携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA山根治blog

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

中国人の正体 . はてなブックマーク  Twitter   2011-07-19

 この半年ほどの間、一人の中国人に振り回された。国税局がらみの税務の仕事を引き受けたのであるが、約束したことを守ってもらえない。ウソをついて平気な顔をしている。お金に対する考え方が全く異なっており、異星人と接しているようであった。
 それでも税務は数字であり、数字だけはウソをつかないので、なんとか国税局との交渉だけは終結することができた。しかし、仕事の達成感を得ることのできない、なんとも後味の悪いものであった。

 会計士になってから40年、中国人がらみの仕事は初めての体験だ。この初めての経験で懲りてしまった。その後、体調を大きく崩すほどのショックを受けたからだ。
 一体何が起ったのか、心の整理がつかない時に一冊の本に出会った。
 石平(せき・へい)氏の
「中国人の正体-中華思想から暴く中国の真の姿!」-宝島社
である。
 石平氏は、中国生まれの中国人だ。北京大学を卒業した中国のエリートであり、その後来日して神戸大学に学び、日本に帰化した人物である。
 従って上記の本は、元中国人による中国人論である。

 石平氏の言葉は、私達日本人にとってはにわかに信じがたい驚くべきものだ。
「中国人は自分以外の森羅万象すべてのものが、利益を最大化するために利用すべき道具と考えている。方便としてのウソや見せかけの涙はもちろん、友情や愛情、他人の善意、賄賂、騙し、恫喝、そして権力や神様も道具でしかないのだ。さらに、いざとなれば、親も女房さえも平気で利用していく。
 そしてそれらのものが一旦、利得追及の邪魔となれば、平気で切り捨ててしまう。良心など存在しない。良心は「利得」の邪魔でしかなからだ。
 ほかにも、義理や人情、プライド、美学、他人への遠慮、周囲の目といった日本人が「美徳」とするものはすべて無用の長物なのである。だから、約束は平然と破るし、ルールも自身にとって不都合であれば守らないのだ。
 中国人にとって、『神の定めたルール』に気を使う西洋人や良心や美徳を大切にする日本人の行動などは、単なるバカに映っている。
『そんなものに従って行動していても一文にもならないのに、なぜこだわるのか』
中国人は、ただただ嘲笑っているだけなのである。」(同書、P.219~220)
 氏の所論は明解だ。中国人の行動原理の中核は「利益」だというのである。お金が全てであり、全ての判断を「損得」で行うという。自分の利益に反することであれば、平気で約束も破ればウソもつく、このことについて罪悪感など全くないのだという。氏の簡明直截な所論は、私達普通の日本人にとっては、まさに、あっと驚くタメゴロウである。

 更に、石平氏が、私達日本人に対してパラドクシカルな提言をしているのも驚きだ。
「中国人と付き合っていく最善の方策は、できるだけ彼らと付き合わないことである。付き合えば、いずれ損をするのがオチである。たとえそうならなくとも、中国人と付き合っているだけで、多くの日本人は神経をすり減らしてストレスを感じているはずだ。」(同書、P.221~222)
 このように石平氏は原則的な提言をした上で、経済のグローバル化が進んでいる今、中国人とまったく付き合わないのは不可能だとして、次善の策を提言する。
「一定の距離を置き、あまり深入りしないほうがいいだろう。そして、中国人と付き合う際は、日本人も善意や良心といったものを捨て、中国人に対抗するしかない。
『毒を持って毒を制する』という中国の言葉があるように、彼らの『毒』である行動原理で接するのが一番の得策ではないだろうか。」(同書、P.222)
 羹(あつもの)に懲りて膾(なます)を吹く、私は石平氏の言葉に従って、今後中国人がらみの仕事は原則として引き受けないことにした。

 ―― ―― ―― ―― ――

 ここで一句。
“罰ゲームなのかとメーク見て聞かれ” -相模原、水野タケシ
(毎日新聞、平成23年7月6日付、仲畑流万能川柳より)

(芸のためなら何でもござれ、下着衣装は序の口で肉の衣を身にまとい、パンダルックのレディー・ガガ。彼女の奇抜なふるまいの裏にある素敵な人柄と人生観、SMAPとのコラボ(「Lady Gaga and Smap Smap (Offical) レディー・ガガ」参照)とNHKによるインタビュ-(「NHK「かぶん」ブログ| "世界の歌姫"レディー・ガガ 単独インタビュー」参照)を見て脱帽。)











