携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

MA山根治blog

フォレスト・コンサルタンツ
icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

『疑惑のダム事業4,600億円』-八ッ場ダムの費用対効果(B/C)について -4 . はてなブックマーク  Twitter   2009-12-01

Ⅵ.(追記)カスリーン台風について


(1)八ッ場ダムの建設のそもそものきっかけは、昭和22年のカスリーン台風によって関東一円が甚大な被害をこうむったことであった。カスリーン台風クラスによる被害をできるだけ食い止めることがダム建設の大義名分とされた。(*11 『八ッ場ダム:事業の経緯』国土交通省八ッ場ダム工事事務所
 平成20年再評価においても、事業の目的・必要性欄のトップに洪水調節(利根川流域の洪水被害軽減)が掲げられており、
“昭和22年9月のカスリーン台風では、利根川の本支川で堤防が各所で破堤し、氾濫流が東京都葛飾区等都心部まで達し、死者1,100人という甚大な被害が発生。”
したことが特記されている。

(2)しかし、このカスリーン台風が八ッ場ダム建設の大義名分とされたことについては、このところ雲行きが怪しくなっている。国交省自らが、
『カスリーン台風が再び襲ってきたとしても、八ッ場ダムの治水効果はほとんど期待できない』
ことを明らかにしたからだ。

 まず、国会の予算委員会(平成17年2月25日。*12)において、日本共産党の塩川鉄也議員の質問に対して、政府参考人として答弁した清治真人国交省河川局長が、
『カスリン台風の形のものについては、大きい効果は見込めないという結果になっております。』
と、驚くべき発言をしている。当事者らしからぬアッケラカンとしたものだ。
 塩川議員は、この発言を受けて、
『もともと八ツ場ダムをつくる理由の一つとして、治水の問題についてはカスリン台風の話がさんざん言われてきたわけですよ。ですから、カスリン台風みたいなものが来れば八ツ場ダムが大きな役割を果たすんだと言われていたのが、実際、国土交通省からいただいた資料を見れば、カスリン台風洪水に対応しての八ツ場ダムの洪水調節効果はゼロなんですよね。』
と、補足・敷衍している。

 次に、石関貴史代議士(民主党)が平成20年5月27日に提出した質問主意書(*13)に対して、福田康夫総理が同年6月6日に議会に対して出した答弁書においても、事実上、
「カスリーン台風と同じ降雨パターンでは、八ッ場ダムに治水効果はない」
旨の回答がなされている。

 更に、治水効果がゼロであることは、B/Cの計算プロセス(様式3)でも明らかにされている。(様式3)のうち、昭和22年9月カスリーン台風による大洪水の降雨パターンによるシミュレーションを集計し、実際の被害額を示したのが(表5)である。
 (表5)によって判明することは、1/3から1/10までの流量規模では、事業を実施しない場合と実施した場合との被害額の開差がゼロであり、更に一ランク上の流量規模である1/30でさえ、その開差はわずか3,800万円でしかないことだ。
 カスリーン台風の実際の被害額は3,801億円(平成20年換算。表2)であり、この値は、1/5の959億円と1/10の1兆8,783億円の中間に位置している。カスリーン台風の被害規模をはるかに超える1/10の規模でさえ開差がゼロ(治水効果が全くないこと)であることは、八ッ場ダムをつくってもつくらなくても、治水の上では全く関係がないことを意味する。

 以上のことは、最近になって国交省が明らかにしたことではあるが、真実は、八ッ場ダムが計画された57年前、1952年の当初から、国交省(当時は建設省)は治水効果がないことを認識し把握していたと思われるデータが存在する。
 それは、カスリーン台風の降雨パターン(地域分布・時間分布)(表6)だ。(表6)によれば、八ッ場ダム予定地より上流の吾妻川流域にはさほどの雨量が記録されておらず、豪雨が集中したのは専らダム予定地よりも下流であることが示されている。予定地にダムをつくったとしても全く意味がないということだ。
 カスリーン台風の降雨状況の詳細は、ダム計画の作成にあたった当時の建設省は当然のことながら知悉していたはずである。仮にダムをつくったとしても、カスリーン台風の再来には全く治水効果がないことを十分に知った上で敢えてダム建設を計画し、着工したということだ。悪質である。
 初めにダム建設ありき、といった図式であり、大義名分として偽りの理由を加えただけのものではないか。
(この項おわり)



