携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA山根治blog

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

「スケコマシ」考 -その2 . はてなブックマーク  Twitter   2004-09-21

 広辞苑の説明では納得できませんので、我が家にある一番デッカイ“日本国語大辞典”(小学館)にあたってみました。これには、
“スケコマシ”-「女をものにすることをいう。てきや仲間の隠語。(隠語全集)」
とあり、もともとテキヤ(大道商人)仲間の言葉であったことまでは分かったものの、広辞苑と五十歩百歩で、どうも今ひとつピンときません。

 それではと、新明解さんをひいてみたところ、スケコマシはなかったものの、スケ(助)の項目の中にそれらしき説明を見つけることができました。
“スケ(助)”-「[やくざ仲間などで]情婦の称。[広義ではカモになる女性を指す]」

 スケ(助)とは、「カモになる女性」のことだというのですね。カモをわざわざカタカナで記し、スケの意味の一つを、自信をもって「カモになる女性」であると言い切っている以上、必ずや自らも「カモ」の意味を説明しているに違いないと考えて、カモの項目をひいてみました。ありましたね。
“カモ(鴨)”-「御(ぎょ)しやすい相手や、いいもうけの対象として利用される相手。」

 ここまできて、私のイメージする「スケコマシ」像が明確な言葉として表現できそうになりました。
 つまり、スケコマシのスケとは女性のことで、しかも男に貢いでくれる女性を指すようですし、コマシとは、コマス男のことで、コマスとはやっつけるとか、征服するというほどの意味を持っている俗語であるようです。
 従って、スケコマシとは、女性に身体だけでなく金銭をも貢がせる男、ということになるのでしょう。
 プレイボーイのように、自分から女性に奉仕し、貢ぐイメージもなければ、女たらしのように、美貌を武器にして女性をものにしていくといったイメージもありません。
 風采の上がらない、決して二枚目とはいえないプータローが、ハイソでセレブな女性をゲットして少なからぬ金銭を貢がせる、-これは誰にでもできることではなく、ことの善悪をしばらく措いて考えてみれば、匠(たくみ)の技とでも言えるかもしれません。

 スケコマシS.S氏が一人の女性を伴って私の前に現れたのは、女性の親族の税務相談のためでした。
 当初は、S.S氏がスケコマシで、その女性がスケであることなど知りませんでしたので、余りに不釣り合いな二人に不自然さを覚えただけでした。
 その後この二人と何回か会い、またS.S氏を紹介してくれた中江滋樹氏から詳しい話を聞くに及んで、二人の関係が分かってきました。

 この女性は二十歳半ば過ぎの独身で、日本の名門といわれる一族の後継者でした。祖父は、政治の世界で大臣までやった著名な人物で、ある金融機関の創設に携わり、長い間そこの代表をつとめ、その代表の座はその女性の父にバトンタッチされていました。
 祖父はまた、現在は世界的な会社になっている有名企業の創立者の一人で、大株主でもありました。
 その女性は、美人とは言えないまでも十人並の器量で、決して資産家のパープリンなどではなく、かなりのインテリジェンスの持ち主でした。

 この女性は、S.S氏の3人のスケの一人で、彼女がどれだけのものを貢いだのかは分かりません。おそらくは億単位のものであったろうと思われます。
 S.S氏は、軽薄とか浅薄という言葉で形容するしかないような人物でしたが、どこか憎めないキャラクターを持っていました。今、彼が元気であれば、五十歳半ば位でしょう。どこで、どのような暮らしをしているのか興味がありますね。

 ―― ―― ―― ―― ――

ここで一句。
“名の通り秘密あるから秘湯なの”-長野、小言居士
(毎日新聞:平成16年9月3日号より)

(天下の秘湯、白骨温泉が入浴剤を入れていたことから大騒ぎになりました。スケコマシにも、入浴剤ならぬ秘技といったものでもあるんでしょうね。)

「スケコマシ」考 -その2 (2004-09-21) . はてなブックマーク  Twitter  


関連するカテゴリー

前後のページ

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)


このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)


Copyright©2004-2017 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.