中国人の正体 (2011-07-19) . はてなブックマーク  Twitter  


関連するカテゴリー

前後のページ

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)


このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)

[1845] Re1:中国人の正体 投稿者:CHRD 2011-07-21 23:02:44
支那人の方の性質については本やWEB上でいろいろ出ていて
先生も耳にされたり、目にすることもあられたろうに、と
思うのですが
『私にとってはにわかに信じがたい驚くべきものだ』
との感想は、自身で経験しない限り支那人の方の性質につ
いて日本人が納得し共有することはない、という事実を裏
付けるものなのでしょうね。

そこでお考えいただきたいのは、『にわかに信じがたい』
支那の方の性質についてどういう風に説明すれば我が同胞
に膾炙していくでしょうか。
先生はどういう風に説明されていれば
『にわかに信じがたい』
大陸の方の性質を事前に受け容れることができたのでしょう。
[1846] Re2:中国人の正体 投稿者:ヒロ 2011-07-25 02:26:45
私は日本に来ている中国大陸からの就学生100人くらいと2年ほど日々接した経験があります。その経験から中国人の日本人との違いを感じてはいますし、かなり違うとも感じてはいますが、言えることは彼らも多様であり、人間全般に共通するように、文化とは別にいわゆる合う合わないといった個性の違いがあるということです。つきあいやすい中国人もいました。私は全国の日本人ともつきあうなかで、例えば、中京圏、愛知や名古屋地区の人間はかなり東京人とは違うとも感じています。また、ITバブルの頃はライブドアの堀江氏も老舗の大企業の経営者ともかなり違うとも感じました。山根さんのおつきあいのあった中国人は税務で知り合うほどですから、経営者レベル、かなりお金にうるさい人なのだろうと推察します。中国人は日本の憲法とはかなり違う規範の国家で育っています。表現の自由や個人の尊厳、民主主義というものが与えられていません。私も中国人の何たるか、それは巨大国家であるので育った地域によってもかなり違うのでしょうが、国家が人権をまだまだ与えていませんから、朋友でなければ、人を疑う傾向があるのだろうと考えています。
[1847] Re3:中国人の正体 投稿者:東京在住者 2011-07-26 11:18:20
私の中国人の見解
山根先生の体験された事案を理解できます。
私も同様な体験をしています。今も継続中です。
日本人が全てに無防備で、何となく、理解し合っているいるだろうと
勝手に思っていると結果はそうでない。
彼らが尤もな、なるほどと言う理屈並べる説を真に受けるとその結果思っていたことと違っていた。自己表現力が日本人とくらべ、かなり優れていると度々感じる。
親族となった、日本に帰化した息子の嫁との日常生活から感じていることです。
しかし、彼らにとって日本はやはり良い国なのでしょう。中国の高級官僚でった両親が帰化を許すことからして。
心して、お付き合いをすればいいのですが、日常の理屈には閉口することもある。
親族が中国から、ビジネスをする場合は契約はあっても、彼らに有利な場合はまもられるが、不利となれば理由を並べ誘導されてすまう。
これは小ビジネスでも見受けられるじれです。
国と国の関係を見れば、最近の新幹線特許や日本の機械を輸入して分解し、特許権を侵害して、模造品を造る。お手のものである。
日本人も中国の文字を輸入して、自国のものにしたでしょう。と言うように切り替えしてくる。怒るにに怒れない話しです。ごもっとも。
十数億の民を相手にするのだから、心して付き合い、飲み込むものは飲み込み知恵ある日本人になる必要があるでしょう。
彼らが日本はいい国だと思っているうちに上手にお付き合いをする必要があるようです。
日本人は無防備です。握手を含め日常生活に体の触れ合いのない生活をし、あうんの付き合いをしているが、中国行くと紹介を受けると最初の挨拶はおじぎではない。握手から始まる。
アメリカに言っても同じだ。アメリカは契約社会だが、中国は考えもので、利用ばかりされないよう、何時も有利な立場で望む必要がある。
日常、感じていることを投稿しました。

Copyright©2004-2018 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.