成24年3月期、東京電力の第1四半期決算短信(平成23年8月9日開示)
     -異常な決算と異常な財務行動
  3. 原子力損害賠償支援機構法の成立(平成23年8月3日)
     -ほとんど審議されることなく与野党相乗りで成立したのは何故?

2.原発論議の視点

  1. 科学論・技術論
  2. 環境論
  3. 政策論(エネルギー政策)
  4. 会計工学
        歴史学    - 考古学
        政治・経済学 - 会計工学

3.原発政策の大前提

  1. 平和目的(Atoms for peace. アイゼンハワー)
  2. 原発安全神話

4.原発政策の大義名分

  1. エネルギー供給の安定性 Energy
  2. 環境適合性 Environment
  3. 経済効率性 Economy

5.隠されていた視点と大義名分


6.結論

  1. 原発は軍事施設(核兵器製造工場)であった。8つの根拠。偽りの非核三原則。
    1. 原発安全神話は当初から意図的に作られたものであること。ブラック・プロパガンダ(CIA)。原発立地を過疎地に限定。無答責の法理。事故賠償責任の免責。迷惑料としての電源三法交付金。立地自治体には麻薬的効果。
    2. 政策目的の欠如。3Eは事実に反する作り話。
    3. 廃熱利用としての原発。原発のエネルギー効率はマイナス。
    4. 原発立地・運営に不可解なカネの流れ。裏社会(CIA、フィクサー、ヤクザ)の関与。
    5. タブーとしての反原発運動。裏社会(CIA、フィクサー、ヤクザ)の関与。
    6. 原発導入の歴史的経緯。その後の政府首脳陣(主に自民党)の発言・認識。米・公文書の開示(50年)。
    7. 電力会社に対する異例の優遇措置(総原価利益上積み方式、原発事故による賠償責任の免責)。無責任経営を法的に許容。
    8. 日本は現時点で世界有数の核保有国。
  2. 原発情報は大本営発表、マスコミは大政翼賛会の広報部門であった。-3.11後一変。
  3. 1.及び2.の認識のもとで
    1. これまでの原発政策を日本国民として追認するかどうか。
    2. 今後原発政策を継続すべきかどうか。
    3. すでに保有している核物質(プルトニウム34トン (外に144トン))をどうするか。

7.参考書籍


資料


(A)東京電力 平成23年3月期決算


1.P/L(損益計算書)
勘定科目
平成23年3月末
営業収益
5,368,536百万円
当期純損失
△1,247,348百万円
(災害特別損失)
(△1,020,496百万円)

2.B/S(貸借対照表)
勘定科目
平成23年3月末
資産
14,790,353百万円
負債
13,187,875百万円
差引純資産
1,602,478百万円

勘定科目
平成22年3月末
平成23年3月末
現金預金
180,183百万円
2,248,290百万円

勘定科目
平成22年3月末
平成23年3月末
社債
4,739,625百万円
4,425,580百万円
長期借入金
1,614,384百万円
3,423,785百万円
一年以内に期限の到来の固定負債
747,606百万円
774,837百万円
短期借入金
363,643百万円
406,232百万円
借入金等計
7,465,258百万円
9,030,434百万円

※ともに平成22年12月末日以降。3.11から3.31までに2兆円の資金が積み増しされた可能性大。積み増しの理由? この時期、銀行が融資に応じた背景?

3.原発事故による損害賠償金は計上せず

4.「会社グループの財務体質が大幅に悪化し、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在」

(B)監査報告書(新日本有限責任監査法人 平成23年6月28日付)

  1. 無限定適正意見
  2. 追記情報として
    1. 継続企業の前提に重要な疑義
    2. 「偶発債務」、賠償額は原子力賠償紛争審査会が審査中。賠償額を合理的に見積もることができない。未計上。
    3. 「後発事象」、賠償額は原子力賠償紛争審査会が審査中。賠償額を合理的に見積もることができない。未計上。

(C)監査意見

  1. 適正意見
    1. 無限定 ◎ ?
    2. 限定付
  2. 不適正意見
  3. 意見不表明
 *新日本監査法人の監査意見は妥当であるか?

そうけんサロン交流会「原発-隠されていた真実」講演 (2011-08-22) . はてなブックマーク  Twitter  


関連するカテゴリー

前後のページ

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)


このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)


Copyright©2004-2017 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.