Top>
緊急告知!!“緑税務署長が1億円を強奪しようとしている”-⑤
17-10-03
 平成29年9月7日、犯則嫌疑者Aさんから、周章狼狽(しゅうしょうろうばい。大いにあわてふためくこと、-広辞苑)した声で電話がかかってきた。9月7日といえば、梅田直嗣・緑税務署長が送り付けてきた「督促状」に記されている1億円の納付期日だ。
『やっぱり差押えがされました。私の預金が自由にできないんです。一体どうしたらいいんでしょうか。』
 預金が差押えされたと言ってオロオロしている。理屈の上ではあり得ないことが現実に起きたのであるから、文字通り一大事である。ゆっくりと話を聞いてみると、次のような次第であった。
“会社の者が、毎月の給与等の支払のために銀行へ行った。Aさん分を含めた4人分である。会社の預金口座からお金を引き出し、4人分の振込依頼書を作成し、預金口座振替の手続きをとった。Aさん以外の3人分はスンナリ送金できたが、Aさんの分だけは、
 エラーのため振込中止
とされ、返金された。”
というのである。
 これまで馴染んできた取引銀行が、会社のオーナーであるAさんへの送金を差し止めたのである。君子豹変(くんしひょうへん。(態度・意見などが)がらりと変ること。-新明解国語辞典)である。
 この日は、緑税務署長が1億円の納付期日としている日であり、差押えが予告されていた日であった。差し止めるに至った理由が、どのようなものであろうとも尋常なことではない。
 私はAさんに対して、エラーとはどのようなエラーであったのか、そのエラーはいつからいつまで続いたのか明らかにするために、銀行の支店長宛の文書を作成して、文書による回答をお願いするように勧奨した。
 ○○銀行××支店長宛の文書は次の通りである。
○○銀行 ××支店長様
平成29年9月12日
 平成29年9月7日木曜日、午前10時30分過ぎ、弊社Bが、弊社の役員報酬の振込をするため、御行に行きました。
 弊社の代表取締役Aほか、三名の振込をお願いしました。A以外の三名の振込はいつも通り、問題なく手続きして頂きましたが、Aの分だけ、コンピューターでエラーが出るということで、振込が出来ませんでした。
 振込依頼書を見せて頂きましたが、コンピューター印字でエラーと書かれていました。
 その後、振込せずに返金という形をとって、その日は振込しませんでした。
 帰宅後、Aの振込先を間違えているかと思い、確認しましたが、間違いはありませんでした。
 教えていただきたいのは、コンピュ-タ-のエラ-とは何か、なぜ振込が出来なかったのか、いつからいつまでそういう状態だったのか。文書による御回答を平成29年9月末までにお願いいたします。
            神奈川県横浜市          
                 株式会社 ○○         
                  代表取締役 A    ㊞  
 回答期限(平成29年9月30日)ギリギリの平成29年9月28日付で、○○銀行××支店長からの文書による回答があった。しかし、真実味に欠ける通り一遍の弁解書である。
 改めて、○○銀行頭取宛に同様の文書を提出し、真実の回答を求める予定である。金融庁の銀行検査基準に著しく反することであることから、金融庁に対しても銀行検査を要請する予定であるので、ほどなく真相が明らかになるはずだ。
(この項つづく)

17-09-12 緊急告知!!“緑税務署長が1億円を強奪しようとしている”-②
17-09-19 緊急告知!!“緑税務署長が1億円を強奪しようとしている”-③
17-09-26 緊急告知!!“緑税務署長が1億円を強奪しようとしている”-④
17-10-03 緊急告知!!“緑税務署長が1億円を強奪しようとしている”-⑤
17-10-10 緊急告知!!“緑税務署長が1億円を強奪しようとしている”-⑥
17-10-17 緊急告知!!“緑税務署長が1億円を強奪しようとしている”-⑦
17-10-19 認知会計のつぶやき

[カテゴリ]
Top 説明 Mail
(株)M&Aバンク