資料: (表5)カスリーン台風による大洪水の降雨パターン別シミュレーション

A.事業を実施しない場合 (②【S22.09.13洪水: カスリーン台風】) 単位:百万円

流量規模
1/3
1/5
1/10
1/30
1/50
1/100
1/200
A
0
0
0
1,366,362
1,561,518
1,776,095
2,105,826
B
0
0
1,239,918
2,064,370
2,392,084
2,776,750
3,518,042
C
0
0
0
0
0
721,204
1,028,828
D-1
0
0
226,134
404,159
476,973
546,622
686,888
D-2
0
144
2,688
10,616
11,645
23,065
63,717
E
0
0
0
6,102,027
8,458,239
22,976,091
33,443,466
F1
0
0
0
0
0
0
1,824,920
F2
0
0
0
2,100,137
2,585,621
3,092,733
3,887,497
F3
0
95,743
276,513
505,644
594,453
723,051
947,138
G
0
2
133,058
228,515
288,170
394,432
593,638
H
0
0
0
194,185
265,081
335,898
430,607
I
0
0
0
78,046
107,026
128,629
162,634
合計
0
95,889
1,878,311
13,054,061
16,740,810
33,494,570
48,693,201

B.事業を実施した場合 (②【S22.09.13洪水: カスリーン台風】) 単位:百万円

流量規模
1/3
1/5
1/10
1/30
1/50
1/100
1/200
A
0
0
0
1,366,362
1,561,518
1,776,095
2,104,107
B
0
0
1,239,918
2,064,370
2,388,637
2,775,801
3,499,700
C
0
0
0
0
0
721,204
1,021,079
D-1
0
0
226,134
404,158
476,541
546,393
685,142
D-2
0
144
2,688
10,616
11,645
23,065
63,717
E
0
0
0
6,102,027
8,458,239
22,976,091
33,443,466
F1
0
0
0
0
0
0
1,806,521
F2
0
0
0
2,100,137
2,570,768
3,091,834
3,851,355
F3
0
95,743
276,513
505,607
594,306
717,677
941,175
G
0
2
133,058
228,515
287,892
390,789
592,907
H
0
0
0
194,185
265,081
335,898
430,607
I
0
0
0
78,046
107,026
128,629
162,634
合計
0
95,889
1,878,311
13,054,023
16,721,653
33,483,476
48,602,410

A.とB.の開差

流量規模
1/3
1/5
1/10
1/30
1/50
1/100
1/200
開差
0
0
0
38
19,157
11,094
90,791

※『平成20年度八ッ場ダム建設事業再評価-4回目:費用便益分析に関するバックデータ』国土交通省の様式-3より作成


資料: (表6)カスリーン台風の降雨パターン(地域分布・時間分布)

20091201-image004.jpg
『平成20年度八ッ場ダム建設事業再評価-4回目:事業評価監視委員会公開資料』国土交通省4ページより

20091201-image006.jpg
(注)カスリーン台風の降雨パターンは、S22.9.13の図。
『平成20年度八ッ場ダム建設事業再評価-4回目:事業評価監視委員会公開資料』国土交通省24ページより


<出典>

*11 『八ッ場ダム:事業の経緯』国土交通省八ッ場ダム工事事務所
www.ktr.mlit.go.jp/yanba/ke...
*12 『第162回国会 予算委員会第八分科会 第1号(平成17年2月25日(金曜日))』衆議院
www.shugiin.go.jp/itdb_kaig...
*13 『第169回国会 432 八ッ場ダム問題に関する質問主意書』衆議院
www.shugiin.go.jp/itdb_shit...

 ―― ―― ―― ―― ――

 ここで一句。
“俺たちは無識者ということになる” -福岡、只乃愚痴。
(毎日新聞、平成21年10月25日付、仲畑流万能川柳より)

 読者の句を一首。
“有識者おたがい無知の紙芝居” -由紀ちゃん。

(シノペのディオゲネスに倣って、有識者、昼行灯で捜し出し。)

『疑惑のダム事業4,600億円』-八ッ場ダムの費用対効果(B/C)について -4 (2009-12-01) . はてなブックマーク  Twitter  


関連するカテゴリー

前後のページ

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)


このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)

[1744] Re1:『疑惑のダム事業4,600億円』-八ッ場ダムの費用対効果(B/C)について -4 投稿者:通りすがり 2009-12-02 01:07:29
http://swinglike.ojaru.jp/
上記URLより辿り着きました。

非常に興味深く、楽しく、また示唆に富む素晴らしいサイトですね。これかも読ませていただきます。

更新を心待ちにしております。
[1745] Re2:『疑惑のダム事業4,600億円』-八ッ場ダムの費用対効果(B/C)について -4 投稿者:CHRD 2009-12-04 00:17:47
以下のような論考をされておられる方もいらっしゃいます。ご参考まで。

http://www.avis.ne.jp/~cho/...

反対派が意図的に流す情報が無批判に信じられている。例えば、“治水効果はないと、
昨年6月福田内閣時に、国会答弁で国交省側がそれを認めている”というのがある。

 群馬県の住民らが八ツ場ダムに関連して群馬県知事と群馬県企業管理者を訴えてい
た裁判の判決が今年の6月26日に出ている。その判決文の一部を次の《 》に示す。

《本件で問題にすべきは、「カスリーン台風と同程度の規模の台風」が「利根川上流
部のいずれかの地域」を通過した場合における八ッ場ダムの治水効果の有無であって、
進路等を含めてカスリーン台風と同一の台風が襲来した場合の治水効果を問題としてい
るわけではない(そのような極めて限定的な仮定に基づく議論は、様々なケースを幅広
く視野に入れて実施すべき災害対策において、意味が乏しい。)。したがって、カスリー
ン台風そのものが再来した場合に八ッ場ダムの治水効果がゼロであったとしても、その
ことから直ちに八ッ場ダムが治水上不要であることはできない。そして、降雨のパター
ンによっては、八ッ場ダムに治水効果が認められることが、原告らが引用する…国土交
通省の試算によって明らかであり、…》

 つまり、カスリーン台風そのものが再来した場合に八ッ場ダムの治水効果がゼロであ
るが、実際に起こり得る様々なケースを幅広く視野に入れると治水効果は認められるの
である。尤も、昨年の政府答弁書の説明が必ずしもこれほど明確でなかったきらいはあ
る。しかし裁判で明確に指摘されたのであるから、未だに “治水効果はないと、国会
答弁で国交省側がそれを認めている”とするのは、為にする言掛かりである。
[1795] Re3:『疑惑のダム事業4,600億円』-八ッ場ダムの費用対効果(B/C)について -4 投稿者:ダムはムダ 2010-08-01 23:34:30
 こんな論考に説得力を感じてしまう人もいるのでしょうね。

 この論考の主とは長尚氏で、信州大学工学部教授だった人です。
 裁判官が八ツ場ダムの治水効果があると言っているのだから、治水効果を否定すべきでないと言っています。
 長氏は、一方で「もちろん裁判で真実がすべて明らかになるとは筆者も思っていない。」とも書いています。
 裁判で真実がすべて明らかになるとは思っていないが、ダムの治水効果は裁判で明らかになるというわけです。
 裁判で明らかになる問題とならない問題を区別する基準が書かれていません。書かれていない以上、恣意的で支離滅裂な議論であり、これこそ為にする議論です。
 そもそも真実を述べるのに裁判所の権威を借りる者に科学者の資格はないと思います。科学者は虎の威を借るタヌキのような真似はしないでしょう。

 また、行政訴訟で原告が敗訴したから原告の主張が間違いであるという議論も行政追認になりがちな行政訴訟の実態を無視した妄言です。裁判官の心理をまるで無視しています。

 筑波大学の長照二教授がデータをねつ造して論文を書いたとされて、懲戒解雇されたことを争った裁判で、今年、原告が敗訴しました。
 長尚氏は,原告が敗訴したのだから、データのねつ造はあったと言うのでしょうか。控訴審で控訴人が勝訴したら、今度は、ねつ造はなかったと言うのでしょうか。

 昨年6月に群馬地裁が八ツ場ダムに治水効果があると言った理由は、国土交通省の試算がそうなっているからということです。科学的に検証したわけではなく、裁判所の権威でお墨付きを与えただけです。

 「実際に起こり得る様々なケースを幅広く視野に入れると治水効果は認められる」という長氏の主張は、確率を無視しています。
 左回りの台風が関東地方を北上したら、雨雲は榛名山と赤城山にぶつかって大雨を降らし、八ツ場ダムの建設が予定されている吾妻川には大雨が降らない確率が高いのですから、「「カスリーン台風と同程度の規模の台風」が「利根川上流部のいずれかの地域」を通過した場合」には、八ツ場ダムが効果を発揮するようなケースは滅多にないと考えるべきです。
 
 政府は、過去の31洪水をカスリーン台風と同程度の降雨量に引き伸ばした場合の計算結果では、そのうち29洪水で八ツ場ダムは洪水のピーク流量に対する調節効果を有していると言っていますが、1m3/秒とか4m3/秒といったわずかな調節効果しかない洪水も含まれているので、「29洪水という数字に意味があるわけではない」(2008年11月19日八ツ場ダム訴訟(東京裁判)原告最終準備書面p110)のです。
 上記最終準備書面によれば、31洪水のうち引き伸ばし率が2倍以下に収まるのは12洪水だけで、そのうち八ツ場ダムが意味を持つのは1959年9月洪水だけだというのです。
 群馬地裁の判決がどう言おうと、八ツ場ダムの治水効果はほとんどの場合認められないのです。
 裁判所の権威を借りて、為にする議論をしている人がいるということです。

Copyright©2004-2017 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS v3.65.